月・日別2011年10月 1/1

大型核爆弾1発解体で核廃絶に画期的な節目というパフォーマンス

米エネルギー省の核安全保障局(NNSA)は25日、冷戦期の米ソ核軍拡競争の象徴だった大型核爆弾「B53」の最後の一発をテキサス州アマリロの核施設で解体したと発表した。NNSAは「核兵器なき世界を目指すオバマ大統領の方針に一致する画期的な節目」であると意義を述べている。B53はミニバンほどの大きさの水素爆弾。重さは4・5トンと、米国が保有する最大級の核爆弾だった。威力は広島に投下された原爆の600倍...

  •  0
  •  0

高濃度アルカリ水609トンを広島の海に放出

大竹市にある三菱レイヨン大竹事業所から、国の基準値を大きく超えるアルカリ性の水を海に流したとして、山口県の岩国海上保安署は、10月24日、三菱レイヨンと、従業員3人を、水質汚濁防止法違反の疑いで書類送検した。岩国海上保安署によると、今年4月25日の夜、大竹市にある三菱レイヨン大竹事業所で、従業員が硫酸を側溝にため、カセイソーダなどの薬品で中和させる作業を行っていた際、側溝に入りきらなかったカセイソ...

  •  0
  •  0

流川地区に指定暴力団共政会系の組事務所が14ヵ所

広島市中区の歓楽街である流川地区に、指定暴力団共政会系の組事務所が14ヵ所密集し、2004年に比べて1カ所増えたことが10月5日、広島県警の調べで分かったという。県暴力団排除条例施行から半年、組事務所としての不動産賃貸借や売買契約は規制できるようになったが、既にある事務所は対象外だという。県警捜査4課によると、共政会には44の傘下団体がある。うち34団体が広島市と周辺を拠点に活動し、半数近い14団...

  •  0
  •  0

臥竜山で起きた島根女子大生バラバラ事件でビニール袋は広島県北部で流通していた

2009年、島根県立大学の平岡都さんの遺体が北広島町の山の中から見つかった事件で、遺体に付着していたビニール袋が10年近く前に三次市やその周辺で電話帳を配るのに使われていた袋と同じであることがわかったという。この事件はおととし10月、島根県立大学の平岡都さんが島根県浜田市のアルバイト先を出たまま行方不明となり、その後、北広島町の山の中から遺体の一部が見つかったもの。広島県警と島根県警の合同捜査本部...

  •  0
  •  0