月・日別2011年09月 1/1

福山の臨海学校で遠泳中に溺れて死亡した事故

2008年に笠岡市沖であった臨海学校の遠泳中に意識を失って死亡した小学5年の女児(当時11)の両親が、通っていた福山暁の星小の校長と運営する学校法人「福山暁の星学院」に計約5190万円の損害賠償を求める訴訟を広島地裁福山支部に起こしていたという。訴状などによると、女児は08年7月24日に笠岡市真鍋島であった同小の臨海学校に参加し、遠泳中に意識不明になった。病院に搬送されたが2日後に死亡した。原告側は、...

  •  1
  •  0

新司法試験で広島の大学は全国平均以下

8日に発表された新司法試験の中国地方4法科大学院の合格率は、広島修道大、広島大、島根大の3校で全国平均の23.5%を下回る一方、岡山大が8ポイント上回り同大で過去最多となる23人の合格者を出した。志願者や合格者の多くが都市圏に集中する中、地方でも明暗が分かれた。岡山大の上田信太郎法務研究科長は合格者の大幅増について「研究者と実務家の教員が連携を密にして教材開発や指導に当たっているのが、いい形に出た...

  •  0
  •  0

広島市で国保未納で差し押さえが増加

広島市で2010年度、国民健康保険の保険料滞納に伴う財産差し押さえが965世帯に上り、5年間で約6.7倍に急増したという。景気低迷による加入世帯の収入減少に加え、高齢化に伴う医療費の増大に伴い保険料が高くなっていることが影響している。自治体は国保料の滞納世帯に対し、地方税法などに基づいて財産の差し押さえができる。市は滞納を確認した世帯に督促状を送ったり、訪問したりして納付を促す。それでも納める意思...

  •  0
  •  0

不適正経理処理で蓄財に励む広島市の職員平均年収は707万円

広島市は平成22年度の職員給与状況のまとめを発表した。市教委、市消防局を含む職員の平均年収は約707万円、3月末時点の職員数は前年度より225人少ない1万1680人だった。市は25年度までに職員をさらに約200人削減し、人件費を約10億円減らす方針。市によると、職員のうち行政職は5420人で、1月時点の平均年齢は44歳8カ月。平均月給は、市人事委が昨年9月に0.17%引き下げを勧告したことを受け、40...

  •  0
  •  0

広島市の財源不足が4年間で582億円になる見通し

広島市は、来年度から4年間の中期財政見通しをまとめ市議会に報告した。市税など一般財源が伸び悩む中、現状のまま事業を進めれば4年間で582億円の財源不足が生じると試算しているという。報告によると一般財源が伸び悩む一方で、高齢化で社会保障費が増加。さらに来年度以降、広島南道路の建設や白島新駅の整備など大規模プロジェクトが相次ぐため、4年間の累計で582億円の財源不足となると試算している。このため今後、...

  •  0
  •  0