月・日別2011年07月 1/1

親が子供に話さなくなったヒロシマ原爆投下日時

被爆地で衝撃的な結果が出たという。広島市の小中学生に広島に原爆が投下された年と日時をたずねたところ、正解率が過去最低だった。1945年8月6日8時15分と正しく答えられた小学生はわずか33%で、5年前を16%も下回った。調査は広島市教育委員会が去年行い、7月27日、結果を明らかにした。広島市の4年生以上の小学生で原爆が投下された年と日時を正しく答えられた割合は33.0%、中学生では55.7%。調査...

  •  0
  •  0

2010年度の児童虐待相談件数は過去最多

広島県内の児童相談所が2010年度に受け付けた虐待相談件数は1987件(速報値)で、児童虐待防止法が施行された2000年度以降で最多となったという。2010年度には、県内で幼い子どもが犠牲になる事件が相次いで発生。県は「虐待への関心が高まったことが増加の一因」とみている。これまで最多だった09年度(1633件)か21.7%増。00年度(404件)の4.9倍となった。10年度の相談件数のうち、県内3カ所にあ...

  •  0
  •  0

三原市の不動産会社で3人が包丁で刺される

7月20日午後5時50分頃、広島県三原市宮沖の不動産会社で、この会社を経営する棟久美穂子さん(78)と共同経営者の木村英和さん(71)、さらに一緒にいた同市皆実、黒瀬芳江さん(63)の3人が包丁で刺されたと119番があった。3人は病院に運ばれたが、棟久さんと黒瀬さんはまもなく死亡した。木村さんも重傷。三原署員が駆けつけたところ、黒瀬さんの長男の無職和政容疑者(36)が刺したことを認めたため、殺人未遂の疑い...

  •  0
  •  0

人を粗末に扱い虐待して死亡させた広島市の人間は懲役6年

同居していた妹(当時21)を虐待して放置し、衰弱死させたとして、保護責任者遺棄致死の罪に問われた広島市安芸区の自営業、谷頭健次(42)と、妻で事務員の由美(31)両被告の裁判員裁判の判決公判が7月14日、広島地裁であった。伊名波宏仁裁判長は両被告にそれぞれ懲役6年(求刑懲役8年)を言い渡した。判決理由で伊名波裁判長は、「医療措置を受けさせていれば延命や救命は可能だった」と述べたうえで、必要な保護を行わな...

  •  0
  •  0

2歳の子供をブン殴り衣装ケースに湯を入れ抑えつけて沈めて窒息死させた福山の養父

広島県福山市で昨年8月、浜先鈴美ちゃん(当時2歳)を虐待して死亡させたとして、傷害致死の罪に問われた養父、浜先勝利被告(21)の裁判員裁判の論告求刑公判が7月12日、広島地裁(芦高源裁判長)で開かれた。検察側は懲役13年を求刑した。公判で検察側は「妻と共謀して虐待を繰り返していた」と指摘。弁護側は傷害致死を認めたが、妻との共謀は否認していた。起訴状によると、浜先被告は昨年8月30~31日、妻で鈴美ち...

  •  0
  •  0

君が代斉唱起立判決命令は合憲 不起立呼びかけたPTSD教諭は犯罪者確定

入学式などで君が代斉唱時に起立しなかったとして戒告処分を受けた広島県立高校の教職員と遺族ら45人が、県教委に処分取り消しを求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第3小法廷(大谷剛彦裁判長)は6月21日、「起立命令は合憲」と判断した。教職員側敗訴の1、2審判決が確定した。同種訴訟で最高裁の合憲判断は4度目。過去3度の判決は都立学校での「起立・斉唱命令」が争点になったが、今回のケースは多くの原告が起立命令し...

  •  0
  •  0

朝鮮学校への補助金は平成21年度で8億円もあった

北朝鮮による拉致被害者の救出活動に取り組む「救う会広島」(安藤宗光会長)は7月6日、広島朝鮮初中高級学校(広島市東区)を運営する広島朝鮮学園への補助金の交付停止を求める要望書を、広島市の松井一実市長あてに提出した。要望書では、同高級学校の歴史教科書の内容の不当性にふれ「政治教育を禁じた教育基本法などに反している」と指摘、拉致問題の早期解決を目指す上で「市民の血税を無駄に支出しないよう」求めている。...

  •  0
  •  0

国民新党の亀井代表が松本龍復興相の発言を擁護 広島6区要注意

国民新党の亀井静香代表(首相補佐官)は7月4日夜、BS11の番組に出演し、松本龍復興担当相の被災地での一連の発言について「問題にする方がおかしい。自治体に意欲がないと駄目で、復興相任せにしてはうまくいかないと(の意味で)言った。当たり前のことを言っている」と述べ、復興相を擁護した。菅直人首相の退陣時期に関しては、「三つの(法案の成立が)めどと言っているが、通ったら法律的には付くが、実体的に震災対策...

  •  0
  •  0

広島県内で殺処分されている犬猫が年間1万匹

広島県内で殺処分される犬と猫が、年間およそ1万匹あるという。この数を少しでも減らそうと、広島県が引き取りを有料化した。家で飼えなくなった犬や猫の引き取りは、県や広島市などが行っていてこれまでは全て無料だったが、県と呉市が有料化に踏み切った。広島県動物愛護センターには飼えなくなった犬や猫が、毎日のように運び込まれており、新しい飼い主が見つかる犬や猫は1割にも満たないという。また、ここでは週に3回、殺...

  •  0
  •  0

広島出身であることを感じさせない山本モナが一時芸能界引退

数々の不倫・熱愛騒動で波瀾万丈のタレント活動を送ってきた山本モナ(35)が6月30日をもって芸能界を引退したという。細野豪志衆院議員(現・原発相)の「路チュー」やプロ野球巨人(現・日本ハム)の二岡智宏選手との不倫デートの記憶も生々しいが、今後は家庭で夫を支えていくという。モナは報道各社あてのFAXで「結婚後の本名である名前に戻り、35歳の女性として歩幅は小さいですが、出来ることをひとつずつやって進ん...

  •  0
  •  0