月・日別2011年03月 1/1

広島市全職員を処分してもみんなで渡れば怖くない

物品購入をめぐり2億円余りの不適正な会計処理が見つかった問題で、広島市が職員の処分をしたという。およそ1万1000人の全職員に「注意」にあたる訓戒を行った。 最も重い処分は、環境局南環境事業所で福利厚生の卓球台が壊れたため消耗品を購入したことにして、新しい卓球台を発注した49歳の職員など2人で、戒告としている。また、物品の納入を確認する担当者や、部下の監督を怠った当時の部長、局長、課長らあわせて3...

  •  0
  •  0

広島県の妖怪

三次市の妖怪伝説「稲生物怪(いのうもののけ)録」を題材にした市民オペラ「いのうもののけ」の初公演が3月26日、同市三次町の市文化会館であった。市内の家族連れたち約千人が観賞したという。(中国新聞)広島県内には、どんな妖怪がいたのだろう。幼少の頃、祖父母に聞かされていたことは、悪いことをするとおばけが出たり、妖怪が来て山に連れて行かれるといった類のものだった。【小豆洗い】(あずきあらい)川や井戸など...

  •  0
  •  0

2011年3月24日は芸予地震から10年

2001年3月24日午後3時頃、安芸灘を震源とする震度6弱、マグニチュード6.7が襲った。内閣府の資料によると、最も揺れた地域は、河内町、大崎町、熊野町だったが、津波の影響はなかった。広島県内の人的被害は、死者1人、負傷者193人。住宅被害は、全壊65棟、半壊688棟、火災は4件。広島で大きな地震による災害が起きたということを聞いた事がない。瀬戸内海に面した地形も幸いしてなのか、津波もない。たまに...

  •  0
  •  0

暴力・いじめ・わいせつ行為の名産広島で被災した児童受け入れ検討

東日本大震災で被災した児童を支援するため、広島県教委が、現地の小学校を丸ごと受け入れる検討を始めたという。廃校となった校舎を授業の場として提供する。早期の実施に向けては児童や教諭の宿泊先を確保するのが課題で、地元市町の教育委員会と連携して態勢づくりを急いでいる。被災地では津波や地震で相次ぎ校舎が倒壊したほか、東京電力福島第1原子力発電所の事故の影響で授業再開のめどが立たない学校は多い。広島県教委は...

  •  0
  •  0

広島「アストラムライン」橋げた落下事故から20年

平成3年(1991年)に広島市の新交通システム「アストラムライン」の工事現場で、橋げたが落下した事故は3月14日、20年を迎えた。広島労働局はこの日、建設現場での死亡・重大事故防止を呼びかけようと、建設業者らを集めた大会を開き、職員らが広島市内などの建設現場でパトロールや注意喚起を行う予定だったが、東日本大震災のため中止となった。事故は広島市安佐南区上安で、平成3年3月14日午後に発生。高架橋建設...

  •  0
  •  0

弱い者いじめを得意とする陰湿な広島で小学生が首つり自殺を図る

広島市立の小学校に通う小学校6年生の女児(12)が3月2日朝、同級生からのいじめを理由に自殺を図っていたという。学校は4日夜、臨時保護者会を開き、いじめの事実を認めた上で「対応が至らなかった」と陳謝した。母親によると、女児は3月2日朝、自室で自殺しようとし、母親が物音で気付いた。「死ななければ、みんなはつらさを分かってくれない」と漏らしたという。連絡を受けた学校は2日夕に6年生の保護者会を、4日夜に...

  •  3
  •  0