月・日別2010年10月 1/2

福山市の小学校で男子児童一人に後ろ向き授業

福山市内の小学校教諭が男子児童1人を約1週間にわたり、教室で後ろ向きに座らせて授業を受けさせていたという。また、教室のベランダに出して、1人だけで給食を食べさせた日もあったという。問題を起こしたのは5年生担任の男性教諭。男子児童が私語をしたのを理由に10月19~25日の授業中、黒板とは反対側に向けた机といすに着かせた。ベランダの男子児童に気づいた市民が学校に連絡した。学校側は保護者にわびたという。...

  •  0
  •  0

マツダ工場にマツダ車で突っ込んだ男が起訴される

今年6月にマツダの工場で12人の社員を車で次々とはねて死傷させたとして逮捕された元期間従業員、引寺利明被告(43)=広島市安佐南区=について、広島地方検察庁は専門家による精神鑑定の結果、「責任能力に問題はなく刑事責任は問える」と判断し、29日、殺人や殺人未遂などの罪で起訴したという。広島市南区のマツダの宇品工場と隣接した府中町にある本社工場の敷地内で12人の社員を車で次々とはねて、1人を殺害し、11...

  •  0
  •  0

広島県福山市の中学校教諭が生徒に対し人間格付け差別指導

福山市内の中学校教諭2人が生徒を「××(ばつばつ)」など5段階に格付けして指導していたことが27日、分かった。生徒の一部はショックやストレスで登校を嫌がるなどの影響が出ている。同中の校長は事実を認め、生徒と保護者に陳謝した。広島市教委などによると、格付けしていたのは2年生を担任する50代女性と副担任の40代男性の教諭。9月初旬に「◎人としてすばらしく、価値ある」「○できればやった方がよい」「△あたり前...

  •  0
  •  0

広島県の自称イクメン湯崎知事に対して大阪府の橋下知事が喝!

大阪府の橋下徹知事によると、「支障ない範囲で取るのは育休でない。迷惑がかかっても休むことを徹底しないといけない」。大阪府の橋下徹知事は26日、広島県の湯崎英彦知事の「育児休暇」取得に再びかみついたという。湯崎知事は自身の育休取得に関し広島県に反対意見が多数寄せられ、公務に支障が出ないよう取得する考えを表明。これに対し橋下知事は「湯崎知事は反対の電話で折れちゃいましたね。知事はこうだと思ったら突き進...

  •  1
  •  0

島根県立女子大生遺棄事件は有力情報なし

広島県北広島町で、島根県立大1年の平岡都さん(当時19)の遺体が見つかった事件は、平岡さんが行方不明になってから26日で1年がたった。島根・広島県警の合同捜査本部は140人態勢で聞き込みに重点を置き捜査しているが、事件解決につながる有力情報は得られていない。平岡さんは2009年10月26日午後9時過ぎ、アルバイト先の島根県浜田市内のショッピングセンターを出た後に行方不明となり、11月6日以降、北広島...

  •  0
  •  0

湯崎広島県知事の育児休暇は特権階級者だけの制度

10月21日、大阪府の橋下知事は、湯崎知事や全国の市長らの育児休暇取得が相次いでいることについて、「世間を知らなすぎる」と苦言を呈し、湯崎知事は「大きなお世話だ」と反論した。育児休暇をめぐっては、湯崎知事が今月下旬の第3子の誕生にあわせ1か月ほど取得すると表明しているほか、東京都の文京区長や三重県の伊勢市長、大阪府の箕面市長も取得するなど全国的に広がりを見せているという。大阪府の橋下徹知事は、「首...

  •  0
  •  0

平和都市広島市の児童虐待相談件数は上半期で昨年比1.4倍

今年4~9月に広島市児童相談所(東区)に寄せられた相談や通告の件数が、前年同期の約1・4倍となる計380件にのぼったことがわかった。虐待に対する関心の高まりから、全国的に相談などの件数は増加しており、同相談所では引き続き早期の連絡を呼びかけている。増加の理由について、同相談所は「児童虐待が相次ぎ、社会の関心が高まっているためではないか」と説明している。相談の内訳は、身体的な虐待が190件と最多だっ...

  •  0
  •  0

今回のアメリカ・オバマ政権での臨界前核実験で広島市民はどこへ行く

広島市はオバマ大統領を支持して、核兵器廃絶をめざすというオバマジョリティー・キャンペーンを今も継続中だという。核なき世界を訴えながら核戦力を維持する大統領と、被爆地広島の関係が問われている。「あえて言います。オバマよ、お前もか」「道をちょっと外れましたと言ってね。ノーベル平和賞を返したらどうかと言いたい」(日本被団協 坪井直代表委員)         気合い一発!の坪井代表平和公園の原爆慰霊の前で...

  •  0
  •  0

米政府がオバマ大統領の政権下で初めて臨界前核実験を実施し、核が廃絶されないことが証明された

米ネバダ州にあるエネルギー省の核実験場で9月15日に臨界前核実験が実施されていたことが12日、分かった。米国の臨界前核実験は24回目で、2006年8月以来でオバマ政権では初めてとなる。包括的核実験禁止条約(CTBT)は爆発を伴わない核実験を禁止しないものの、強大な核戦力を長期間保持する方針の表れともみられ、オバマ大統領が掲げる「核兵器なき世界」に矛盾する、との批判が出ることは確実だという。エネルギ...

  •  0
  •  0

甘い調査と保身を第一に考える広島県人事委員会

広島県の人事委員会は、県職員の今年度の給与について、年収で平均5万9000円減らすよう湯崎知事に勧告した。県人事委員会によると、県職員の月給は平均で38万9352円と民間と比べて1469円、率にして0.38%下回っている。このため、地域手当の支給割合を引き上げて、差額を解消すべきとした。一方で、ボーナスについては民間の支給月数を0.19か月分上回っていることから、3.95か月に引き下げるよう勧告し...

  •  0
  •  0