カテゴリ動物虐待・犬猫殺処分 1/1

本当の動物愛護団体「アミティエ」5周年

鳥取県倉吉市に、全国でも例がないほどの究極の動物愛護団体の施設があるという。その保護施設は「アミティエ」という。幾度か警察ざたになった神石高原町の”ピースなんとか”とは理念が格段に違うようだ。ちなみに顧問には自民党総裁選に出馬する石破茂衆院議員の名前がある。犬猫保護けん引5周年獣医師たちでつくる動物臨床医学研究所(倉吉市)の保護施設「人と動物の未来センター・アミティエ」(倉吉市)が9月、開設から5周年...

  •  0
  •  0

滝川クリステルも見限った「ピースワンコ」は「広島ドッグパーク事件」の再来か

週刊新潮によると、広島県神石高原町に本部を置く動物愛護団体であるNPO法人のプロジェクト「ピースワンコ・ジャパン」のスタッフが、残虐な飼育・管理をして犬を死亡させているという。これは、あの「広島ドッグパーク事件」の再来なのか。広島ドッグパーク閉園から10年 この団体は、ふるさと納税を通じた寄附を使い、身寄りのない犬を引き取り、保護し、里親に渡すというのが、NPO法人ピースウィンズ・ジャパンが行う「ピースワ...

  •  0
  •  0

「ピースウィンズ・ジャパン」が狂犬病予防法違反の疑い

捨て犬などの保護活動をしている神石高原町のNPO法人が狂犬病の予防接種を一部の犬に対し、法律で定められた期間内に実施していなかったことが分かった。神石高原町にあるNPO法人「ピースウィンズ・ジャパン」では、捨て犬や野犬の殺処分をなくそうと平成28年から処分の対象となった犬を保護している。狂犬病の予防接種は犬を保護した日から30日以内に行い、その後も年に1度、4月から6月の間に実施することが法律で義務づけられて...

  •  5
  •  0

広島県内の犬猫の殺処分数が過去最少となる(2015年)

昨年度、広島県内の犬や猫の殺処分数が統計を取り始めて以降、過去最少となったという。県によると2014年度の県内の犬や猫の殺処分数は、3799頭で、前の年に比べ1697頭減り、過去最少となった。法律の改正で動物愛護センターが、飼育放棄のペットの受け入れを拒否できるようになり引き取り数が減少したことや、ボランティア団体による別の飼い主へ譲渡を進める取り組みの効果などが、主な要因とみられている。広島県は5年前、犬猫...

  •  0
  •  0

広島伝統の犬猫廃品回収処分

広島県で34年間続けられているイヌネコを殺処分するための「定時定点引き取り方式」があるという。決まった時刻に専用の車で飼い主に捨てられたイヌやネコを回収して回るシステム。2週間に1度、決まった曜日の決まった時刻に、県内の役場や公民館を回り、イヌやネコを引き取る。当初、230ヶ所あった引き取り場所「定点」は、現在24ヶ所に減った。県はこの業務を業者に委託しているという。広島県は、イヌやネコの殺処分数...

  •  0
  •  0

切断された子猫の死骸が安佐北区でも発見される

切断された子猫2匹の死骸が、去年11月と今月3日、広島市安佐北区でも見つかっていたという。警察によると、去年11月、広島市安佐北区可部東の住宅街で、道路の中央に放置された子猫の死骸を通行人が発見し、110番通報した。猫は刃物のようなもので切断され、首だけの状態だったという。また、今月3日には、広島市安佐北区真亀の雑木林で、子猫がロープで首を絞められフェンスに吊るされ、しっぽや左足が切断されていたと...

  •  1
  •  0

【呉市ネコ虐殺事件】動物虐待から猟奇殺人という重大犯罪へ

広島県呉市の連続ネコ虐殺事件について、地元の新聞記者が言うには、警察は当初、愉快犯として捜査していたが、裁判所官舎が遺棄場所となり、司法に恨みを持つ人物の可能性が出てきたため、警戒態勢を強化したという。そして、呉市民同士の中傷合戦も始まった。「あの家には引きこもりの子供がいる」「就職浪人の子供がいて親子喧嘩が絶えない」「夜中にバイクで出かける若者がいる」といった通報もあり、田舎だから捜査員が来れば...

  •  1
  •  0

呉市の公園で切断された猫の死体が相次いで見つかる

10月22日、呉市で人に殺されたとみられるネコの死骸が発見されたという。呉市では、今年に入って上半身だけや下半身だけの切断されたネコの死骸が相次いで見つかっているという。呉署によると、寺迫運動公園で首を切り、頭皮をはがされ、頭蓋骨のない子猫の死骸を近くの人が発見した。体長約17センチの雌で黒と茶色のまだら模様だったという。同公園から南西約370メートルの和庄公園でも近くの住民が頭から前足までの半身だ...

  •  2
  •  0

広島県内で殺処分されている犬猫が年間1万匹

広島県内で殺処分される犬と猫が、年間およそ1万匹あるという。この数を少しでも減らそうと、広島県が引き取りを有料化した。家で飼えなくなった犬や猫の引き取りは、県や広島市などが行っていてこれまでは全て無料だったが、県と呉市が有料化に踏み切った。広島県動物愛護センターには飼えなくなった犬や猫が、毎日のように運び込まれており、新しい飼い主が見つかる犬や猫は1割にも満たないという。また、ここでは週に3回、殺...

  •  0
  •  0