カテゴリ広島リサーチ 1/36

ニシキヘビと触れ合えるイベント・・・気持ち悪いだろ?

7月21日「カエルとヘビ・トカゲのふしぎな世界両生類・は虫類展」が広島市西区の広島マリーナホップで始まり、家族連れでにぎわったという。会場中央に展示されているのは、体長約3メートルの白いニシキヘビ。子どもたちは「わあ」と歓声を上げ、まじまじと見入っていた。カメやトカゲ、ニシキヘビと触れ合えるコーナーには行列ができた。絶滅危惧種の紹介や外来種の脅威などについて学ぶパネル20枚も展示されているという。(中国...

  •  0
  •  0

被害ない観光地でキャンセル相次ぐ

中国地方の観光地で、西日本豪雨による被害がほぼなかったエリアでも、宿泊やツアーのキャンセルが相次いでいるという。「交通がマヒし、たどり着けない」などのイメージが広がっているとみられる。好調が続いていたインバウンド(外国人訪日客)誘致にも悪影響が出る恐れがあるため、関係者は「普段通りに観光できます」とPRを強めている。宮島の桟橋に近い、ある人気旅館では、7月20日までに千人分以上のキャンセルが積み上がっ...

  •  0
  •  0

広銀「スーパーフラット35」がアルヒに訴えられていた

住宅ローン専門金融大手のアルヒ(東京)は7月6日、広島銀行(広島市中区)の住宅ローンの商品名の使用中止などを求めて東京地裁に起こした訴訟を取り下げた。広島銀行が使用をやめたためだという。アルヒは5月、広島銀行の「スーパーフラ35」が自社の「ARUHIスーパーフラット」に似ており、商標権を侵害したと訴えた。両社は7月5日までに、広島銀行が商標名の表示を全て削除し、今後も使わないことで和解した。アルヒは7月5日に広...

  •  0
  •  0

日通広島支店で備蓄米保管事故隠し

日本通運(東京)は7月4日、政府の備蓄米約8トン分の保管業務で、広島支店(広島市南区)の社員が不正行為をしたと発表した。雨漏りで袋がぬれるなどした米を新しい袋に詰め替え、偽造した検査印を押して事故を隠蔽していた。一部は飼料用米として出庫された。農林水産省は農産物検査法違反の可能性があるとみて調べている。日通によると、広島支店の社員が2014年6月、広島県内の倉庫の雨漏りでぬれたコメ15袋(1袋30キロ)を新し...

  •  0
  •  0

男性不妊の相談急増、不妊の原因の半分は男

県不妊専門相談センター(広島市安佐南区)に、男性不妊について相談が増えているという。2017年度は30件で、わずか2件だった16年度を大幅に上回った。センターや県は、男性側に不妊の原因があるケースも多いとの認識が広まってきたことが背景にあるとみている。センターは県の委託で県助産婦会が運営しており、17年度に電話やメールで寄せられた相談は計290件。うち、約1割が男性不妊に関する内容だった。男性からは「どんな検査...

  •  0
  •  0

「ピースウィンズ・ジャパン」が狂犬病予防法違反の疑い

捨て犬などの保護活動をしている神石高原町のNPO法人が狂犬病の予防接種を一部の犬に対し、法律で定められた期間内に実施していなかったことが分かった。神石高原町にあるNPO法人「ピースウィンズ・ジャパン」では、捨て犬や野犬の殺処分をなくそうと平成28年から処分の対象となった犬を保護している。狂犬病の予防接種は犬を保護した日から30日以内に行い、その後も年に1度、4月から6月の間に実施することが法律で義務づけられて...

  •  5
  •  0

広島県の待機児童206人3年連続増加

県は、認可保育所などに入れない県内の待機児童(4月1日時点)が前年より20人多い206人と発表した。3年連続の増加で、県は厚生労働省による待機児童の定義の見直しや、働く女性が増えたことなどが要因とみており、施設の新設など受け皿確保を急いでいる。待機児童の内訳は、東広島市118人、広島市63人、尾道市24人、府中町1人。年齢別では1~2歳が134人と最も多く、3歳が54人、0歳が12人と続いた。特定の施設を希望するなど...

  •  0
  •  0

広島の児相「怒鳴ったり何時間も抗議する親がいる」弁護士同席で対応

児童相談所への弁護士配置が義務化され、広島市児童相談所(東区)に広島弁護士会から弁護士が派遣されるようになって1年余りがたった。児童虐待の通告件数が増える中、一時保護した子どもの親に対応する職員を法的な側面からサポート。さまざまな家庭環境に向き合う職員の負担軽減につながっているという。弁護士会は17年4月以降、広島市との協定に基づき、虐待問題に関心を持つ弁護士を平日に1人ずつ派遣。若手からベテランの弁...

  •  0
  •  0

国道2号渋滞 広島・福山がワースト上位独占

国土交通省が2017年に行った国道2号(大阪―北九州市間、約690キロ)内の交差点区間別の渋滞調査で、広島県福山市中心部の3カ所がワースト2、3、4位を独占したという。3位の明神町―府中分かれ間(2.3キロ)は調査開始の15年から3年連続5位以内に入り、西日本有数の渋滞エリアとなっている。福山市は「東西バイパスとなる福山道路の早期整備を」と国に要望を強めていく。調査は午前7時から12時間、通行台数やカーナビを通じて得た1年...

  •  1
  •  0

毛利元就の直系子孫でロシア外交課長毛利氏がセクハラで懲戒処分

外務省は、毛利忠敦(ただあつ)ロシア課長(49)に「信用を損なう行為」があったとして、国家公務員法に基づき停職9カ月の懲戒処分とし、課長職を更迭したという。毛利氏は官房付に異動、当面は相木俊宏欧州局審議官がロシア課長を兼務する。処分と人事発令は6月4日付。河野太郎外相は6月5日、記者団の取材に対し「このような事案が起きたことは誠に遺憾だ」と陳謝。「厳粛に受け止め、綱紀粛正に努める」と強調した。4月に財務省...

  •  0
  •  0