カテゴリ広島リサーチ 1/38

尾道「千光寺公園リニューアル工事」設計事務所を提訴

尾道市の千光寺公園の展望台建て替えなどの頂上エリアリニューアル事業を巡り、市は設計業務を委託していた石上純也建築設計事務所(東京都)に対し、委託料の一部返還と違約金の支払いを求める訴訟を起こす方針を固めたという。市議会は9月19日の本会議で、提訴についての議案を可決した。市は、完成した設計図が2017年12月28日の期限までに提出されなかったと主張。17年度分の前払金720万円の返還と、違約金321万円の支払いを求...

  •  0
  •  0

広島県警が”目つぶし”「ハイビーム」活用強化 

夜間の車の運転で、対向車がハイビームのまま走ってくることがよくある。その眩しさに目がくらんで、対向車に突っ込みそうになることがある。ハイビームで車を運転する人は、長生きできないかもしれない。お互いに。夜間や夕方の交通死亡事故を減らそうと広島県警は9月18日、県内の道路29路線(計約240キロ)を「上向きライト(ハイビーム)活用強化路線」に指定した。県トラック協会から寄贈を受けた啓発用のステッカー250枚を強...

  •  0
  •  0

「かき船訴訟」主導した社民党原告側が敗訴

広島市の元安川で営業する「かき船」の原爆ドーム近くへの移転計画をめぐり、被爆者などが国を相手取って、「かき船」の運営会社への河川占用許可の取り消しなどを求めた訴訟で、広島地方裁判所は原告側の訴えを退けた。元安川で営業する「かき船」の移転は、治水上の理由から国が求めたもので、店は3年前から原爆ドームの200メートル南で営業している。裁判で原告側は、「かき船の移転先は世界遺産の景観を損ない、平和を祈る場に...

  •  0
  •  0

本当の動物愛護団体「アミティエ」5周年

鳥取県倉吉市に、全国でも例がないほどの究極の動物愛護団体の施設があるという。その保護施設は「アミティエ」という。幾度か警察ざたになった神石高原町の”ピースなんとか”とは理念が格段に違うようだ。ちなみに顧問には自民党総裁選に出馬する石破茂衆院議員の名前がある。犬猫保護けん引5周年獣医師たちでつくる動物臨床医学研究所(倉吉市)の保護施設「人と動物の未来センター・アミティエ」(倉吉市)が9月、開設から5周年...

  •  0
  •  0

広島県内の住宅地が27年ぶりに下げ止まる

2018年の都道府県の地価調査の結果が9月18日に公表され、広島市の地価の上昇率が東京や大阪などの三大都市圏を上回ったことなどから、広島県内の住宅地の平均の地価の変動率は去年と比べて横ばいとなり、27年ぶりに下げ止まったという。地価調査は、豪雨災害が起きる前の18年7月1日時点の地価を都道府県が調べて国土交通省がまとめたもので、広島県内では商業地や住宅地など421地点が対象になった。このうち県内の住宅地の地価の変...

  •  0
  •  0

滝川クリステルも見限った「ピースワンコ」は「広島ドッグパーク事件」の再来か

週刊新潮によると、広島県神石高原町に本部を置く動物愛護団体であるNPO法人のプロジェクト「ピースワンコ・ジャパン」のスタッフが、残虐な飼育・管理をして犬を死亡させているという。これは、あの「広島ドッグパーク事件」の再来なのか。広島ドッグパーク閉園から10年 この団体は、ふるさと納税を通じた寄附を使い、身寄りのない犬を引き取り、保護し、里親に渡すというのが、NPO法人ピースウィンズ・ジャパンが行う「ピースワ...

  •  0
  •  0

広島新幹線名店街が18年9月2日で閉館

山陽新幹線が岡山~博多間で全線開業した1975(昭和50)年3月以来、多くの人々に親しまれてきたJR広島駅(広島市南区松原町)の「広島新幹線名店街」が9月2日、43年の歴史に幕を閉じ閉館する。運営する中国SC開発は同日午後8時から閉館セレモニーを開くという。新幹線西高架下にある名店街は、店舗面積約3000平方メートルで、土産やレストランなど41店舗が営業。旅行や出張で訪れた人々が利用し、1万人以上が訪れる日もあったが、...

  •  0
  •  0

安佐北区の観光施設「ガラスの里」が18年12月23日で閉館

広島市安佐北区にある観光施設「ガラスの里」が、年内(18年)で閉館するという。「ガラスの里」は、世界のガラス製品の展示のほか、ガラス細工づくりの体験などができる施設として1984年にオープン。ピークの1989年には、年間31万2000人が来場した。2013年には広島県内で2番目となる「恋人の聖地・サテライト」に認定されるなど、来場者数アップに努めてきたが、去年はおよそ5万2200人まで落ち込んでいた。「34年やってきたが、最...

  •  0
  •  0

広島市のマンションデベロッパー「日本アイコム」が民事再生法適用を申請

広島市に本社を置くマンションのデベロッパー・日本アイコムが、東京地方裁判所に民事再生法の適用を申請した。負債総額はおよそ75億円。代理人の弁護士によると、日本アイコムは2016年度およそ68億円の売り上げを計上した。その後も超低金利の金融環境を背景に積極的に物件開発を進めたものの、工期の遅れや計画の見直しを余儀なくされ、2017年度の売り上げがおよそ26億円に落ち込み、厳しい資金繰りが表面化。金融機関への支援要...

  •  0
  •  1

【夏の全国高校野球】広島県勢は2勝できない

8月5日、第100回全国高校野球選手権記念大会が甲子園で開幕され、史上最多の全56校が出場した。今大会は甲子園を沸かせた“伝説の球児”たちが再び甲子園のマウンドに上がる「レジェンド始球式」が行われている。大会初日(5日)には巨人、ヤンキースなどで活躍した松井秀喜氏が登場した。1992年、星稜高校時代の選手権大会2回戦・明徳義塾戦では5打席連続敬遠された。この時の光景は覚えているが、これは、5万人という大観衆の中で...

  •  1
  •  0