広島の「あおり運転」”ヒス”を起こす車に遭遇

最近、盛んに「あおり運転」についてテレビ・マスコミで報道している。他人の車を「あおる」といっても、いろいろなケースがあり、「あおる側」に問題があれば、「あおられる側」にも問題がある。以前、市内の電車通りで異様な「あおり運転」をする広島ナンバーで白のアルファード風の車に遭遇したことがある。まるで車が”ヒス”を起こしたのか、それともドライバーが”ドラッグ”でもやっているのか、と思うほどで非常に驚いた。

その時の車の動きというのは、まず追い越しをかけて前方右斜め前の市電の線路ぎりぎりに車を一時停止させた。と思ったら、車を走らせて車の前で急ブレーキをかけた。と思ったら、今度は側道に一時停止した。と思ったら、また車を走らせて車の前で急ブレーキをかけて一時停止した。

その白の車は新しかったから、たぶん、そいつは今でもその車に乗っていると思われる。その瞬間を写真とか動画に収めておけば良かったが、車にドライブレコーダーが無かったし、スマホで撮ろうと思ったが、同僚が運転していたので辞めといた。


「あおる」原因その1~危険で横暴な割り込み

ほとんどが、このパターンだ。車で走行中にウインカーも出さずに急に割り込んでくる車。それも十分な車間距離を取らずにぶつかりそうなくらいキリギリで割り込んでくる。その場合の割り込まれた側の心理は、「危険な行為をされた」「脅されたような気持ち」「因縁を付けられたような気持ち」「暴行されたような気持ち」などだ。そして、この後の展開が2つに分かれる。

①「危険な奴には近づかない」「道交法を守る」というのが賢い選択だろうから、腹を立てないで冷静になることだろう。そして、後続車が居なければ、減速して車間距離を取る。

②、①の行為じゃあどうしても気持ちが収まりつかない、という人は、もう追いかけるしかないだろう。「危険な目に遭わされた」のだから、「その仕返しをしてやろう」という事だ。それで、車を前に付けて嫌がらせを実行。但し、明らかに危険な行為だから自己責任で。

③個人的には、車とドライバーの写真を撮るようにしている。撮る方法はいろいろあるが、最近のデジカメは性能が良いから「顔」までしっかり写るんだ。そして、危険な運転をする連中をファイリングして記憶しておく。


「あおる」原因その2~ノロノロ運転

仕事で時間に追われているときや、早く帰宅したいとき、定刻に目的地に着きたいときなど、前方の車が「ノロノロ運転」で追い越せないような道路だと、つい車間距離をつめて、もっと早く走るようにと、ちょっと「あおる」ことがある。こんな時は、前方のドライバーは側道に車を付けて追い越させるようにしてほしいものだ。


「あおる」原因その3~追い越された

このケースで腹を立てる奴は異常者かもしれない。


あおられても余裕で冷静になる方法 ~ ドライブレコーダーに記録

とにかく威力を発揮するのが「ドライブレコーダー」だ。これがあれば、しっかりと証拠が残る。とても心強いシロモノだ。いざとなれば警察やマスコミに情報提供してやればいいだろう。でもその前に、そこまでしなくても、ちょっと心に余裕が持てる方法がある。それは、インターネットの共有動画サイトYouTubeにドライブレコーダーに映った「あおり運転」を公開してみよう。その衝撃的な映像は、うまく行けば収益化が可能だ。そうなると、つい、「今日はあおり運転ないかな・・」と余裕が出て来てしまうから不思議だ。

北広島町の上空で米軍機が火球「フレア」の射出訓練

広島県北広島町の上空で、米軍機とみられる機体が火炎弾「フレア」の射出訓練をしたという。複数の住民が目撃した。フレアは向かってくるミサイルを回避するためのおとりの熱源で、専門家は「民家が点在する地域での訓練は記憶にない」としている。

目撃されたのは、10月11日午後2時半~3時ごろ、西中国山地の米軍の訓練区域「エリア567」内。同町の農園で作業中に目撃した岩本さん(49)によると、機体が高度や場所を変えながら一度に2つの火球を複数回射出。射出誤、急上昇することもあった。

フレアは赤外線探知などで追尾してくるミサイルを誘導、かく乱するために使われる。軍事評論家の前田哲男氏によると、放出訓練は通常、海上で行われる。農園は町芸北支所の西2.5キロにあり、近くには民家や店舗などがある。

前田氏は「フレアは上空で燃え尽きるため地上での危険性は少ない。しかし、実戦想定の訓練で、住民が不安になるのは当然だ」と指摘。「機体は米海兵隊岩国基地(岩国市)所属の可能性が高い。北朝鮮情勢の緊迫化で、米軍が実践訓練を重ねている」とみる。(中国)





北広島町 米軍機 火球

イオンが広島市にアウトレットモール「ジ・アウトレット」を2018年春にオープン予定

10月4日、イオンはアウトレット事業に参入すると発表した。この日発表した中間決算の営業利益は過去最高だったが、主力の総合スーパー事業は苦戦しており、商業施設運営という好調な事業を強化するという。傘下で商業施設を運営するイオンモールが来春、「THE OUTLETS」を広島市に出す。スポーツ用品や衣料品のアウトレット商品を取り扱う店舗とともに、シネコンやスケートリンクなどの「コト消費」の施設も充実させる。(朝日)


イオンモールが開始するアウトレットを核とした地域創生型商業施設「ジ アウトレット(THE OUTLETS)」は、広島県広島市佐伯区石内東に建設され、2018年春に開業を予定している。広島西風新都プロジェクト「(仮称)THE OUTLETS HIROSHIMA」が1号店となる。

このアウトレットでは、ファッションやスポーツウエアなど国内外のブランドショップが集積。エンターテインメントでは、同社初となる屋内スケートリンクやシネマコンプレックスなどを導入。ファミリーからカップルまで世代を超えて楽しめる大型エンターテインメントゾーンとなる。また、エリアを代表する銘菓やスイーツを集めた食の編集ゾーン、地元の名店の味が手軽に味わえるダイニングゾーン、地元のものづくりや文化に触れられる雑貨ゾーンなど、広島・瀬戸内の食文化やライフスタイルが体験できるゾーンを複数展開する予定。



広島市佐伯区石内東4丁目

広島の路面電車がブラザーの韓国で活躍!

広島電鉄は国内外の鉄道車両を展示しようと建設される韓国の鉄道公園で活用してもらうため、半年ほど前まで走っていた路面電車をソウル市のノウォン区に譲り渡すことになったという。譲渡されるのは、今年2月まで現役で広島を走っていた「900形」で昭和32年に製造された車両。

広島市中区の本社で9月20日、椋田昌夫社長とソウル市ノウォン区のキム・ソンファン区長が無償譲渡の契約書を交わした。ソウル市では鉄道の歴史が学べる公園が来年冬に開設される予定で、園内には国内外の鉄道車両が展示され、広電の車両は700メートルの区間で利用客を乗せて走るという。

韓国では自動車による渋滞が社会的な問題となっていて、環境対策として路面電車が見直されているということで、車両は今年12月に輸送される見通し。

広島電鉄は神戸市や京都市など、市電が廃止された都市から多くの車両を譲り受け、「路面電車の動く博物館」とも呼ばれていて、今回譲渡される車両も昭和40年代まで大阪市で走っていた。

椋田社長は「平和都市・広島で活躍し引退した車両が韓国でもう一働きできるのはうれしい。かわいがってもらいたい」と話した。キム区長は「韓国と日本の間には歴史問題など緊張感もあるが、路面電車がいい影響をもたらしてくれると思う」と話していたという。(NHK広島)

広島県民は"ガン"全国1位

国立がん研究センターが、がん患者の最新の推計値を発表したところ、広島県は"がん"と診断された患者の割合が最も多いことがわかったという。 国立がん研究センターによると、2013年の1年間に新たにがんと診断されたのは86万2000人で広島県は10万人あたりの患者数が男性がおよそ540人、女性が372人と、男女ともに全国最多だった。 県は、8年前から受診率50%以上を目標にがん検診啓発キャンペーンを行っていて、受診者数は年々増加しているという。県のがん対策課は、死亡率についてはおととしの統計で全国で7番目に低いとして「早期発見ができている点は評価できるとする一方で、今後も県民の生活習慣などを改善していく必要がある」としている。(HOME)

「9条があれば大丈夫!らしい」広島の市民団体がデモ行進

集団的自衛権の行使を可能にする安全保障関連法が成立して9月19日で2年になるのに合わせ、広島市の市民団体「ストップ!戦争法 ヒロシマ実行委員会」は9月18日、原爆ドーム前で安保法廃止や改憲阻止を訴える集会を開いた。約450人が参加した。

実行委共同代表の石口俊一弁護士(65)は、憲法改正を掲げる安倍晋三首相が近く、衆議院を解散し、総選挙を実施する意向を示したことに触れ、「今こそ平和憲法の大切さを訴えていこう」と呼び掛けた。参加者は「9条壊すな」などと書いた横断幕を手に広島市中心部をデモ行進した。(中国)

西川ゴムが和解金55億円支払い

広島市にある自動車部品メーカー「西川ゴム工業」は、カルテルを結んで自動車部品の価格を不正に操作したとして、アメリカの自動車販売会社などから損害賠償を求められた裁判で、和解に向けて原則的に合意し、およそ55億円を和解金として支払うと発表した。

広島市西区の西川ゴムは、ほかの業者と価格カルテルを結び車の窓枠に使うゴム製品の価格を不正に操作し、アメリカの反トラスト法に違反したとして去年、司法省との間で134億円の罰金を支払うことが決まっている。

この問題をめぐって西川ゴムは現地の自動車販売会社などから損害賠償や行為の差し止めを求める訴えが起こされていたが、現地時間の13日、和解に向けて原則的に合意したという。

和解の理由について西川ゴムは「訴訟の長期化による費用の増加や経営に与える影響を勘案した」としていて、今後原告側と和解契約を結ぶことにしている。

和解金はおよそ55億円で今年度の中間決算で特別損失として計上するが、業績に与える影響については精査中としている。西川ゴムは「法令順守の体制をさらに強化徹底することで再発防止を図り信頼回復に努めます」とコメントしている。(NHK広島)

体長1メートルの土佐犬が安佐北区で脱走

9月4日午前、広島市安佐北区の資材置き場で、飼っていた土佐犬1頭がいなくなっているのが分かったという。人に危害を加える恐れがあるとして、警察が行方を捜している。逃げたのは、安佐北区安佐町久地にある土木建築会社の資材置き場で飼っていた土佐犬。警察によると、4日午前10時半ごろ、飼っていた3頭のうち1頭が、リードの先につながれていたワイヤーロープを食いちぎって居なくなっていることに、飼い主である社長の家族が気付いた。

届出を受けた警察は、およそ30人態勢で付近の団地などを中心に捜索を続けているが、いまだ発見には至っていない。逃げた土佐犬は、体長1メートル、体重およそ40キロの茶色のオスで、赤茶色の首輪に1メートルほどの長さの白いリードが繋がったままだという。警察は、人に危害を加える恐れがあるとして注意を呼び掛けている。また、近くにある小学校では、児童が下校する際に警察官による見回りが行われた。(RCC)



安佐北区久地 土佐犬

安芸太田町の土居トンネルに白骨化した遺体が見つかる

8月25日午後2時20分ごろ、安芸太田町土居の旧JR可部線土居トンネルに「遺体のようなものがある」と110番があった。駆け付けた山県署員が、ほぼ白骨化した遺体を見つけた。同署によると、性別や年齢は不明。身元を調べている。町によると、トンネルは全長366メートル。2003年の可部線可部-三段峡間廃止後、JRが町に無償で譲渡。町は出入り口にバリケードを置き、立ち入り禁止にしている。住民からの連絡を受けた町職員がトンネル内に入って確認し、通報した。(中国)

ヒアリが広島港初上陸で「広島みなと公園」が危険地帯に?

広島港で8月23日に発見されたアリは、環境省の鑑定結果、『ヒアリ』と断定された。環境省と県の発表によると、23日、広島市南区の広島港・国際コンテナターミナルで捕獲したアリを鑑定した結果、南米原産の強い毒を持つ『ヒアリ』と判断された。広島港の周辺では「駆除してください」「日本中どこでもいると思うので仕方ないと思う」との声が聞かれた。コンテナの周辺ではあわせて131匹が見つかり、すべてが駆除された。環境省と県は、巣や女王アリが確認されていないことから、定着している可能性は低いとしている。一方で今後もヒアリが港に運ばれてくる危険性は非常に高いとして、周辺の公園などに看板を設置して注意を呼びかけている。(TSS)



広島港 広島みなと公園

スポンサーリンク

広告