広島市で初の空き家撤去命令は矢賀

6月15日、広島市は倒壊の危険がある広島市東区矢賀4丁目の空き家1件について、速やかに撤去するよう所有者に命令した。空き家対策特別措置法に基づき、命令を出すのは広島市で初めて。7月27日までに従わない場合は、行政代執行で強制撤去が可能になる。

市によると、空き家は木道2階建、老朽化や雨漏りなどで柱や梁の一部が腐り、北西側2階の外壁は剝落してほぼない。放置すれば、他の外壁の下落や倒壊で通行人などへの被害が生じる危険性があるという。市は応急対応で建物をシートで覆い、家の前の市道にバリケードを設けるなどして、近づけないようにしている。空き家北西側2階の外壁の一部は、昨年3月に剝がれて市道に下落した。

市が所有者に適正な維持保全を求めたが改善されず、同法に基づいて立ち入り調査。同年9月に解体や修繕を命令できる「特定空き家」に認定した。17年3月までに指導、勧告をしたが応じなかった。市によると、一昨年5月の同法施行後、3件を特定空き家に認定し、うち2件は指導後に撤去された。(中国)




東区矢賀4丁目

広島市南区屋賀4丁目

広島の会社でセクハラ上司に悩まされた山口の女性

山口県在住の女性が、広島県内の会社で上司のセクハラに悩まされ、会社を退職したという。記事を見て、"中国新聞"もいよいよ"週刊中国"に路線を切り替えるのかと思えるような内容。せめて、この会社の業種や大まかな場所ぐらい書かないと、信ぴょう性がない。


「見返りに何が欲しいの?」山口県内の40代女性が5年ほど前、信頼していた上司にセクハラの相談を持ちかけると、返ってきた言葉は冷たい言葉だった。味方になってくれると思っていただけに、ショックは大きかった。女性は当時、広島県内で働いていた。直属の別の上司から頻繁に酒席に誘われるようになり、出張先では部屋に来るよう求められた。拒むと女性の部屋まで来た。エレベーター内でキスされたこともあったという。

会社に被害を訴える決意をして、半年にわたってセクハラの内容を10枚ほどの紙に書いて提出。会社からは10回ほど聞き取り調査を受けた。女性は東京の本社などを何度も訪れ、思い出したくない出来事を繰り返し説明した。担当の男性からは「なぜ断らなかったの?」「どうして付いて行ったの?」と繰り返し理由を問われた。女性は「自分の仕事を守るためと理解してもらうことが難しかった」とうなだれる。被害前と比べ、体重は10キロ近く落ちたという。

女性の会社は調査後、セクハラを認定。処分を受けた上司は退職した。その後、会社は相談窓口の設置など、国が定める項目を盛り込んだセクハラ防止規定を整え、再発防止に動き始めたという。一方で女性は通勤時間が長い支店へ何度か移動を命じられた。心ないうわさも広がった。女性は被害後に発症したうつ病が悪化して休職。やがて退職した。労災保険の申請で、会社の協力は得られなかったという。「会社は守ってくれなかった」と女性は声を落とした。(中国)

三原市長の妻の会社にアルミ缶を売却 400万円分が不明

三原市の処理工場が、工場に売却したおよそ400万円相当のアルミ缶の所在がわからなくなっている問題で、内部調査の結果が三原市議会に報告された。問題の不燃物処理工場は、三原市と世羅町で作る事務組合が運営していて、天満市長が管理者を務めている。組合では回収したアルミ缶を天満市長の妻が社長を務める会社に売却しているが、昨年度の出荷量より 申告した買い取り量がおよそ31トン、金額にしておよそ400万円分少なかったという。調査報告では業者の過少申告か、盗難の可能性が指摘されたが、原因の特定には至っておらず、先月、警察に捜査を依頼したという。(HOME)

北が先に日本を焦土化!広島県内で初の弾道ミサイル避難訓練

6月11日、北朝鮮の弾道ミサイルを想定した避難訓練が、広島県内で初めて福山市で行われた。訓練が行われたのは福山市の新涯小学校。グラウンドゴルフをしていた地元の住民、およそ150人が参加した。 訓練は「ミサイルが中国地方の方向に発射された」という想定。サイレンが流れると住民は体育館に避難し、窓から離れた場所に待機した。ミサイルが落下するおそれがある場合、政府は、できる限り頑丈な建物などへの避難を呼びかけている。 弾道ミサイルを想定した避難訓練は広島県内では初めてで、これまでに全国で5つの自治体が実施している。(RCC)




北朝鮮弾道ミサイル避難訓練


北朝鮮ミサイル避難訓練 福山市



北朝鮮が威嚇「米国より先に日本が焦土化も」

6月8日、北朝鮮は核ミサイル開発をめぐって、アメリカと連携して圧力を強める日本政府の対応を批判し、「アメリカよりも先に日本が焦土化されかねない」と威嚇した。北朝鮮の国営メディアは8日、朝鮮労働党の関係団体の報道官声明を伝えた。このなかで、日本が、先月のG7サミットなどの国際会議の場で北朝鮮への圧力を強化するために奔走したなどと非難し、安倍首相や菅官房長官、さらに稲田防衛相を呼び捨てで名指しして「安倍一味が我々の自衛的国防力強化措置に言いがかりをつけている」と反発した。「今のように日本が我々の拳の近くで不届きにふるまうなら、有事の際、米国より先に日本列島が丸ごと焦土化されかねないと知るべきだ」。声明では、「アメリカよりも先に日本が焦土化されかねない」として、アメリカとの連携を強める日本をけん制した。(NNN)



北朝鮮 キムジョンウン

高校野球史上最多107発男はJR西条駅のみどりの窓口にいた

高校通算107発男はJR西条駅の「みどりの窓口」にいたという。神港学園(兵庫)時代に高校史上最多とされる通算107本塁打を放った山本大貴さん(22)が、高校NO.1スラッガーの早実・清宮幸太郎選手(3年)にエールを送った。

高校卒業後は社会人野球のJR西日本で4年間プレーしたが、昨季限りで現役を引退。現在は社業に専念し、JR西条駅(広島)の駅員として奮闘中だ。自らの青春だった「107発」の思い出を振り返った。

みどりの窓口ではテキパキと発券業務に取り組む。改札口では車いすの乗客を親身にアテンドする。笑顔がよく似合う鉄道員。西条駅の利用者は、誰も気づかない。この男が、高校通算107発のレジェンド球児であることを―。

「清宮君には、超えてほしい。これから日本球界を背負っていくような選手になる。抜いてもらって、活躍してもらった方が、僕もうれしいです。はよ、抜いてくれよと(笑い)。108本目は甲子園で打ってほしい。みんな見られるから」

淡路島出身。小2から野球を始めた。中学では軟式でプレーし、注目を集めた。数校から誘いがきたが、甲子園通算8度の出場を誇る神港学園への進学を決めた。

「中学の時に左足を手術したのですが、病院が明石で。その時、明石球場で夏の兵庫大会をやっていて、神港の試合を見ていたら『雰囲気が楽しそうやな』と思ったんです。誘ってもらっているし、行かせてもらおうと思いました」・・・(スポーツ報知)


中国電力 無許可で電線架設7万5000カ所

中国電力が自治体の許可を得ないまま、道路上の電柱に電線を架けているケースが多数あるという。その数は中国地方を中心に100以上の自治体で最大7万5000カ所に上るとみられるということで、中国電力では今後、自治体に申請を行い、必要な金額を支払うことにしているという。

電力会社などが道路の上に電線を張る場合には、あらかじめ管理する自治体に申請を行って許可を得ることが法律で定められているが、中国電力によると、中国地方の5県と兵庫県、愛媛県、それに香川県で自治体に申請を行わず、無許可で電線を張っているケースが多数見つかったという。

その数は100以上の自治体で最大で7万5000カ所に上るとみられ、いずれも通信事業者などが建てた電柱に中国電力が設備を設置して電線を張っていたケースだという。これは去年4月、島根県からの指摘で発覚したということで、中国電力では会社としての認識不足が原因だとして、今後、対象となる自治体に申請を行うとしている。

また、これらの自治体から許可を受けた場合、「占用料」として年間およそ3800万円を支払う必要があるということで、中国電力ではこれまで無許可だった分の支払いについても協議することにしている。中国電力管財部門の森川繁部長は「関係する自治体などにご迷惑をおかけしたことを深くおわびします」と陳謝した。(NHK広島)

広島弁護士会のHP復旧難航

5月21日夜、広島弁護士会のHPが何者かによってハッキングされ、改ざんされてから1週間が経過した。しかしHPはまだ復旧されておらず見ることが出来ない。広島弁護士会に所属する弁護士に不満を持った者の仕業だと思うが、それにしても、たかがHPの復旧がそんなに難しいのだろうか。

せっかくだから、過去に起きた広島の弁護士の不祥事を思い出そう。


関元隆弁護士

指定暴力団共政会守屋会長による解体工事業者への恐喝事件で、被害者に被害の申告をしないよう迫ったとして証人威迫罪に問われた。関元弁護士は平成22年10月、広島高裁での差し戻し控訴審で懲役1年、執行猶予3年の有罪判決を受け、最高裁に上告したが、後に最高裁が上告を棄却し執行猶予付きで禁固以上の刑が確定し、弁護士資格を喪失した。


谷口玲爾弁護士

依頼人から預かって、管理していた金を着服したとして、業務上横領罪に問われた。谷口玲爾被告は、判決公判で懲役5年を言い渡された。判決では「経営する弁護士事務所の経費や自らの借入金の返済に充てるための犯行」とした。谷口被告は平成19年11月~23年7月、遺産分割などのため複数の依頼人から預かっていた約1億円を着服した。


今枝仁弁護士

光市母子殺害事件で犯人側を弁護していたが、後に途中で辞退した。今年は一念発起して政界への進出に意欲を発揮。すでに広島3区界隈に自身のポスターを乱立中。

光市母子殺害事件で死刑が確定した元少年を擁護した弁護団の罪




広島弁護士会 広島市中区



広島弁護士会 改ざん

広島県「Lアラート」どーでもええ?全国共同訓練不参加

自治体が発信する災害関連情報をテレビやインターネットを通じて一斉に伝える「Lアラート」(災害情報共有システム)の全国共同訓練が、5月24日、25日の両日、実施された。ただ、中国地方のうち広島県では、2011年から運用する県防災情報システムにLアラート訓練を想定した機能がなく、市町や事業者も含めて不参加となった。広島県はシステム改修を予定しており、来年度から参加する方針。

Lアラートは市町村が出す避難勧告などの情報を都道府県経由で、「マルチメディア振興センター」(東京)を通じて放送局や携帯電話事業者などに配信する。

広島県は11年12月の防災情報システムの運用開始と同時に利用を始めた。合同訓練は13年度から年1回開催。広島県はシステムが対応できないため参加していないが、「防災のお知らせなども含め、日常からLアラートを使う機会は比較的多い。その中で情報伝達に支障がないことを確認している」(危機管理課)と説明する。

マルチメディア振興センターによると、訓練参加は初年度が8府県、16年度の前回が32都道府県。今回は、Lアラートに対応した防災情報システムを備えていない群馬、福岡、長崎、災害対応中の東京、長野、6月に独自に訓練する宮城の計6都県も不参加だった。総務省は「全国規模のネット事業者とも一緒に訓練できるメリットはある」として参加を呼び掛ける。

広島県は現行の防災情報システムが古くなったため、年末をめどに2億2千万円で改修。Lアラート訓練に対応する機能を設けるほか、防災情報メールの内容拡充などを予定している。(中国)

「原爆ドームを爆破する」広島弁護士会HPが改ざんされる

広島弁護士会のホームページ(HP)が一時的に改ざんされ、原爆ドームを5月22日に爆破すると書き込まれていたことがわかった。21日夜から広島中央署員が広島市中区にある原爆ドーム周辺の警戒にあたっている。

県警によると、21日午後10時ごろ、他県警からの連絡で発覚。同署が確認したところ、「平成29年5月22日原爆ドームを爆破する」などと書き込まれていたという。HPにはこのほか、ひわいな画像も表示されたという。HPは22日午前10時現在、閲覧できない状態になっている。(朝日)



通常のHP


広島弁護士会HP




改ざんされたHPの一部

広島弁護士会HP改ざん1



広島弁護士会HP改ざん2




ブランド偽物販売「Bloom」経営者を商標法違反で逮捕

イタリアの高級ブランドの偽物のキーホルダーなどをインターネットを通じて販売していたとして、警察は広島市中区の服飾店を経営する35歳の女を商標法違反の疑いで逮捕した。逮捕されたのは広島市中区胡町にある服飾店「bloom」の経営者、山本小百合容疑者(35)。

警察によると、山本容疑者は16年10月から12月までの5回にわたってイタリアの人気ブランド「フェンディ」の偽物のキーホルダーやスカーフあわせて6点をインターネットを通じて大阪市内の女性など4人に販売したとして、商標法違反の疑いが持たれている。16年11月、偽ブランド品の排除活動をしている社団法人の情報提供で発覚し、警察が商品を鑑定した結果、偽物とわかったという。

警察のこれまでの調べでキーホルダーは正規の値段が18万円だが、1万円程度で販売され、海外で偽造されたものを入手した疑いがあるという。警察によると山本容疑者は「フェンディの文字が付いているだけなら、売ってもいいと思った」などと供述しているという。

警察は、偽物と見られる商品およそ240点を押収し、これまでに60人以上の客にあわせておよそ50万円を不正に売り上げていたとみて調べている。(NHK広島)



Bloom経営者 山本小百合容疑者

スポンサーリンク

広告