カテゴリ道路交通法違反・飲酒運転 1/7

飲酒運転で三原でダブル事故を起こした男を逮捕

10月13日、三原署は広島市東区光町1丁目、会社員大出達也容疑者(30)を自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕した。逮捕容疑は13日午前2時15分ごろ、三原市本郷南5丁目の国道2号でライトバンを運転中、信号待ちをしていた山陽小野田市の会社員男性(35)の乗用車に追突。首を捻挫するけがをさせ、そのまま逃げた疑い。同署によると、大出容疑者は約1時間後に三原市内で単独事故を起こし、容疑が...

  •  0
  •  0

苫小牧市の男性をひき逃げした男を逮捕

9月30日、福山署は福山市幕山台4丁目、会社員森田誠也容疑者(21)を、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕した。逮捕容疑は30日午前1時半ごろ、同市松浜町1丁目の市道で乗用車を運転中、歩いて横断していた北海道苫小牧市の男性(42)と衝突。骨盤を折るなどの重傷を負わせ、そのまま逃げた疑い。同署によると、現場近くの防犯カメラの映像から特定した。「車で何かを踏んだのは分かったが、人...

  •  0
  •  0

広島県西部建設事務所の主任が飲酒運転して横転

東広島署は9月29日午後9時5分ごろ、広島県西部建設事務所東広島支所の主任、山根大使容疑者(37)=広島市安佐南区西原8丁目=を道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕した。同署は「容疑を認め逃走や証拠隠滅の恐れがなくなった」として30日午後、釈放した。逮捕容疑は東広島市高屋町重兼の市道で酒を飲んで軽乗用車を運転した疑い。同署によると山根容疑者が横転事故を起こして発覚。けが人はいなかった。広島県人事課に...

  •  0
  •  0

車内で酒飲んでタクシーを運転した男を現行犯逮捕

広島東署は9月23日午後1時20分ごろ、広島市東区牛田早稲田2丁目、タクシー運転手の村田昇容疑者(66)を道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕した。逮捕容疑は同区牛田中2丁目の市道で、酒を飲んでタクシーを運転した疑い。同署によると、駐車場に自らの個人タクシーを止め、車内で飲酒しているところを近くの住人が見つけて110番。駆け付けた署員が車を走らせていた村田容疑者を発見した。(中国)...

  •  0
  •  0

福山市職員が飲酒運転で現行犯逮捕&柳井地区の消防士長が盗撮で現行犯逮捕

9月21日夜、府中市の市道で酒を飲んで車を運転したとして福山市の職員が現行犯逮捕された。酒気帯び運転で現行犯逮捕されたのは、福山市環境部の技術員轟雅美容疑者。警察によると、21日午後10時過ぎ、府中市元町の市道で検問を行っていたところ、軽自動車を運転していた轟容疑者の呼気から基準値の2.6倍となる、1リットル当たり0.4ミリグラムのアルコールを検出した。調べに対し、轟容疑者は「お酒を飲んだ後ある程度時間が経っ...

  •  0
  •  0

走行車内から花火を発射したのは廿日市市の会社員だった

広島市の国道2号西広島バイパスで、乗っていた乗用車の中から花火を発射したとして、20歳の会社員が書類送検された。広島区検察庁に書類送検されたのは、廿日市市に住む20歳の男性会社員。警察によると、会社員は、8月14日午後9時半頃、西広島バイパス・下りの鈴が峯トンネル付近で、知人が運転する乗用車の中から、走行中の車両に向けて打上花火を発射した疑いがもたれている。会社員は、8月17日に報道で、花火の発射を映した動画...

  •  0
  •  0

パトカーに追跡されたバイクの知能指数ゼロの中学3年男が転倒

8月17日午前0時20分ごろ、広島市南区元宇品町の市道で、広島南署のパトカーに追跡されていたミニバイクが転倒した。運転していた同市の中学3年男子(15)が右肩などにけがをした。同署によると同町のコンビニから「ミニバイクに2乗りしている少年がいる」と110番を受けて駆け付けた同署員が、1人でバイクに乗った少年を発見。停止を求めたが従わなかったため追跡し、約700メートル走った後、転倒した。バイクは盗品と判明し、同署...

  •  0
  •  0

走行中の車から道路に向って花火を発射した広島アホタレ「ナンバープレート拡大」

8月14日午後9時半過ぎ、西広島バイパス下り方面で、追い越し車線を走っていた1台のワンボックスカーが急加速し、その後、トンネルに入った時に突然、光る物体が走行車線に向かって発射されたという。トンネルを出た後も、立て続けに発射されているという。14日の午後9時半過ぎに西広島バイパス下り方面で追い越し車線を走っていた車の中から、花火のようなものが数回にわたって発射されたとみられる。現場は、西広島バイパス下...

  •  0
  •  0

缶ビール片手に貨物車運転中の男が警察に見つかり現行犯逮捕

安佐南署は8月2日午後6時20分ごろ、広島市佐伯区観音台3丁目、会社員大串和昭容疑者(62)を道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕した。缶ビールを手に運転する姿を巡回中のパトカーが見つけて停車させたという。逮捕容疑は、安佐南区西原8丁目の国道183号で、酒を飲んで貨物車を運転した疑い。同署によると、呼気検査で基準値の3倍に当たる1リットル当たり0.45ミリグラムのアルコール分を検出した。(中国)...

  •  0
  •  0

パトカーが2人乗りバイクを追跡 400メートル逃走して転倒した間抜け

8月2日午前3時半ごろ、広島市安佐南区伴東7丁目の市道で、安佐南署のパトカーに追跡されていた2人乗りのバイクが転倒した。バイクを運転していた同区の専門学校生(18)と、同乗の同区の大学生(18)にけがはなかった。同署によると、パトロール中の署員が2人乗りをしているバイクを発見。停止を求めたが従わなかったため追跡した。バイクは約400メートル走った後、スリップして転倒した。同署は道交法違反(初心運転者の2人乗り禁...

  •  0
  •  0