飲酒運転の男がJR芸備線の踏切で脱輪、通勤客4000人が大迷惑!

3月28日午前6時ごろ、広島市東区のJR芸備線の踏切で、酒気帯び運転の軽トラックが脱輪し立ち往生した。この影響で芸備線が一時運転を見合わせて最大およそ2時間半の遅れが発生し通勤客などおよそ4000人に影響が出た。警察は軽トラックを運転していた二間孝志容疑者(60)を酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕した。(HOME)

東広島市の山陽道で車12台が衝突事故

3月19日夜、東広島市の山陽自動車道で乗用車など車12台が相次いで衝突する事故があり、1人が病院に運ばれたが、けがの程度は軽いという。19日午後6時半ごろ、東広島市八本松町飯田の山陽自動車道下り線の八本松トンネルの入り口付近で乗用車など車12台が関係する事故があった。

警察によるとトンネルの入り口の前後で乗用車などが次々に衝突したという。消防によるとこの事故で52歳の女性が胸の痛みを訴えて東広島市内の病院に搬送されたが、けがの程度は軽いという。この事故の影響で山陽自動車道はいずれも東広島市内の西条インターチェンジと志和インターチェンジの間の下り線が午後7時から通行止めになっている。(NHK広島)



東広島 山陽道事故

東広島市 山陽道事故

中国に向かう貨物船がカキ筏に乗り上げる

3月16日未明、広島港でカキ筏に貨物船が乗り上げる事故があった。午前4時35分ごろ、南区の広島港内、=金輪島の北側200メートルほどの海上で、中国ヘ向かうベリーズ船籍の貨物船がカキ筏に乗り上げた。海上保安部によると、貨物船には中国人やベトナム人など9人が乗っていたが、ケガ人はいないという。貨物船は広島港を出て10分ほどで乗り上げたということで海上保安部は、船長に話を聞くなどして事故の原因を調べている。(HOME)




カキ筏衝突

西区で道路を横断中の大学生が車にはねられ死亡

3月7日午後10時15分ごろ、広島市西区福島町2丁目の市道で歩いて横断していた中区江波西2丁目、大学生宮日成さん(21)が、佐伯区薬師が丘1丁目、会社役員浜野議晶さん(40)が運転する乗用車にはねられ死亡した。調べては、現場は片側2車線の直線。宮さんが北から南へ横断していたところ、西進する乗用車にはねられたという。(中国)

芦田川で女性の水死体が見つかる

3月4日、福山市の川で、女性の水死体が浮いているのが見つかった。4日午前11時半ごろ、福山市水呑町の芦田川で、女性がうつぶせで浮いているのが見つかった。警察と消防が調べたところ、女性は50歳から60歳くらい、すでに心肺停止状態で、目立った外傷などはなく溺死とみられている。女性は身元につながるものを持っておらず、警察が詳しく調べている。身長は158センチで中肉、茶色がかった短髪で、カーキ色のジャンパーに緑色でチェック柄のズボン、黒いスニーカーを履いていたという。(TSS)

福山のトラックが積んでいた鋼板が落下して対向車に直撃!炎上!運転手死亡

3月3日午後0時25分ごろ、岡山市南区西高崎の県道で、走行中のトラックの荷台から工作機械の部品が落下し、対向車線の乗用車の前方に衝突した。乗用車ははずみで信号機にぶつかって炎上し、焼けた車から20代の男性とみられる1人の遺体が見つかった。岡山県警が身元を調べている。

県警は、自動車運転処罰法違反(過失致死)の疑いで、トラックを運転していた広島県福山市加茂町下加茂のトラック運転手松井公雄容疑者(73)を現行犯逮捕した。容疑を認めている。

県警によると、部品は長さ3.5メートル、幅1.6メートルの鉄製の板状で、荷台に積まれていた円柱形の工作機械の一部。岡山県玉野市から同県里庄町へ運搬する途中だった。事故の直前、この部品が標識や信号機にぶつかっており、県警ははずみで落下したとみて、積載方法に問題がなかったかなど原因を調べる。

現場は片側1車線で、見通しの良い緩やかなカーブ。岡山市中心部の南約13キロで、周辺は住宅や田畑が点在している。(産経)

JR呉線の両城トンネル付近で男性が列車にはねられ死亡

JR呉線で男性が列車にはねられ死亡する事故があり、警察が男性の身元を調べている。2月27日午後11時40分ごろ、呉市東川原石町にあるJR呉線の両城トンネルの入り口付近で、20代から40代とみられる男性が上り普通列車にはねられた。男性は全身を強く打ち、間もなく死亡した。この事故のため、呉線の上りでは最大1時間半の遅れが出た。現場は踏切に近く、警察は列車のドライブレコーダーを分析して、事故の状況や原因を捜査するとともに、男性の身元の確認を急いでいる。(TSS)

横川の市道で横たわっていた57歳会社員が車にひかれて死亡

2月25日午前0時10分ごろ、広島市西区横川新町の市道で、西区打越町、会社員岡本仁さん(57)が、廿日市市住吉2丁目、会社員磯本成彦さん(45)の乗用車にひかれ死亡した。広島西調べでは、現場は中央線のない路地で岡本さんは路上に横たわっていたという。(中国)

胡町で広電の路面電車とトラックが衝突

2月25日午後、広島市の繁華街で広島電鉄の路面電車とトラックが衝突する事故があった。この事故によるけが人はいなかった。25日午後3時40分頃、広島市中区胡町の相生通りで、江波発広島駅行きの路面電車が、相生通りを右折して流川通りに入ろうとしたトラックと衝突した。広島電鉄によると、路面電車は1両編成で乗客と乗務員あわせておよそ60人にけがはなく、トラックの運転手にもけがはなかった。現場は広島市中心部の繁華街で、事故当時は買い物客など多くの人がいて、周辺は一時、騒然とした。(NHK広島)



広島市 事故


胡町 路面電車とトラック衝突

中区解体工事現場鉄骨パイプ落下事故に有罪判決

15年、中区の工事現場で起きた鉄骨(鉄パイプ)落下事故の裁判で、2人を死傷させた罪などに問われている当時の現場責任者に広島地裁は執行猶予つきの有罪判決を言い渡した。解体工事会社弘粋産業の当時の現場責任者(40)は15年10月、中区宝町のビル解体工事現場で荷崩れを起こした足場用の鉄骨(鉄パイプ)を落下させ、作業員2人を死傷させた罪などに問われている。判決公判で広島地裁の丹羽芳徳裁判官は「作業中に作業員を立ち入らせないなどの業務上の基本を怠った過失は重大」と指摘。一方で、すでに再発防止の対策を講じているとして禁錮2年・執行猶予3年の有罪判決を言い渡した。また弘粋産業にも罰金50万円の判決を言い渡した。(HOME)




広島市鉄パイプ落下事故