「宏池会」60周年記念植樹

5月28日、自民党の派閥「宏池会」(現在の通称・岸田派)が、縁の深い広島で設立60周年の記念行事を行った。広島市の中央公園内にある派閥設立者、池田勇人元首相の銅像前で、派閥会長の岸田文雄外相らが記念植樹した。

宏池会は1957年6月、広島出身の池田氏が創設。現在ある派閥のうち、正式名称が変わらない最古参の派閥。県内選出で広島を地盤とする自民党国会議員9人のうち、岸田氏ら6人が所属する。

宏池会は池田氏ら4人の首相を輩出したが、91~93年まで務めた宮沢喜一氏が最後。宮沢氏も広島が地盤。記念行事に出席した湯崎英彦・広島県知事は岸田氏に、「5人目の宏池会出身の総理として、ぜひご就任頂きたい」とエールを送ったが、岸田氏は記者団に「権力に謙虚であるのが宏池会の歴史。来年、自民党総裁選があることは承知しているが、それ以上は今の時点では何もない」と述べるにとどめた。(朝日)


※余談だが、この銅像の裏の外堀近くに、奇妙な碑柱がある。そこには”朝鮮”の文字が刻まれていた。なぜそんなものがあるんだろうか。



宏池会60周年 岸田文雄


【宮澤首相の謝罪外交】

非難を浴びる朝日新聞の慰安婦報道と宮澤政権下の河野談話


【池田首相退陣声明】

池田首相 退陣

異常な嫉妬心でストーカー登録された広島4区中川俊直議員

父・中川秀直氏から広島4区の地盤を引き継いだ息子・中川俊直議員が、女性問題について政府与野党から大批難され、4月21日に自民党を離党した。さらに議員辞職も時間の問題だという。週刊新潮では、俊直議員の驚くべき女に対する嫉妬心と妄想が綴られている。まさか「歴史ある酒処の東広島」から飛び出すとは思わなかった。


なぜ中川俊直議員はこんなことになったのだろうか。車で広島4区の街道を走ると、俊直議員の誠実そうな顔を載せたポスターが至るところに貼られてある。俊直議員が2012年に初当選したときは、秀直氏の息子が立候補して当選したのかと。広島4区の地域住民が懸命に押したんだと思った。それだけ父・秀直氏の影響力は大きかったのだ。息子・俊直議員は誠実そうだし大丈夫だと思っていた。


誌面で分かることは、俊直議員("俊ちゃん"と愛人が呼んでいる)は妄想・嫉妬がとにかく異常なレベルで、俊ちゃんの妻はがんで闘病中であるが、前カノとか前川とか、奥さんがいたりとか、公人であって週刊誌に追われたりとか、職場恋愛だったりとか、そのスリルに燃えると言っていたという。根っからの不倫体質なんだそうで、その異常な嫉妬心がトラブルの原因となった。妻がいながら愛人と牧師さんの前で結婚証明書に自著したことなどは常識では考えられない。しかし、あまりの嫉妬さゆえに、後に渋谷警察署で「ストーカー登録」をさせられるという”落ち”まである。


【俊ちゃんの略歴】
1993年 テレビ東京に入社して政治部などで活躍。
1995年 日大鶴ヶ丘高校時代の後輩と結婚。後に2男1女に恵まれた。
2001年 テレビ東京を退職し、父・秀直元官房長官の秘書となる。
2011年 愛人(現在47)と交際開始。
2012年 広島4区の地盤を受け継ぎ当選。
2013年9月 ハワイで愛人が結婚証明書に自署。愛人がティファニーのリングをもらう。
2015年12月 前川議員と仲良くなる。
2016年1月 前川議員と肉体関係になる。
2016年10月 前川議員と別れる。
2016年12月25日 愛人のいるところで前川代議士から突然連絡が入り、痴話喧嘩になる。



中川俊直 不倫


中川俊直ポスター

未解決状態で裏切りの自民広島1区が駐韓大使を帰任

4月3日、岸田文雄外相は韓国・釜山で慰安婦問題を象徴する少女像が設置されたことへの対抗措置として、一時帰国させていた長嶺安政駐韓大使と森本康敬釜山総領事を、3月4日に帰任させると発表した。岸田氏はまた、長嶺大使を黄教安大統領代行(首相)と面会させて慰安婦問題に関する日韓合意の履行を直接要請する方針を示した。

韓国では、慰安婦合意を主導した朴槿恵前大統領が罷免され、5月9日の大統領選を受けて新政権が発足する運び。大統領選の主要候補が慰安婦合意の見直しを主張していることから、日本政府としては現政権のうちに少女像撤去などを促す必要があると判断したもよう。大使不在長期化による日韓関係停滞は望ましくないとの配慮もあったとみられる。

岸田氏は大使らの帰任を決めた理由について、「韓国が政権移行期にある中で、情報収集に一層力を入れ、次期政権の誕生に備える必要がある」と指摘。慰安婦合意に関しては「国と国との約束だ。黄氏に順守を強く働き掛け、次の政権に継承してもらう」と強調した。さらに、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮への対応でも「日韓間で高いレベルの情報交換を行い、緊密な連携を図る必要がある」と語った。(時事)

森友問題で順正学園の加計美也子理事長が講談社を提訴

大阪市の学校法人「森友学園」の問題に絡め、大学の学部新設に関して事実と異なる記事を「週刊現代」に掲載し、名誉を傷つけたとして、岡山市の学校法人・順正学園(加計美也子理事長)が3月24日、発行元の講談社に2000万円の損害賠償と謝罪広告の掲載を求める訴訟を東京地裁に起こした。

訴状によると、週刊現代は、3月25日・4月1日合併号に「森友学園スキャンダルはもっと広がる」と題し、学園が2013年4月、運営する吉備国際大(岡山県高梁市)の地域創成農学部を兵庫県南あわじ市に開設したことについて、「『タダ』で建物ごと手に入れた」などと記載した。しかし、建物の改修費の一部を学園が負担しているうえ土地は使用貸借で、記事は虚偽であり学園にも一切取材していないと主張しているという。週刊現代編集部は「訴状が届いておらずコメントできない」としている。(毎日)


加計美也子氏とは

加計グループ創立者である加計勉氏の長女。加計勉氏は、広島県安芸津町(現在の東広島市安芸津町)出身、広島文理科大学を卒業後、学校経営の夢を実現すべく、昭和30年に広島英数学館 を設立、昭和36年に加計学園を設立、以後、保育園・幼稚園から大学院まで各地に次々と関連校を設立。西日本最大クラスのスケールを誇る学園づくり を展開中。


離婚?

Yahoo!検索で「加計美也子」と打ち込むと、関連キーワードに「離婚」と表示される。


加計美也子 離婚





加計勉

加計美也子

石原氏証人喚問で野党が「イエスかノーでお答えください」クイズか?

豊洲市場の移転問題をめぐって、都議会百条委員会で、石原慎太郎・元東京都知事(84)が証人喚問に応じた。石原氏はのっけから、脳梗塞の後遺症に悩まされているとか字を忘れたとか、でもワープロは打てるなどと、痴呆モード全開でボケ老人を演じた。さすがに作家だけあって、自分を有利に進めるための演出と想像力はすばらしい。

証人喚問では、副知事だった浜渦氏に一任していた、報告は受けていない、私がいろいろ立ち入って詮索できる立場でもないし、見識もない、などと、特に目新しい発言は無かった。

問題は、野党の質問の詰めの甘さだ。特に醜いのは、公明党の女性都議や、どこかの野党の男性都議が質問したとき、「イエスかノーでお答えください」と、まるでクイズでもしているようなシラケさを感じた。本来は、石原氏から少しでも新しい言葉を引き出さなければならない場だったはずだが、自民・野党は自己の立場ばかり話していて、「茶番」のようだった。

前日の浜渦氏の証人喚問では、一貫して自己の正当性を述べていたが、最後に「水面下なら話してやるよ・・・」とボヤいた映像がテレビで流れていた。結論は、現在の東京都議連中のレベルの低さが原因なのは間違いないと言える。

なぜ?何が?何のために?塩村都議が衆院選で民進党広島3区から出馬

つ、ついに塩村文夏都議(38)が、民進党の公認を得て広島3区から出馬するのだという。これは吉なのか凶なのか、善なのか悪なのか、前進なのか後退なのか。塩村都議は都議会を1期で離れ国政進出について「女性活躍や動物愛護について都政でやれることはやった。後は国での法改正が必要と思った」と述べたという。

また、広島県福山市出身の被爆2世という観点から「自民1強時代で全てが議論され尽くすことなく決まっている。広島県から平和施策について取り組みたい」と語った。小池知事の改革路線のさなかでの鞍替えについて「女性リーダーとして感銘を受けている。都において議会、行政改革が進んでいると実感したため国政に行ける」と述べたという。



民進党のホームページ 本当に公認されていた

塩村文夏 民進党広島3区



まさかの逆転はあるのか

塩村都議が国政に出ることへの賛否は別として、ここでは“まさかの逆転劇”について考えてみたい。大方の予想は惨敗だと思うが、しかし思い出すのは、現在の塩村都議と、やや境遇が似ている東国原氏(そのまんま東)が、2007年の第17回宮崎県知事選でトップ当選を果たしてしまったのだ。絶対に当選などあり得ないと言われていたのにだ。こーいう現象を一般的に何と言うのだろうか。

マスコミで目立っていた人が広島県内で立候補した例は、2005年の衆院選で広島6区の亀井静香氏に堀江貴文氏(ホリエモン)が挑んだ事がある。開票速報を見ていたが、途中まで接戦を演じていた。当時の報道では、堀江氏は尾道などの市街地で善戦し、無党派層などの票を獲得していったが、亀井氏は終盤でおひざ元である庄原で票を伸ばした。


2005年の衆院選 広島6区
亀井静香 110,979票(41.53%)国民 元建設相
堀江貴文 84,433票(31.60%)無所属 IT社長
佐藤公治 68,365票(25.58%)民主 党県代表


民進党(旧民主党)広島3区には、橋本博明元衆院議員がいたが、飲酒運転で辞職に追い込まれた。橋本元議員についての評判は分からないが、第47回衆院選では、第46回に比べて得票数を伸ばしている。塩村都議がこの橋本元議員を超える人気を持つ人物ならば当選の可能性があると思う。

気になるのが福山での父親の評判だ。たぶん、県外の人からみると、地元広島という事で、広島7区(福山市)も広島3区(安佐南区、安佐北区、北広島町、安芸太田町、安芸高田市)も同じ地元だと思われるかもしれないが、実はこの2つの地域は商圏も地域柄も違うし距離も100キロほど離れていて隣接していないから以外と遠いのだ。当然、この2つの地域を頻繁に往来する人は少ない。つまり、広島3区では塩村都議の親の噂など、選挙戦が始まったらどうでもいい状況になるだろう。

もし塩村都議が橋本元議員の流れを受け継ぎ、さらにマスコミでの認知度が加わると、自民党の河井氏と民進党の塩村氏の一騎打ちとなる。河井克行議員は自民推薦ということから得票数は安定しているが、地元での評判が思わしくないと囁かれている。こんなとき有権者は、”たまには違う人にでも投票してみよう”という心理に陥ることがある。いずれにしても今回の選挙は「パワハラ現職自民総理補佐官Vsセクハラやじ被害都議」という奇妙な対決となり、非常に興味深い選挙になりそうだ。




2017年 衆院選

※河井議員は03年と09年は比例中国ブロックに回って当選したためデータなし



衆院選 広島3区 自民Vs民主
 河井克行(自民)橋本博明(民主)塩村文夏(民進)
96年(第41回)65,928当選  
00年(第42回)65,805当選  
03年(第43回)比例中国ブロックで当選  
05年(第44回)94,017当選59,576  
09年(第45回)比例中国ブロックで当選133,994当選 
12年(第46回)87,993当選51,666  
14年(第47回)85,311当選66,549  
17年(第48回) 


民進党広島3区に推薦されている塩村都議の父親は地元福山では悪名高い?

週刊新潮によれば、民進党は今でも塩村都議を広島3区の支部長に推薦しているという。しかし、一部の反対者によってなかなか支部長になれないという。民進党関係者が言うには、

「塩村さんは、福山市の出身です。福山は広島7区ですが、彼女には知名度も発信力もある。森本真治県連代表(参院議員)も彼女を3区の支部長に推している。

ただ、候補者として彼女の名前が報じられたのは16年4月。なのに、未だ支部長に任命されていません。実を言うと、地元や同僚都議の一部から、父親の過去のことで反対意見が出ているからなんです。党本部も彼女にそれを伝えています。

事情を語るのは、地元の政界関係者。「数年前に亡くなった彼女の父親は、福山で産廃処理会社を経営していて、随意契約で市の汚土収集運搬を請け負っていました。ところが30年程前、共産党が年々汚土の運搬量が増え、市が父親の会社とだけ随意契約していることを議会で問題視したのです」

実際は、父親の会社は市の職員を脅し、仕事を取っていた。しかも建設残土を汚土と偽って運搬し、不法に支払いを受けていたという。

「彼は市長室で当時の市長や助役を怒鳴りつけ、引き続き自分の会社に委託するという念書を書かせたのです。1999年、強要罪で有罪が確定しました。また、共産党の市議は、福山市に損害を与えたとして、元市長ら市の幹部5名と、父親及び会社を相手に行政訴訟を起こし、10年程前に原告勝利が確定しています。元市長や父親らは、遅延損害金を含め、約2億円の損害賠償金の支払いを命じられています」

問題はまだある。「元市長は、自己破産し免責が決定。元助役とその相続人からも1億円以上回収した。しかし、塩村の父親及び会社については、07年の時点で行政執行したものの、回収できていません」

ある福山市議によれば、「塩村さんの父親は、こっちでは悪名高いですよ。彼女がテレビでゲラゲラ笑っていると、『何だこの人は』という気持ちになります」

彼女は16年に出版した著書の中で、父母は離婚、父親が事件を起こした、彼とは中学を卒業後ほとんど会っていない、といった事情を明かしている。

広島市議が政務調査費をだまし取った疑い

広島市議会の議員が事務員に給料を支払ったように領収書を偽造し、政務調査費、現在の政務活動費をだまし取った疑いがあるとして刑事告発されたことを受け、警察は1月14日から議員に任意で事情を聞き、詳しい経緯について調べている。

刑事告発されているのは広島市議会の自民党の会派に所属する熊本憲三議員(53)。熊本議員は事務員に給料を支払ったように領収書を偽造し、政務調査費、現在の政務活動費20万円をだまし取った疑いがあるとして、16年2月に告発された。

警察はこれまで関係者から話を聞くなどしてきたが、14日から熊本議員に任意で事情を聞き、詳しい経緯について調べている。熊本議員は「政務活動として依頼した仕事に対して支払ったもので不正は行っていない」と説明している。熊本議員は現在7期目で、平成25年6月からおよそ2年間、副議長を務めた。(NHK広島)



広島市議会 熊本議員

岸田外相が総理の座を狙う? Yahoo!の検索でとんでもない事に・・・

1月14日、岸田外相(広島1区)は、安倍首相の次の首相を目指すため、自民党の総裁選挙に出馬する意欲を示したという。岸田外相は「安倍総理の時代もいつか終わりが来るのは当然のことですが、安倍時代の後に何ができるのか、こういったことも考えてみたい」と述べた。また、岸田外相は「存在感、知名度をしっかり上げることを今年の目標に掲げている。その結果、より大きな仕事ができる政治家になりたい」と強調した。自民党内からは、来年9月の次の総裁選への出馬を求める声も出ているという。今回、将来的な出馬に意欲を示した岸田外相だが、「今後どんな政局が起こるか分からないので、申し上げるのは控えるべきだ」と述べ、次の総裁選に出馬するかどうかは明言を避けた。(NNN)



ネットユーザーは何も期待していない?

この報道を受けて、ネットユーザーは批判的で何も期待していないというコメントが多かった。「今までの仕事を見てきて期待はしない」「勝ち目も期待もない」「もう岸田や石破のようなリベラルの時代じゃない。時代がこれを許さなくなっている」「アナタはその器ではないと思うよ」「この方はそれなりに評価があるようなんだが、どうしても小物感があるんだよな」などと言ったコメントが寄せられていた。


なぜ岸田外相は評価されないのか。ロシアのラブロフ外相と北方領土返還についての交渉が弱かったのか。韓国に無駄な10億ドルを振り込ませてしまった一人だからか。被爆地広島を背負ったセンチメンタリズムでは、平和をアピールするだけで、国益のために鬼になれないからだろうか。


そんな広島1区の岸田外相だが、ここで非常に恐ろしいことが判明した。Yahoo!の検索で「岸田外相」と打ち込んでみたら、何とあの悪夢の民主党時代の管直人元総理と同じ内容のものが表示された。やめておけば良かった。






岸田外相 無能



管直人 無能


河井克行総理補佐官(広島3区)いつまで持つのか

衆議院広島3区選出の河井克行総理補佐官は、トランプ氏が次のアメリカ大統領に決まり、TPPも日米同盟も先行き不透明になる中、 安倍総理からトランプ氏の関係者と接触するよう特命を受け、11月14日午前、米国を訪問するため全日空機で成田空港を出発した。

14日のアメリカ訪問の直前、河井補佐官は週末、安芸高田市で開かれたJA広島北部のまつりに参加し、人脈づくりに励んでいたという・・・。



河井克行議員



河井克行議員の秘書へのパワハラ

16年3月、週刊文春が河井議員の秘書への壮絶なパワハラがあったと報じた。結果として傷害事件が明るみになり、河井議員に対するイメージもひっくり返ってしまった。河井議員は広島のミッション系の高校(広島学院)を卒業していたことから、そんなに悪いイメージは無かった。この高校の卒業生に意地悪な人はいないだろうと思っていた。そして、その出来事は本当だろうかと疑問に思い、河井議員の人間性を知るために広島市内の知人や行きつけの店やお客さんに聞いてみた。すると、とんでもない実態を知ることになったのだ。


地元を裏切った?

5人から6人の人に聞いてみたので、それらを簡単にまとめると、つまり河井克行議員は地元のために頑張ると言いながら国政に出た、地元を裏切った、と聞いた。確かに平成3年に広島県議に当選したが、平成8年にはもう衆院議員(広島3区)に初当選している。

天狗か?

河井議員は天狗でのぼせているんじゃ、あいつだけはダメじゃ・・・と、元秘書と思われる人が、お店で不満をぶちまけていたという。もしかしたら本人かも知れない。聞くところによると周りから先生先生と呼ばれるからだとか。

妻の河井あんりのエピソード

河井案里議員は広島県議だが、平成26年8月の広島土砂災害の時に、河井あんり議員も駆け付けたというが、それが何と赤いハイヒールで来たという。地元住民の間では有名な話らしい。そう言えば、確か民進党の女性代表も、いつもの白地で身をかためたファッションショーで現場視察を行っていた。


今のところ、秘書との和解が成立したのか分からない。河井議員のFacebookも16年2月中旬までは熱心に書かれているが、週刊文春の報道があった16年2月下旬から3月末までの間はなぜか書き込みが行われていない。いよいよ注目度が増した河井議員だが、何か悪い予感がしてならない。


広島3区河井克行議員が秘書への暴行で刑事告発され、地元での評判も散々?


河井克行議員 週刊文春

スポンサーリンク

広告