カテゴリ国会・政治 1/8

立憲民主党が広島で始めて支援者集会

19年夏に行われる参議院選挙に向け、野党第一会派の立憲民主党が11月17日、広島で初めて支援者集会(パートナーズ集会)を開いたという。集会は、立憲民主党・島根県連代表の亀井亜紀子衆議院議員の呼びかけで行われ、党に賛同する支援者ら約40人が参加した。党所属の国会議員や地方議員がいない広島では初の開催で、来年の参議院選挙をにらみ、平和や防災など4つのテーマに分かれ支援者らと意見交換をしたという。亀井衆院議員は...

  •  0
  •  0

自民・税制調査会の消費税10%引き上げと軽減税率8% 何それ?

政府が、2019年10月に予定する消費税率10%への引き上げと、負担軽減のために一部の商品に限って8%とする非常にめんど臭く、分かりづらい税制改革をやろうとしている。働き方改革推進と言いながら作業の負担を強いるのは良くない。そして、その責任者は自民党の税制調査会の宮沢洋一会長(福山選出)。例えば、お店で食料品などを買えば10%だが、持ち帰りは8%だ。コンビニでイートインスペースを利用するケースでは、どっちの税率...

  •  0
  •  0

国民民主党広島の森本代表がうつ病の兆しー有権者から「何をしたいの?」

国民民主党広島県連代表の森本真治参院議員が悩んでいるという。何に悩んでるのかと言うと、野党は反対を唱えてばかりで何をしたいのか見えないー、なんだとか。私たちはそんな指摘を多く受けてきた。与党が推し進めようとする政策をチェックし、より建設的な代案を示してはきたが、有権者に伝えきれていないー、なんだとか。どうも気が滅入っているらしい。どうやらこれはうつ病の兆しか、それともノイローゼ気味かもしれない。有...

  •  0
  •  0

国民民主党広島の森本代表公認申請見合わせ?誰も関心なし?

19年夏の参院選広島選挙区(改選数2)で、現職の森本真治氏(45)を立てると決めた国民民主党広島県連が、4カ月たっても党本部への公認申請を見合わせる異例の事態が続いているという。県連内では「再選には立憲民主党との共闘が欠かせない」との声が大勢で、現段階で公認すると共闘実現の妨げになりかねないとの見立てがあるという。県連代表の森本氏たち県連幹部6人は10月9日午後、広島市南区のホテルで、党選挙対策委員長の岸本...

  •  0
  •  0

岸田政調会長が3年後の自民党総裁選「出てみるだけ」

8月26日、自民党総裁選への出馬を見送った岸田文雄政調会長が「ぜひ私も手を挙げたいと思います」と述べ、3年後にも想定される次期総裁選への出馬への意欲を示したという。この日、岸田氏は群馬県内であった山本一太参院議員の政経セミナーにゲスト参加した。今回は出馬を見送り、安倍晋三首相を支持した理由について「外交も経済も活力を取り戻し、正念場。今、総理大臣を代えることが国益に沿うのか。国益を考えたならば、安倍総...

  •  0
  •  0

池上彰氏が広島1区岸田政調会長を”優柔不断な殿”

週刊文春で、FKこと広島1区岸田文雄政調会長に対して、池上彰氏までも批判的だ。自民党の秋の総裁選挙で、岸田派の岸田文雄政調会長が出馬を見送ったことだという。岸田派の中には、「たとえ今回の総裁選で勝てなくても、戦う姿勢を示せば派の結束は強まるし、ポスト安倍に名乗りを上げられる」と出馬を期待していた若手国会議員もいただけに、“優柔不断な殿”への不満が出ている、というのだ。さらに池上氏は言う。こういうとき、...

  •  0
  •  0

麻生財務相が岸田政調会長に「基本的に話にならんよ」痛烈批判

8月11日、麻生太郎財務相は、自民党の石破茂・元幹事長が「正直、公正」を掲げて党総裁選に立候補表明したことについて、「派閥をやめようと言ったのは誰だ。言っていることと、やっていることが違う」などと痛烈に批判した。麻生氏は、福岡県北九州市内であった会合で、石破氏について「派閥を解消しますと言って無派閥の会をつくって、石破派に変えたんでしょ。言っていることと、やっていることが違うのはあんたじゃないかと、...

  •  0
  •  0

岸田政調会長、総裁選出馬断念 宏池会の存在意義は?

岸田文雄政調会長が、自民党の総裁選挙の出馬を断念したという。総裁3選確実の安倍一強と言われる自民党において、負けることが分かっているだけに、出ても仕方がないのか。しかし、それでも出馬することに意義はないのか。それとも政調会長としてのイスを意識して、あとで冷遇されることを恐れ、守りに入ったのか。これは「宏池会」のHPにある”多様性”の尊重と”正姿勢”の精神からくるものなんだろうか。FK=文雄岸田=ふにゃふ...

  •  0
  •  0

自民党の岸田派が公式ホームページ「宏池会」を開設

7月19,日、自民党岸田派(宏池会)が、公式ホームページを開設した。同派会長で「ポスト安倍」候補の岸田文雄政調会長について発信を強化する狙いだという。4月に発表した政策パンフレットや名門派閥としての歴史などを掲載。今後は岸田氏と有識者らの対談なども載せる。池田勇人初代会長が1960年に首相に就任した日(7月19日)に合わせて開設したという。(毎日)http://kouchikai1957.com/...

  •  0
  •  0

大雨警戒の夜に酒食、酒豪岸田文雄政調会長、豪雨の時広島にいた

気象庁が大雨への警戒を呼びかけていた7月5日夜、安倍晋三首相らとともに議員宿舎での酒食を伴う会合に参加していたことについて、「木曜日(5日)の段階で出ている情報の範囲内において、政府としても与党としても対応すべきことについてはしっかり対応を行う、こういったことで取り組んでいたと認識している」という。「私もその豪雨の降る中、(広島市など)現地におりましたが、降り方といい、被害の内容といい、そして被害の...

  •  0
  •  0

災害時・広島選出の国会議員のSNS発信の動き

7月6日(金曜)から降り始めた豪雨の影響で、西日本に大きな被害をもたらした。政府は、記録的な大雨で各地で大きな被害が出ていることから、7月8日午前8時、「非常災害対策本部」を設置した。「非常災害対策本部」は、災害対策基本法に基づき内閣総理大臣が臨時に設置され、一昨年4月の熊本地震以来となる。この対応が早いのか遅いのか、意見が分かれるところだが、このような緊急事態でたよりにされるのが地元の国会議員だ。彼ら...

  •  0
  •  0

「結集ひろしま」安倍一強に野党が対抗!いつまで続くのか

自民党1強の政治状況を打開しようと、広島県内の国民民主党や立憲民主党などの関係者が、野党連携のための団体を立ち上げたという。その名は「国民主権を取り戻すために結集する広島政党連絡会、略称は『結集ひろしま』」(国民民主党広島県連代表 森本真治参議院議員)。熱しやすくて冷めやすい広島県民性と言われて数十年。身勝手でてんでバラバラ思考の広島で、果たして結集なんかできるのだろうか。そんなのいつまで続くのだ...

  •  0
  •  0

「#Me Too 」政治利用パフォーマンス野党6党黒服女議員に「セクハラ対象外だよ」あるある

自民党の長尾敬衆議院議員(大阪14区)が、財務省・福田淳一事務次官のセクハラ疑惑に抗議する野党議員たちの集会写真をツイッターに掲載した上で、「こちらの方々は、少なくとも私にとって、セクハラとは縁遠い方々です」などとコメントしていた件について、ツイートに対しては批判や疑問の声がいくつも寄せられていたという。それは、「お前ら魅力ねーんだよ!」と言っているのと同じ。裁判所に向うときに良くやるパフォーマンス...

  •  0
  •  0

海上保安大卒業式12年ぶりに現役総理として安倍首相出席

広島県呉市の海上保安大学校で卒業式が行われ、安倍総理も出席し、祝辞を述べた。海上保安大学校では42人の本科生が卒業式を迎えた。卒業式には、安倍総理のほか石井国土交通大臣も出席した。現役の総理大臣が卒業式に出席するのは12年ぶりだという。(安倍首相)「現在わが国の海域を取り巻く環境は海上保安庁の歴史で類を見ない厳しさをみせています」「国際感覚を涵養し、自ら考え抜き、従来の発想にとらわれることなく柔軟に事...

  •  0
  •  0

岸田文雄政調会長が同郷広島でつながった山口組元幹部との「親密写真」流出問題

3月2日、大阪・梅田の「ザ・リッツ・カールトン大阪」で開かれた、自民党衆院議員・竹本直一氏(77)の「新春賀詞交歓会」で、自民党の岸田文雄政調会長(60)と、山口組の武闘派組織として名を馳せた「中野会」の元副会長「矢野康夫氏」(本名・若野康夫)が、ガッチリと握手をした写真が週刊紙「FRIDAY」によって報じられた。それによると、矢野氏は、かつて山口組系二次団体の幹部などを歴任し、「中野会」の副会長も務めた。現...

  •  0
  •  0

広島市議投票率が17.04%で過去最低だった辞職市議熊本の妻Vs共産党中石

政務活動費をめぐる詐欺事件で議員が辞職したのに伴う広島市議会議員の安芸区選挙区の補欠選挙が3月18日に投票が行われ、共産党の中石仁氏(55)が、辞職した議員の妻の熊本純子氏(49)を抑えて初めての当選を果たした。一夜明けた19日、安芸区役所では、当選証書の付与式が行われ、中石氏は、選挙管理委員から当選証書を受け取ると「ありがとうございます」と一礼した。このあと、中石氏は記者団に対し「重い責任を感じるととも...

  •  0
  •  0

「憲法9条改正」6割が賛成、広島のおばあちゃん「核ぐらい持て!」

テレビなどのマスコミでは、「憲法9条を守る」ことが平和主義者で善人のごとく報道され続けているが、これは反戦PTSDの病に侵された日本社会を破壊しようとする連中のフェイクニュースだったのだ。そしてサヨク思想満開の広島市において、憲法改正と核爆弾の保有に賛成しているというおばあちゃんにも出会ったのだ。時事通信の2月の世論調査で、憲法9条改正について尋ねたところ、「2項を維持した上で、自衛隊の存在を明記すべ...

  •  0
  •  0

河野太郎外相が強すぎて立憲民主党も終了か

なぜ野党が大敗して自民が圧勝したのかが非常によく分かる出来事が、2月8日の衆院予算委員会であった。河野太郎外相の答弁が明快で強すぎるため、野党である立憲民主党の質疑がひどすぎる感が露呈してしまった。野党は日本語の勉強が足りないのだろうか。立憲の末松義規氏は「日本は唯一の被爆国。米国の核抑止だけに頼るのはおかしい」などと言っていたが、河野氏は「核廃絶を目指すという我が国の方針は変わらないが、現在の北朝...

  •  0
  •  0

中国地方の民進・立憲民主・希望 どーするの?

最近、民進党一派の動きが面白いという。そして、今の野党のおかげで安倍自民一強が続いているという。昨年の衆院選で圧勝した自民党は、森友・加計問題で野党が必死に追及していたが、フタを開けてみれば、多数の民意は自民党に流れた。悪夢の民主党政権時代の血を引き継ぐ民進・立民・希望は、何をやってもダメなのか。特に当時の民主党が決めた朝鮮学校生徒への就学無償化などは、今思えばゾッとするだろう。やっぱり今の野党に...

  •  0
  •  0

【10月の衆院選】広島県内の投票率18歳43%、19歳25%

12月1日、広島県選管は、17年10月22日投開票の衆院選について、県内小選挙区の18、19歳の投票者数と投票率を公表した。18歳は43.87%、19歳は25.95%で、いずれも全有権者の投票率(50.17%)を下回った。市町別では18歳が50%を超えたのは安芸太田、神石高原、世羅の3町だけ。19歳が50%を超えた市町はなかった。選挙権年齢が18歳以上に引き下げられて最初の衆院選となり、まとめた。18歳の投票率は安芸太田町の64.71%がトップで...

  •  0
  •  0