廿日市女子高生殺害犯人の鹿嶋学(35)を逮捕

広島県廿日市市の民家で2004年、高校2年の北口聡美さん(当時17歳)が刺殺された事件で、現場の指紋やDNA型が別事件に関与したとされる男のものと一致し、広島県警は4月13日、山口県宇部市の会社員、鹿嶋学容疑者(35)を殺人容疑で逮捕した。白昼に自宅で女子高校生が襲われた凶悪事件は、発生14年を経て重大局面を迎え、解決に向けて大きく動き出した。県警は男と聡美さんとの接点や動機などを詳しく調べる方針。


【広島・女子高生刺殺事件の経過】

現場は広島県西部の国道沿いの住宅街。聡美さんは昼ごろ自宅に帰宅後、離れの2階にある自室に向かったとみられる。午後3時ごろ、隣接する母屋にいた祖母らが悲鳴を聞いて駆けつけると、1階の階段上がり口で聡美さんが血まみれで倒れていた。その際、若い男が飛び出して来て刃物で祖母の胸などを刺して逃走。聡美さんは首や胸など10カ所以上を刺され失血死し、祖母も重傷を負った。

県警は聡美さんの妹の目撃証言などから、犯人は目が細く、短い茶髪で160~170センチのがっちりした体格に黒い半袖シャツとズボン姿だったとして似顔絵を公表。2階に物色された形跡がなく、執拗に刺す手口などから、当初は聡美さんを狙った犯行との見方を強めていたが、周辺に大きなトラブルは見つからず、捜査は長期化した。

08年には、有力情報の提供者に公費で支払う捜査特別報奨金(上限額300万円)の対象となったが、受付期間(1年)は既に10回延長された。10年からは聡美さんの父忠さん(60)も県警と一緒に情報提供を呼びかけるチラシ配りを始めた。未解決事件を扱うテレビ番組で取り上げられたこともあり、県警には18年1月までに5818件の情報提供があったが、事件解決に結びつく有力な証言などは得られていなかった。(毎日)




鹿嶋学容疑者 似顔絵

北広島町老人ホーム施設長殺害から15年

北広島町で特別養護老人ホームの施設長の男性が殺害されてから15年となる8日、警察官が現場近くでチラシを配り、情報提供を呼びかけた。北広島町大朝で平成12年12月8日、特別養護老人ホームの施設長だった郷田和昭さん(当時49)が老人ホームの近くの田んぼの中で、胸などを刃物で刺されて殺害され、翌日に遺体が見つかった。

事件から15年となる12月8日、現場近くのショッピングセンターの駐車場には警察官9人が出て、情報提供を呼びかけるチラシを配った。警察はこれまで延べ10万人の捜査員を動員して、事件当日に郷田さんと立ち話をしている姿が目撃された2人の男の似顔絵や、当時履いていたとみられる靴を公開するなどして捜査を続けているが、有力な手がかりは得られていないという。警察によると、事件の発生からこれまでにおよそ230件の情報提供があったが、この数年では数件にとどまっているという。(NHK広島)


北広島町大朝で特別養護老人ホームの施設長が殺害された事件


北広島町やすらぎ施設長殺害

白島地下道少女殺害事件(2000年)・広島県警が最新の装置を使って現場の鑑識

15年前、広島市内の地下道で当時16歳の少女が殺害された事件で、広島県警は2月20日、最新装置を使って現場の鑑識活動を行った。県警が新たに鑑識活動をしたのは広島市中区西白島町の地下道。2000年1月、現場近くに住む当時16歳の熊井梢さんが胸などを刃物で刺され殺害されたが、犯人は未だ捕まっていない。最新装置は壁などに特殊な光を当てることで、これまで発見できなかった指紋や遺留物を浮かび上がらせるもので、新たな証拠が見つかる可能性があるという。(HOME)

事件は2000年(平成12年)1月20日(木曜日)午前3時50分ごろ、広島市中区西白島町の城北地下道で、近くに住む熊井梢さん(当時16歳)が、血を流して倒れているのを通りがかった女性が見つけ、近くの交番に知らせた。藤井さんは病院に運ばれたが、右胸など数カ所を刃物のようなもので刺されており、約50分後に死亡した。調べでは現場は全長236メートルの地下道の中間付近。藤井さんは、広島市中区からタクシーで家の近くまで帰り、コンビニエンスストアーで買い物をして、帰宅途中に何者かによって、刃物で刺された。


hiroshimashi_hakushima_01.jpg
hakushima.jpg

呉市焼山老婆殺害事件(2003年)

2003年、呉市焼山桜ヶ丘1丁目で1人暮らしの無職・渡マツ子さん(=当時81歳)が他殺体で見つかった事件で、22日で12年になった。広島県警の捜査本部が1月21日、微細な指紋などの痕跡を採取するための最新装置で犯行現場を再鑑定した。

事件は2003年1月22日午前8時30分ごろ、自宅1階のベッドで死んでいるのを介護に来たホームヘルパーが発見。21日深夜から22日未明にかけて無施錠の上がり口から侵入した犯人が、足が不自由だった渡さんの鼻と口をふさいで窒息死させた。室内に荒された跡がないことなどから、顔見知りの犯行を視野に捜査をしているが、今のところ、有力な情報は得られていない。捜査本部は昨年12月末までに捜査員を延べ約16万人2千人を投入し、現在も31人態勢で捜査を続けているという。(中国)

呉市焼山

スーパーマルショク五日市店従業員殺害事件(2000年)

2000年に広島市佐伯区のスーパーで、従業員の男性が殺害される事件があった。事件は、2000年9月3日の夜(日曜日)、広島市佐伯区五日市中央4丁目のスーパー「マルショク五日市店」で、従業員の新谷進さん(当時36)が胸や腹などをナイフで刺されて殺害され、店の手提げ金庫が奪われた。凶器のナイフは、およそ5キロ離れた太田川放水路の河口付近で見つかった。9月3日で事件発生から13年が経過したが、県警は、新たに業務をはじめた佐伯署に捜査本部を移し、引き続き35人体制で捜査にあたっているという。県警にはこれまでに160件あまりの情報が寄せられたが、容疑者の特定には至っていないという。(RCC)


従業員の新谷進さんが、スーパーの北側商品搬入口で血を流して仰向けに倒れて死んでいるのを店の警備員が発見したのが午後11時40分頃(午後9時過ぎに発見されたとも言われている)。店は午後9時に閉店し、新谷さんが1人で残っていた。午後10時に店がセットする警報装置がセットされていなかったことから、午後9時から午後10時までの間に襲われた可能性が高い。

新谷さんが倒れていた場所から店の北側にある駐車場まで、約50メートルに渡って血痕が残されていた。捜査本部の調べでは、犯人は犯行後、店の北側にあった商品搬入通路から民家の塀を乗り越え逃走したという。

司法解剖の結果、首や顔など7ヶ所を刃物のようなもので切られていたという。新谷さんの左手には抵抗した際について傷もあった。遺体のそばには犯人のものと見られるサングラスが落ちていた。サングラスはべっ甲模様のふちでフランス製。新谷さんの眼鏡が無くなっていたことから、犯人が間違って持ち去った可能性もあるという。

新谷さんの免許証や携帯電話、乗用車の鍵、1階店舗内にあった数千万円と預金通帳の入った手提げ金庫が無くなっていたが、金庫のある1階事務所は鍵が掛かったままで、荒らされた形跡はなかったという。2階には飲食店もあったが、事件当日は休みだった。  

その後の調べで、奪われた手提げ金庫、新谷さんの眼鏡、免許証は現場から約5キロ離れた広島市西区の太田川放水路河口付近で見つかった。手提げ金庫は鍵が開けられており、中身は空だった。免許証は細かく切り刻まれていた。金庫の付近からは凶器と見られる血の付いたナイフが見つかった。ナイフは刃渡り10センチのがまかつ社製の釣り用ナイフ。

犯人らしい人物が現場で目撃されており、年齢30歳から50歳の男とみられる。小太りでほほがふっくらしていたという。身長が150センチから160センチと小柄で、広島県府中市で製造されている「ベトナムズボン」という紺色のズボンをはいていたと見られている。現場に残された足跡は25センチから25.5センチ。

マルショク五日市店 殺人事件

マルショク五日市店 殺人事件01

マルショク五日市店 殺人犯

福山市明王台の未解決主婦殺人事件

1月31日、福山市の住宅地で主婦が殺害された事件の発生から10年が経つのを前に、警察署長が現場で黙とうを捧げ事件解決を誓ったという。事件現場を訪れたのは、捜査本部のある福山西警察署の長尾昭法署長ら11人。住宅はすでに取り壊されていて、今は空き地となった現場には焼香台が設けられ、捜査員が次々に手を合わせ、亡くなった大石朝美さんの冥福を祈った。警察によると、この事件は2001年2月6日の午後1時頃、福山市明王台の主婦、大石朝美さんが自宅の階段で左わき腹にナイフが刺さったまま、死亡しているのが見つかったというもの。家の中から金品が奪われた形跡はなかった。現場には、凶器の果物ナイフと犯人が履いていたとみられるテニスシューズの足跡などが残されていたという。県警はこれまでに延べおよそ12万人の捜査員を投入し、現在も捜査を続けており、事件発生からおよそ150件の情報が寄せられているが、容疑者の特定に結びつくものはなく、2010年は7件とどまった。(RCC)



福山市明王台


福山市明王台1

安佐北区鈴張で起きたひき逃げ未解決事件

広島市安佐北区安佐町鈴張の国道261号で2008年1月、近くの内町スミヱさん=当時(76)=が車にはねられて亡くなった死亡ひき逃げ事件は29日で未解決のまま3年を迎える。昨年1年間に安佐北署に寄せられた情報は1件のみ。同署は29日、事故が発生した時間帯に現場付近で検問を実施し、情報提供を呼び掛けた。内町さんは2008年1月29日午前9時半頃、自宅から約500メートル離れた病院に歩いて向かう途中、車にはねられ死亡した。同署は自動車運転過失致死と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで捜査。事故当時は小雨が降っていた。目撃者はおらず、ブレーキ痕などの手掛かりも残っていなかったという。(中国新聞)



ここは広島市街地(南方向)に向けて、緩やかな下り坂。あっという間に時速70キロは出てしまうから注意が必要だ。


鈴張ひき逃げ事故


北広島町大朝で特別養護老人ホームの施設長が殺害された事件

2000年12月、広島県北広島町大朝の特別養護老人ホーム「やすらぎ」の施設長だった郷田和昭さん(当時49)が刺殺された事件は、9日で遺体発見から10年となる。山県署の捜査本部は犯人逮捕につながる有力な手掛かりを得られていないという。

4月には改正刑事訴訟法施行で殺人など凶悪事件の公訴時効が廃止された。郷田さんの遺体は00年12月9日午前8時頃、ホーム近くの田で発見された。ホームを出た直後の8日夕に殺害されたとみられ、胸など数カ所に刺し傷があった。凶器は見つかっておらず、犯人に結びつく物的証拠もほとんど残されていなかった。現場は人通りの少ない田園地帯。捜査本部の幹部は「認知が遅れ目撃情報も乏しい。ここ数年は情報提供もない」と捜査難航の理由を挙げる。事件の動機となるトラブルなども把握できていないという。ただ8日夕、現場付近で郷田さんと立ち話をしていた作業員風の男性2人が目撃されている。証言から1人は40~50代で身長165~175センチの丸顔、痩せ形、もう1人は40代で身長約170センチの面長、痩せ形という。(中国新聞)

当時、郷田さんのワゴン車が脱輪した状態で止まっているのが見つかっているが、車のハンドルには血痕がつき、携帯電話とセカンドバックが奪われたが、セカンドバックは殺害現場から南に約10キロ離れた千代田町の水田で発見されたようだ。胸や腹などを10ヵ所以上をメッタ刺しにされていたというから、個人的な恨みによるものではないか。メッタ刺し事件は、ほんの些細なトラブルら事件に発展することもあるような気がする。

【関連記事】
・廿日市市高校生殺害事件一斉聞き込み開始


大朝やすらぎ
特養やすらぎ付近

大朝特養やすらぎ
特養やすらぎ

大朝1

大朝4

千代田春木
セカンドバッグが捨てられていた旧千代田町春木付近

大朝 郷田

大朝犯人像