カテゴリ虐待 1/3

2017年度全国の児童虐待件数順位 ― 10万人当たり広島4位

全国の児童相談所が2017年度に対応した児童虐待件数は、前年度比1万1203件(9.1%)増の13万3778件(速報値)となったことが厚生労働省のまとめで分かった。子どもの目の前で親が配偶者に暴力を振るう「面前DV」の通告が警察から増えたことが主な要因で、1990年度の統計開始以来、27年連続で最多を更新した。虐待の内容別では、暴言や無視、面前DVなどの「心理的虐待」が9011件増の7万2197件で、全体の54.0%を占めた。身体的虐待...

  •  0
  •  0

交際相手の4歳児の背中を殴ってけがをさせた刑務官を逮捕

交際相手の4歳の息子を殴りけがをさせたとして、刑務官の男が警察に逮捕された。逮捕されたのは、広島刑務所三次拘置支所の刑務官・吉岡直樹容疑者。警察によると吉岡容疑者は、6月12日に三次市内の交際相手の女性のアパートで、女性の4歳の息子の背中を数回殴り、全治9日のけがをさせた疑いがもたれている。児童相談所からの通報で事件が発覚した。吉岡容疑者は「風呂から出しただけで叩いていない」と供述しているという。警察は...

  •  0
  •  0

子どもの目前で暴力を振るう広島の夫婦が増加

広島県の子ども家庭センターが、2016年に県民や市町、学校などから受けた児童虐待の相談、通報などの件数は2066件(前年度比176件増)で、8年連続で過去最多を更新した。経路別では、「警察からの通告」が前年度比65件増の845件で最多。2番目は「市町からの通告」で361件(前年度比105件増)。「学校などの通告」が183件(前年度比50件減)、近隣・知人の通報などが170件(前年度比44件減)、家族の相談が139件(前年度比28件増)...

  •  0
  •  0

生後8カ月の赤ちゃんを見殺しにした呉のアンポンタン夫婦に懲役9年の判決

16年3月、呉市で生後8カ月の赤ちゃんを放置して死亡させたとして、保護責任者遺棄致死の罪に問われた両親の裁判で、広島地方裁判所は「親としての自覚や責任感が乏しい」などとして2人に懲役9の実刑判決を言い渡した。16年3月、呉市の住宅で生後8カ月の男の子、新井璃音ちゃんが死亡しているのが見つかり、父親の新井真央被告(42)と母親の綾香被告(23)が十分な食事を与えず放置して死亡させたとして、保護責任者遺棄致死の罪に...

  •  0
  •  0

庄原で児童虐待が増加、過去最多

2015年度に庄原市へ寄せられた児童虐待の相談件数が104件に上り、過去最多となったという。前年度比31件の増加だった。相談の内訳は、食事を与えないなどのネグレクト(育児放棄)が53件、子供の目の前で配偶者たちに暴力を振う「面前ドメスティックバイオレンス(DV)」を含む心理的虐待が41件、身体的虐待が10件となった。虐待したとして疑われたのは、実母が約6割、実父が約3割だった。相談は保育所や小中学校、近所の人たちか...

  •  0
  •  0

猫25匹を虐待した疑いで男を逮捕

6月7日、広島中央署は住所不定、自称風俗店店員大西誠次郎容疑者(25)を動物愛護法違反の疑いで逮捕した。調べでは大西容疑者が血統書付きの猫を販売目的で飼育していた2015年5月8日〜同6月22日に、広島市中区銀山町の自宅で飼っていたシャム猫など25匹に餌や水を与えず衰弱死させ、このうち4匹を死なせた疑い。14年には栃木県でペットショップの元店員2人が生きた犬8匹と犬72匹の死骸を捨てる事件があり、宇都宮簡裁が2人に罰金...

  •  1
  •  0

プロレス技で85歳男性を介護した元施設管理者に罰金30万円

福山市の介護施設で、認知症の入居男性にプロレス技をかけ暴行の罪に問われていた元施設管理者の男の裁判で、広島地方裁判所・福山支部は罰金30万円の有罪判決を言い渡した。判決を受けたのは、福山市御幸町の介護施設『グループホーム・かざぐるま』の元施設管理者・岡﨑正晶被告。この裁判は岡﨑被告が去年4月と5月、施設の共有スペースの和室で、当時85歳の男性入居者に対し『4の字固め』と呼ばれるプロレスの関節技を掛け、暴...

  •  0
  •  0

福山のプロレス介護士を逮捕

入居者の認知症のお年寄りに職員が虐待を行っていたとして去年12月、行政処分を受けた福山市の介護事業所で、職員がお年寄りにプロレスの技をかけたとして暴行の疑いで警察に逮捕された。調べに対し容疑を否認しているという。逮捕されたのは福山市御幸町の介護事業所、「グループホームかざぐるま」の職員、野本篤広容疑者(29)。警察によると野本職員は去年3月、入居している85歳の認知症の男性にプロレスの関節技をかけたとし...

  •  0
  •  0

福山の介護施設で認知症高齢者にプロレス技「4の字固め」

広島県福山市御幸町の介護事業所「グループホームかざぐるま」で、30代の男性介護職員が入居している80代の認知症の男性に、両足を押さえつけるなどの虐待をしていたことが11月30日、分かったという。20代の男性職員も数人に暴言を吐くなどの心理的虐待を行っていたことが判明し、福山市は同事業所への行政処分を検討しているという。同事業所によると、30代の男性職員は今年6月ごろ、入居している認知症の男性の足に、プロレス技...

  •  0
  •  0

4ヶ月の長女の頭をブン殴って虐待した23歳の広島男

去年11月、安芸郡熊野町の自宅などで、生後4ヵ月の長女の頭に暴行を加えて重傷を負わせた父親が、傷害の疑いで逮捕された。逮捕されたのは、安芸郡熊野町の無職・須藤恵太容疑者(23)。警察によると、須藤容疑者は去年11月、自宅などで当時生後4ヵ月の長女の頭に暴行を加えて、頭蓋骨を骨折させるなど全治1ヵ月の重傷を負わせた傷害の疑いが持たれている。須藤容疑者は妻と長女の3人暮らしで、犯行当時は外出中で、帰宅...

  •  0
  •  0