カテゴリ平尾龍磨受刑者 1/3

刑務所から逃走した平尾被告「再犯の恐れ高い」懲役4年の判決

今年4月、愛媛県今治市の刑務所から脱走し、盗みを繰り返しながら3週間余りにわたって逃走を続けた男の裁判で、松山地方裁判所は懲役4年の判決を言い渡した。愛媛県今治市の刑務所に服役していた平尾龍磨被告(27)は今年4月、作業場から脱走し、今治市内や広島県内で乗用車や現金などを盗みながら3週間余りにわたって逃げ続けたとして、逃走や盗みなどの罪に問われた。裁判では、検察が懲役6年を求刑したのに対し、弁護側は「被告...

  •  0
  •  0

逃走続けた平尾龍磨被告に懲役6年求刑

4月に愛媛県の刑務所施設から男が脱走し、尾道市の向島などで潜伏を続けた事件で、検察は、「住民の日常生活にも多大な影響が及んだ」と指摘した。逃走や窃盗などの罪に問われている平尾龍磨被告に、検察側は懲役6年を求刑した。起訴状によると、平尾龍磨被告は、今年4月、愛媛県今治市にある松山刑務所・大井造船作業場、通称「塀のない刑務所」から逃走し、住宅から車や現金を盗んだ後、尾道市の向島まで逃げた。そして、空き家...

  •  0
  •  0

平尾容疑者・対岸まで300メートルの場所を泳いだか

愛媛県今治市から逃走した受刑者の平尾龍磨容疑者(27)が、尾道市・向島などに一時潜伏し、広島市南区で逮捕された事件で、愛媛県警は5月10日、向島の潜伏現場などで同容疑者の立ち会いの下、逃走時の状況を確認した。平尾容疑者を乗せた警察の車両は午後2時すぎ、向島の北東部に到着。今治からの盗難車を乗り捨てた尾道大橋付近の駐車場や、屋根裏に潜伏していたと供述している岩屋山近くの無人の別荘周辺を回った。尾道水道に面...

  •  0
  •  0

向島を本州と勘違いしていた平尾容疑者

愛媛県の刑務所から逃走し、逮捕された平尾容疑者が「向島」について当初「本州だと思った」などと話していることが分かった。平尾龍磨容疑者(27)は松山刑務所の作業場から逃げ出した後、2週間あまり向島に潜伏していたが、捜査関係者によると、当初、向島を「本州だと思った」などと話していることが分かった。平尾容疑者は盗難車で愛媛から「しまなみ海道」を使って逃げていて、本州だと思って向島に入り、海岸を走った際に「...

  •  0
  •  0

平尾容疑者がまた屋根裏に潜伏、尾道市の住人「物音しなかった」

平尾容疑者は、尾道市内の住宅の屋根裏に5日間にわたって潜伏していたという。平尾龍磨容疑者(27)は、刑務所から脱走後、広島県の向島に潜伏し、4月24日に海を泳いで本州側に渡り、その後、5日間にわたって広島県尾道市にある住宅の屋根裏に潜伏していたという。その住宅の所有者の男性は「物音は一切しませんでしたから。(現金2万円が)なくなっていたのは分かっていたんですけど、僕も落としたのかなって最初は思っていたので...

  •  0
  •  0

「岡山を目指していたが、途中で広島に変更」平尾容疑者

愛媛県の刑務所から脱走した平尾受刑者が逮捕された事件で、調べに対し本州に逃走した際の行動について「バイクを盗み、大きなまちに行こうと当初、岡山方面を目指したが、途中で広島方面に行き先を変えた」と供述していることが分かった。これまでの警察の調べで尾道市の向島で空き家や無人の別荘に潜伏したあと、4月24日ごろ、瀬戸内海を泳いで本州に渡ったとみられている。その後の調べで平尾容疑者が「海を渡る際、ポリ袋に着...

  •  0
  •  0

平尾容疑者が潜伏していた向島の空家の場所

愛媛県今治市の松山刑務所大井造船作業場から逃走した受刑者の平尾龍磨容疑者(27)が、一時潜伏していたとみられる向島の家屋にカップ麺やパンなどの食料が置いてあったことが、所有者の女性(70)=奈良県在住=により分かった。電気や水道が通っており、テレビが設置されていた。家屋は木造瓦ぶき2階建て。島北部の岩屋山の南側斜面に沿って並ぶ住宅の中にあり、雑木林に面している。女性の夫(74)は広島県内の別の島出身。定...

  •  0
  •  0

「向島から本州まで泳ぐのに1時間かかった。死ぬかと思った」平尾容疑者

逃走から23日目に広島市で逮捕された平尾龍磨容疑者は、向島から本州まで泳ぐのに「1時間かかった。死ぬかと思った」と話していることが分かった。平尾容疑者が潜伏していたという向島にある別荘は、捜査関係者によると、屋根裏にはテレビが持ち込まれ、ふとんや食糧もあったという。平尾受刑者は、テレビで自分のニュースを見ていて賞味期限切れの米などを食べていたと話しているという。「刑務官が嫌だった」というメモも見つか...

  •  0
  •  0

売出し中の無人別荘の屋根裏に潜伏していた平尾容疑者

愛媛県の刑務所から脱走した平尾受刑者が4月30日、逮捕された事件で、広島県尾道市の島にある無人の別荘の屋根裏に隠れていたと供述していることが分かった。屋根裏にはテレビなどが持ち込まれていて、警察は長期間、この場所に潜伏していたと見て調べている。4月8日に愛媛県今治市の松山刑務所の作業場から脱走した平尾龍磨容疑者(27)は、3週間余りにわたって逃走を続けた末に30日、広島市内で逮捕された。警察のこれまでの調...

  •  0
  •  0

受刑者を指導する委員だった平尾龍磨容疑者

平尾龍磨容疑者は、松山刑務所大井造船作業場での信頼が厚く、受刑者を指導する委員を務めていた。「作業場で頑張って、早く出所したい」と面談で語っていたが、脱走前には刑務官に叱責され、落ち込んだ姿を見せていた。松山刑務所によると、2015年6月に同刑務所に収容後、精神状態が安定しているといった基準を満たし昨年12月、開放的施設の作業場へ入った。作業手順が評価され、刑務官の注意事項を伝えるなどする安全対策の委員...

  •  0
  •  0