カテゴリ死体遺棄 1/1

同居する弟と妻の死体を遺棄した男を逮捕

福山市の住宅で男女2人の遺体が見つかり、この家に住む66歳の男が死体遺棄の疑いで逮捕された。警察によると、死亡していた男性は同居する弟で女性は男の妻とみられる。逮捕されたのは、福山市木之庄町の無職、原久佳容疑者(66)。警察によると、同居する弟の雅昭さん(63)と、原容疑者の66歳の妻と見られる女性の遺体を自宅に放置したとして死体遺棄の疑いが持たれている。雅昭さんと連絡が取れなくなったことから知人の男性が2...

  •  0
  •  0

92歳の母親が死んだ、どうしたらいいか分からずそのまま放置した51歳の女

福山市の自宅に母親とみられる高齢の女性の遺体を放置したとして、2月17日未明、51歳の女が逮捕された。逮捕されたのは、福山市水呑向丘の無職・藤枝真弓容疑者。警察の調べによるすと、藤枝容疑者は、去年12月下旬ごろから、2月16日までの間に、集合住宅にある自宅の居間に遺体を放置した疑いが持たれている。 調べに対し藤枝容疑者は、「死んだのは母で、どうすればいいかわからず、放置していた」と話し、容疑を認めているとい...

  •  0
  •  0

因島の息子が父親がミイラになるまで死体を放置

尾道市で病気療養中の父親を放置し、その後、死亡したにも関わらず年金を不正に受給したとして、保護責任者遺棄などの疑いで同居していた息子が逮捕された。逮捕されたのは尾道市因島土生町の無職・濱本晴樹容疑者(64)。警察によると、濱本容疑者は2013年3月ごろ、病気療養中だった父親の猛さんを病院に連れて行くことなく放置し、その後死亡したにも関わらず年金を不正に受給していた、保護責任者遺棄と詐欺の疑いが持たれてい...

  •  0
  •  0

妻の死体を自宅に放置した福山の警備員

自宅に女性の遺体を放置した疑いで、福山の警備員の男が逮捕された。遺体は妻の可能性があるとみられている。  広島県福山市の警備員・長沢佳司容疑者(62)は、16年9月下旬ごろから自宅に女性の遺体を放置した疑いが持たれている。11月26日、別に暮らしていた息子が、長沢容疑者の自宅2階の和室で普段着のまま横たわっていた遺体を見つけた。警察の調べに対して、長沢容疑者は「遺体があることは知らなかった」と容疑を否認して...

  •  0
  •  0

自宅の蔵に母親の死体を遺棄した世羅の男

自宅の蔵に母親とみられる遺体を遺棄した疑いで世羅町の62歳の男が逮捕された。自称無職の森光貢容疑者(62)は去年4月下旬ごろ、世羅町の自宅の蔵に遺体を遺棄した疑いが持たれている。近所の人から「最近、母親の姿を見ない」と相談を受けた警察が森光容疑者に事情を聴いたところ犯行を認め、自宅の蔵から一部が白骨化した遺体が見つかった。調べに対し「母親の遺体を放置しました」と容疑を認めているという。近所の人は「(母...

  •  0
  •  0

呉で生後8カ月の赤ちゃんが変死、無職の両親を逮捕

呉市の住宅で、生後8カ月の男の子の赤ちゃんが亡くなっているのが見つかり、警察はこの家に同居する両親を保護責任者遺棄の疑いで逮捕した。調べに対し夫は容疑を否認しているという。3月2日午前8時ごろ、呉市吉浦神賀町の住宅で「赤ちゃんが冷たくなっている」と、この住宅に同居する父親から消防に通報があった。警察と消防が現場に駆けつけたところ、この住宅に住む生後8カ月の男の子が1階の和室で布団に寝た状態で倒れている...

  •  0
  •  0