みどり坂小学校のプールで監視員が盗撮

夏休みでプールが開放された広島市内の小学校で、女子更衣室に侵入したとして、プール監視員の大学生が逮捕された。建造物侵入の疑いで逮捕されたのは、広島市安芸区の大学生・井上翼容疑者(21)。警察によると、井上容疑者は8月8日、広島市安芸区のみどり坂小学校で、プールに併設されている女子更衣室に侵入した疑い。女子児童が、更衣室の棚にペン型のカメラが置いてあるのを見つけ、アルバイト監視員の井上容疑者が自分の物だと名乗り出たという。調べに対し井上容疑者は、「間違いありません」と容疑を認めており、警察は、盗撮目的とみて調べている。事件の影響で、みどり坂小学校では、夏休み中のプールの開放を中止した。(NNN)



安芸区 プール盗撮

大竹の銀行員が盗撮で逮捕

広島市のディスカウントストアで22歳の女性のスカートの下にスマートフォンを入れ、カメラ機能を使い撮影したとして、大竹市の銀行員が警察に逮捕された。逮捕されたのは大竹市油見の銀行員、三井健司容疑者(30)。警察によると、三井容疑者は7月9日午後9時すぎ、広島市中区のディスカウントストアで22歳の会社員の女性のスカートの下にスマートフォンを入れてカメラ機能を使い撮影したとして、広島県迷惑防止条例違反の疑いが持たれている。店内を巡回していた保安員が盗撮しているのを見つけて取り押さえ、警察に通報したという。三井容疑者は調べに対し「間違いない」と容疑を認めているということで、警察は押収したスマートフォンを詳しく調べている。(NHK広島)

愛知県民がマツダスタジアムで盗撮、現行犯逮捕

6月5日午後0時50分ごろ、広島東署は愛知県豊田市山之手、会社員深谷祐介(27)を県迷惑防止条例違反(卑わいな言動)の疑いで現行犯逮捕した。調べでは、広島市南区のマツダスタジアムのコンコースで、女性のスカート内に背後からカメラを入れたバッグを差し入れた疑い。同署によると、目撃者から通報を受けた警備員が取り押さえたという。(中国)

園児の裸を撮影した元保育士に懲役2年6カ月、執行猶予4年の判決

広島市の保育施設で、3歳の女の子の裸を撮影した罪などに問われた元保育士の男の裁判で、広島地方裁判所は、執行猶予付きの有罪判決を言い渡した。判決によると、元保育士の山田智也被告は15年5月、当時勤めていた広島市の認可外保育施設で、着替えをしていた3歳の女の子の裸を、デジタルカメラで撮影するなどした。

広島地裁の河村宜信裁判官は、「性的満足を得るための身勝手な動機による、被害者の未熟な心を利用した悪質な犯行」と指摘。一方で、「前科はなく、被害者と示談が成立している」などとして、山田被告にを言い渡した。(RCC)



女児裸撮影 山田智也被告

東広島市の介護保険課職員を盗撮容疑で現行犯逮捕

4月23日夕方、東広島市職員の男が女子大学生のスカート内を盗撮したとして、現行犯逮捕された。県迷惑防止条例違反で現行犯逮捕されたのは、東広島市の介護保険課職員、平田亮容疑者(25)。警察によると、平田容疑者は23日午後4時5分ごろ、広島市中区新天地にあるディスカウントストアーのエスカレーターで、小型カメラを隠したショルダーバッグを女子大学生のスカート内に差し入れた疑いが持たれている。その様子を店内の保安員が確認し、現行犯逮捕された。調べに対し平田容疑者は、「盗撮したことに間違いありません」と容疑を認めているという。警察は余罪についても調べている。(TSS)


東広島市職員を懲戒免職処分

広島市内のディスカウントストアで女性のスカートの中を撮影したとして逮捕され、罰金20万円の略式命令を受けた東広島市役所の25歳の男性職員について、市は5月11日付けで懲戒免職処分にした。懲戒免職になったのは、東広島市介護保険課の平田亮主事(25)。

東広島市によると、平田主事は、4月23日、広島市のディスカウントストアで女性のスカートの下に小型カメラを入れて撮影したとして、広島県迷惑防止条例違反の疑いで警察に逮捕され、その後、裁判所から罰金20万円の略式命令を受けた。市の調査に対し平田主事は「仕事やプライベートがうまくいかず、ストレスがたまってやってしまった。大変申し訳ないことをした」などと話しているということで、市は、公務員の信頼を失墜させたなどとして、11日付けで懲戒免職処分にした。

東広島市役所では、今年1月にも無免許運転や運転免許証の偽造で職員2人が懲戒免職になるなど、不祥事が相次いでいる。これについて東広島市の蔵田義雄市長は、「信用失墜行為が再び起きることのないよう、法令順守の意識を徹底し、綱紀粛正に向け最大限の努力をしたい」とコメントしている。(NHK広島)

2年間盗撮を繰り返した28歳の広島市職員を懲戒免職

広島市の28歳の男性職員が、市内の店舗で女性のスカートの中を盗撮したなどとして、市はこの職員を2月26日付けで懲戒免職にした。懲戒免職になったのは広島市中区役所生活課主事の小林弘樹主事(28)。広島市によると小林主事は1月9日、広島市中区の雑貨店で盗撮しようと女性のスカートの中にデジタルカメラを入れたとして、県の迷惑防止条例違反の疑いで警察に逮捕されたほか、この日、別の店でも女性のスカートの中を盗撮したとして追送検されている。

市の調査に対し、「およそ2年にわたって手提げかばんにデジタルカメラを仕掛ける手口で、あわせて80回程度の盗撮を繰り返していた」などと話しているという。市は、市民の信頼を失墜させたとして、26日付けで処分した。広島市の中尾博文服務担当課長は、「市民に大変申し訳ない。再発防止のため研修などを行いたい」としている。(NHK広島、TSS)


広島市中区役所の職員がディスカウントショップで盗撮


広島市役所

江田島市職員が盗撮で逮捕

1月13日夕方、江田島市職員の男が女子高校生のスカート内を盗撮したとして、現行犯逮捕された。現行犯逮捕されたのは、江田島市福祉保健部の主任主事・梶川覚容疑者(37)。警察によると、梶川容疑者は13日午後6時45分ごろ、広島市南区の書店でスマートフォンを隠した手提げカバンを女子高生のスカート内に差し入れた疑いが持たれている。その様子を店内の保安員が確認し、梶川容疑者は現行犯逮捕された。調べに対し梶川容疑者は「間違いない」と容疑を認めているという。これを受け、江田島市は「事実関係を確認し、厳正に対処する」とコメントした。梶川容疑者は2008年にも女子高生のスカート内を盗撮したとして逮捕され、停職3ヵ月の処分を受けていた。(TSS)



江田島市役所

江田島市職員 盗撮

広島市中区役所の職員がディスカウントショップで盗撮

1月9日夜、広島市中区のディスカウントショップで、女性のスカートの中を盗撮しようとした広島市の職員が県迷惑防止条例違反の疑いで現行犯逮捕された。逮捕されたのは広島市中区役所・生活課の主事小林弘樹容疑者。警察の調べによると、小林容疑者は、9日午後8時半頃、広島市中区のディスカウントショップで、24歳の保育士の女性のスカートの下にデジタルカメラを差し向け盗撮しようとした疑いがもたれている。小林容疑者は9日は休みで、女性とは面識はなく、小林容疑者が盗撮しているのを見つけた保安員が声をかけて現行犯逮捕した。小林容疑者は容疑を認めているという。(TSS)