奈良の女性殺人死体遺棄事件で広島の男に懲役17年の判決

去年秋、広島県の民家から斑鳩町の女性の遺体が見つかり、元同僚の男が殺人と死体遺棄などの罪に問われた裁判で、奈良地裁は5月17日、男に懲役17年を言い渡した。殺人と死体遺棄などの罪に問われていたのは、広島市の無職、染井俊一被告(38)。

判決によると、染井被告は17年10月、大和郡山市内のホテルで同じ飲食店に勤めていた元同僚で交際相手の田島友美さん・当時35歳の首を両手で締めて殺害。遺体を車で運び、広島県呉市にある親族が所有する民家の床下の貯蔵庫に遺棄したなどとしている。

17日の判決で西川篤志裁判長は、染井被告は別れ話の中で田島さんの言葉にこれまでの関係を全て否定されたと感じて突発的な犯行に及んだが、手が痺れるほど強く首を絞めて殺害しており、強固な殺意は明らかと指摘した。ただ、染井被告が反省の態度を示し、遺族に150万円を支払うなどしていることから、懲役20年の求刑に対し懲役17年の実刑判決を言い渡した。(奈良TV)


奈良の女性の死体を呉の住宅に遺棄した男を逮捕


殺人 広島の染井被告

スポンサーリンク

家族を殺した71歳の男を逮捕

5月9日朝、広島市東区の市営住宅で70代と30代の親子とみられる女性2人が死亡しているのが見つかった。警察によると70代の女性の夫とみられる男が「自分が殺した」などと話しているという。警察によると9日午前8時半すぎ、広島市東区牛田早稲田の市営住宅の1室で「家族が死んでいる」とこの家に住む71歳の男から警察に通報があった。警察が駆けつけたところ、70代と30代の親子とみられる女性2人が別々の部屋で布団の上に倒れているのが見つかり、いずれも死亡が確認された。男は70代の女性の夫とみられ「自分が殺した」などと話しているという。警察は男から事情を聴き詳しい状況を調べている。(NHK広島)


娘に「殺してほしい」と言われて殺害か

9日朝、広島市の市営住宅で、70歳の母親と35歳の娘が死亡しているのがみつかった。同居する71歳の父親は「娘が母親を殺した。娘に殺して欲しいと言われて自分が殺した」と話しているという。警察は、父親を娘に対する殺人の疑いで逮捕した。警察によると、9日午前8時40分ごろ、広島市東区牛田早稲田の市営住宅の一室で、「家族が死んでいる」という内容の110番通報があった。

警察官がかけつけたところ、住人の上柳鈴子さん(70)と長女の美晴さん(35)が、別々の部屋のベッドの上でそれぞれ仰向けとうつ伏せの状態で倒れているのが見つかり、死亡が確認された。2人の首には、ひものようなもので絞められたあとがあったという。通報してきた同居する父親・上柳正男容疑者(71)は、警察の任意の事情聴取に対し「娘が母親を殺した。娘に殺して欲しいと言われて自分が殺した」と話しているという。警察は、上柳正男容疑者を長女・美晴さんに対する殺人の疑いで逮捕した。今後、話している内容について慎重に裏付けを進めるとともに動機などについて調べる方針。(RCC)



東区牛田早稲田 市営住宅

スポンサーリンク

世羅町で会社員の夫が妻をボコボコにして死亡させる

4月27日午前1時10分ごろ、広島県世羅町小世良の民家内で住人の無職女性(59)が死亡しているのが見つかった。世羅署は夫で会社員の奥野文夫容疑者(60)を傷害の疑いで逮捕した。逮捕容疑は26日夜、自宅内で女性の頭部や下腹部を数回足で蹴るなどし、頭や腹に打撲などのけがをさせた疑い。「間違いありません」と供述しているという。同署は傷害致死容疑なども視野に後日、司法解剖して女性が死亡した経緯などを調べる。

同署や尾道市消防局によると、奥野容疑者は27日午前1時すぎ、警察に通報。その後「(女性が)トイレで倒れて冷たくなっている。先ほどまで心臓マッサージをしていた」と消防にも通報した。女性の体には、あさが複数あったという。

住民などによると、奥野容疑者と女性は2人暮らし。26日は深夜まで自宅の電気が消えなかったという。同署は夫婦間で何らかのトラブルがあったとみている。現場は町役場から1キロ南東の国道184号沿いで、民家や田畑が点在している。(中国)

スポンサーリンク

介護に疲れて妻の頭を金づちで殴って殺そうとした男を逮捕

4月20日夜、広島県三次市の住宅で81歳の無職の男が77歳の妻を金づちで殴り、殺害しようとした疑いで逮捕された。殺人未遂の疑いで逮捕されたのは、三次市十日市中の無職、谷尻肇容疑者(81)。

警察の調べによると、谷尻容疑者は20日午後8時ごろ、自宅1階の部屋で、77歳の妻の頭を金づちで数回たたき、殺害しようとした疑いが持たれている。妻は頭を切るなどのケガをしたが、命に別状はないという。谷尻容疑者は警察の取り調べに対し、「介護に疲れて殺そうと思った」と供述し容疑を認めている。警察は、妻の介護をしていた谷尻容疑者が介護疲れで犯行に及んだものとみて、詳しい経緯などを調べている。(TSS)



三次市十日市中 谷尻殺人

スポンサーリンク

安佐北のホテルで女性が刺されて死亡

広島県警によると、4月16日午後1時半ごろ、広島市安佐北区のホテルで女性が倒れていると消防に通報があり、搬送先の病院で死亡が確認された。県警は女性を刺したとして、殺人未遂の疑いで40代の男を現行犯逮捕した。(中国)

4月16日午後、広島市安佐北区のホテルで、部屋に一緒にいた知人の女性を包丁で刺したとして、44歳の男が殺人未遂で現行犯逮捕された。女性は病院に運ばれ、死亡が確認された。逮捕されたのは、広島市西区楠木町の会社員・吹上圭容疑者(44)。警察の調べによると、吹上容疑者は16日午後1時20分ごろ、広島市安佐北区小河原町のホテルの部屋で、一緒にいた48歳の知人の女性の胸などを数回にわたって包丁で刺した。

吹上容疑者がホテルのフロントに連絡して事件が発覚し、現場に駆け付けた警察官が殺人未遂で現行犯逮捕した。刺された女性は病院に運ばれたが、およそ1時間後に死亡が確認された。吹上容疑者は「刺したことは間違いない」と容疑を認めている。 警察は容疑を殺人に切り替えて、詳しい犯行の経緯や動機などを捜査している。(TSS)




広島市安佐北区小河原町 ホテル殺人事件

スポンサーリンク

兄に胸を刺された男が死亡

4月2日夕方、福山市の路上で63歳の男性が刃物で左胸を刺されて死亡した。警察は現場にいた70歳の兄を殺人未遂の疑いでその場で逮捕した。2日午後6時すぎ、福山市南蔵王町の路上で「男が男性を刃物で刺した」と通りかかった人から警察に通報があった。

警察が駆けつけたところ、岡山県笠岡市の会社員、本原英二さん(63)が刃物で左胸を刺されて倒れているのが見つかり、病院に搬送されたが、およそ1時間半後に死亡した。警察は現場にいた兄で福山市東深津町の無職、本原勉容疑者(70)を殺人未遂の疑いでその場で逮捕した。

警察によると、持っていた手提げかばんの中から凶器とみられる包丁が見つかったということで、調べに対し「包丁で切りつけたことは間違いないが、殺そうとは思っていなかった」などと供述しているという。警察は容疑を殺人に切り替えて詳しい動機などを調べることにしている。(NHK広島)




福山市 殺人事件

スポンサーリンク

オウム真理教死刑囚1人が広島拘置所に移送

法務省は、オウム真理教の一連の事件で死刑が確定した死刑囚うち1人を3月14日、広島拘置所に移送した。13人が死亡し、6300人以上が負傷した1995年の地下鉄サリン事件など、オウム真理教が起こした一連の事件をめぐっては、麻原彰晃こと松本智津夫死刑囚ら、13人の死刑が確定している。このうち7人について、法務省が14日未明から別の拘置所に移送を始めていた。 広島拘置所には1人が移送されたものとみられていて、法務省は死刑囚の名前を明らかにしていない。今回の移送は死刑執行の準備の一環とみられている。(TSS)


関係者によると、移送されたのは、中川智正(55)、新実智光(54)、林(小池に改姓)泰男(60)、早川紀代秀(68)、井上嘉浩(48)、横山真人(54)、岡崎(宮前に改姓)一明(57)の各死刑囚。

死刑の執行ができる施設は全国で、東京、大阪、名古屋、札幌、仙台、広島、福岡の7カ所の拘置所。関係者によると、松本死刑囚は移送されないという。死刑囚7人について、札幌を除いた5カ所へ東京から移し、3月15日にも全員の移送を終えるという。

通常、死刑囚は刑事裁判が確定した裁判所の地域を管轄する拘置所に収容されるが、共犯者が多数の事件などでは別の拘置所に移すケースもあるという。(毎日)


広島拘置所に中川智正死刑囚(55)が移送

オウム真理教による一連の事件で死刑が確定した13人のうち、3月14日東京拘置所から出された7人は、移送がすべて終わり、広島拘置所には中川智正死刑囚(55)が移送されたとみられる。

オウム真理教による一連の事件では、麻原彰晃、本名・松本智津夫死刑囚(63)など13人の死刑が確定し、このうち7人が、14日に東京拘置所から大阪、名古屋、広島、福岡、仙台の5カ所の拘置所に向けて移送された。このうち広島拘置所には中川智正死刑囚(55)が移送されたとみられる。

一方、教団の元代表の松本死刑囚は、東京拘置所に残された。この時期に移送された背景には、一連の事件の刑事裁判がことし1月にすべて終結し、教団の死刑囚が法廷で証言を求められる機会がなくなったことがあるという。また、刑の執行に向けた準備とも関連があるものとみられ、今後は刑の執行の時期が焦点となる。(NHK広島)







オウム審理教死刑囚 広島拘置所


スポンサーリンク

知人の女性を絞殺して尾道の雑木林に遺棄した風俗店元店長に無期懲役が確定

預かった金の返済を免れるため、知人の女性を殺害したとして強盗殺人などの罪に問われた福山市の風俗店の元店長に対して、最高裁判所は上告を退ける決定を出し、無期懲役が確定することになった。福山市の風俗店の元店長、廣保雄一被告(39)は一昨年1月、知人の女性(当時39)にもうけ話を持ちかけて預かった250万円あまりの返済を免れるため、女性の首を絞めて殺害し、尾道市の雑木林に遺棄したなどとして、強盗殺人や死体遺棄などの罪に問われた。

裁判で元店長は起訴された内容を認め、刑の重さが争われた。1審の広島地方裁判所と2審の広島高等裁判所は「身勝手な動機に酌むべき点はない」などとして、検察の求刑どおり無期懲役を言い渡した。これに対して被告側が上告していたが、最高裁判所第2小法廷の鬼丸かおる裁判長は2月7日までに上告を退ける決定を出し、無期懲役が確定することになった。(NHK広島)

スポンサーリンク

流血して倒れた90代女性が見つかる

1月18日午前9時すぎ、広島市安佐北区にある住宅の納屋で、90歳の女性が血を流して倒れているのが見つかり、病院に運ばれたが死亡が確認された。18日午前9時すぎ、広島市安佐北区飯室の飲食店と住宅が隣接した建物の納屋で、この住宅に住む上多鶴子(うえ・たづこ:雨冠に鶴)さん(90)が倒れているのを訪れた介護職員が見つけて警察に通報した。

上さんは意識不明の状態で病院に運ばれたが、まもなく死亡が確認された。上さんは一人暮らしで、発見当時、絨毯のようなものがかけられていたという情報があり、消防などによると上さんは発見時、頭から血を流していたという。警察は、殺人事件の可能性も視野に事件と事故の両面で詳しい状況を調べている。(TSS)



安佐北区飯室 殺人事件2

スポンサーリンク

安佐北区可部で男性2人が刺され1人死亡

1月14日夜遅く、広島市安佐北区の路上で男性2人が男に相次いで刃物で刺され、このうち1人が死亡した。男は逃走したが、警察はその後33歳の男を逮捕した。事件があったのは、広島市安佐北区可部の国道。警察によると14日午後10時15分ころ、歩道にいた20歳の男子大学生が見知らぬ男に突然刃物で背中を刺された。男はさらに、近くにいた安佐北区三入東の座山則男さん(75)の腹を刺して逃走した。

座山さんは搬送先の病院で死亡、男子大学生は軽いけがをした。警察はおよそ1時間半後に現場から14キロ離れたJR広島駅の前で、安佐北区可部の無職・高橋豪容疑者(33)を発見し、殺人などの疑いで緊急逮捕した。取り調べに対し、容疑を認めているという。警察は、事件の詳しいいきさつや動機を調べている。(RCC)


通りすがりの犯行か

広島市安佐北区可部5丁目の路上で男性2人が死傷した事件で、県警によると、座山さんの家族と男子大学生は、高橋容疑者と面識がないと説明しており、たまたま通り掛かったところを襲われたとみられる。現場付近には凶器とみられる刃物が落ちていた。

高橋容疑者は2人を刺した後、知人に犯行をほのめかす電話をかけていたという。現場付近のアパートに住む男子大学生(21)は「この時間帯は人通りが少なく、普段は平穏な場所。まさかこんなことになるなんて」と驚いた様子で話した。(産経)


逮捕の男「何人か殺して自分も死のうと思った」

殺人と殺人未遂の疑いで逮捕された安佐北区可部3丁目の無職、高橋豪容疑者(33)が広島県警の調べに対し、「何人か殺して自分も死のうと思った」と供述していることが分かった。県警によると、死傷した2人は、いずれも帰宅途中でバスを待っているところだった。高橋容疑者と面識はなく「通り魔的犯行」とみている。大学生は背中に痛みを感じ、振り向いたところ、高橋容疑者がいたという。

高橋容疑者は知人に「2人を刺した」と電話。「どこにいるの」と問われ、広島駅と答えたため知人が110番した。現場から駅方面にタクシーで向かったとみられる。高橋容疑者は約1時間半後にJR広島駅で身柄を確保された。(産経)




広島市安佐北区可部5丁目 殺人事件


安佐北区可部 殺人 高橋容疑者

スポンサーリンク