広島城の公園で強盗傷害容疑2人を逮捕

11月7日、広島城近くの緑地帯でベンチで休んでいた64歳の男性を殴るなどしてけがをさせたうえ、現金の入った財布などを奪ったとして32歳と21歳の男が強盗傷害の疑いで11月10日夜、逮捕された。逮捕されたのは住所、職業ともに不詳の長谷川泰裕容疑者(32)と自称、広島市西区に住む無職の上沢祥己容疑者(21)。

警察によると、2人は11月7日、広島市中区基町の広島城近くの緑地帯で、ベンチで休んでいた64歳の男性の首を背後から絞めたあと、顔を殴ってけがをさせたうえ、現金およそ6000円が入った財布や携帯電話などを奪ったとして、強盗傷害の疑いが持たれている。

男性は近くにいた人を通じて警察に通報し、警察が付近の防犯カメラなどを調べたところ、2人が事件に関わった疑いのあることがわかり、10日夜、逮捕した。警察は事件の詳しいいきさつを調べている。警察の調べに対し、長谷川容疑者は黙秘しているほか上沢容疑者は「私はやっていません」と容疑を否認しているという。(NHK広島)

タクシー待ちの男性が財布をひったくられる

11月8日夜、広島市南区のショッピングセンターで、タクシーを待っていた67歳の男性がバイクに乗った男に財布を奪われた。8日午後6時半ごろ、広島市南区の段原ショッピングセンターのタクシー乗り場で、タクシーを待っていた男性の前で突然バイクが停まり、乗っていた男が、男性が手に持っていた財布を奪い逃走した。財布には現金2万5000円とキャッシュカードなどが入っていた。

逃げた男は白っぽいスクータータイプのバイクに乗り、白っぽいヘルメットをかぶっていたという。警察は、ひったくり事件として防犯カメラの映像を分析するなど、逃げた男の行方を追っている。(TSS)

広島城の北側広場で強盗傷害事件

11月7日午後、広島城の堀端で、男性が2人組の男に殴られ、財布などを奪われる事件があった。事件があったのは、広島市中区基町の広島城・北側の広場。警察によると、7日午後1時半ころ、2人組の男がベンチに座って休んでいた男性の顔面を殴るなどし、財布と携帯電話、ショルダーバッグを奪って逃走した。男性は、首などに軽いけがをした。2人の男はいずれも30代とみられ、このうち1人は、1メートル70センチくらいの中肉で、赤色っぽい上下、もう1人は黒っぽい服を着ていたという。警察は、強盗傷害事件として2人の行方を捜査している。(RCC)




広島城 強盗傷害事件

楽器を盗んで転売した会社員を逮捕

11月1日、広島南署は広島市南区東雲本町1丁目、会社員藤本悠平容疑者(25)を建造物侵入と窃盗の疑いで逮捕した。逮捕容疑は4月30日ごろから5月14日ごろまでの間、広島市南区のマンション屋上にある倉庫に侵入し、アコースティックギター4本やキーボード1台、アンプなど計10点(24万9500円相当)を盗んだ疑い。同署によると、藤本容疑者は市内の複数の古物店に転売していたという。(中国)

「こういうことじゃ」コンビニ強盗を逮捕

広島市南区で8月に起きたコンビニ強盗事件で、広島南署などは10月31日、住所不定、無職村上翔吾容疑者(25)を事後強盗の疑いで逮捕した。逮捕容疑は8月20日午前3時ごろ、広島市南区東本浦町のコンビニ店「ファミリーマート東本浦店」で、男性店員(32)がトイレに行った隙にレジから現金約3万円を盗み、追い掛けて来た男性に包丁を見せて「こういうことじゃ」などと脅して逃げた疑い。同署は防犯カメラの映像を公開して捜査。村上容疑者は10月7日、兵庫県警に別の事後強盗容疑で逮捕され、広島市での犯行を認めたという。(中国)

スーパーで大根1本盗んで店長の顔面を殴った86歳を現行犯逮捕

東広島署は10月13日午後5時5分ごろ、東広島市西条町寺家、無職立花理三容疑者(86)を強盗致傷の疑いで現行犯逮捕した。逮捕容疑は、自宅近くのスーパーで大根1本を盗み、店の外で声を掛けた店長の顔面を殴ったり手を振り払うなどして、左手にけがをさせた疑い。同署によると「手を出したのは間違いないが、盗むつもりはなかった」と供述しているという。(中国)

庄原の強盗未遂事件で男が出頭

10月14日午前、庄原警察署に現れた男が、果物ナイフを所持していたとして、現行犯逮捕された。この直前に、付近の路上では、強盗未遂事件が発生していて、警察で関連を捜査している。現行犯逮捕されたのは、庄原市西本町の無職清野秀昭容疑者。清野容疑者は、14日午前10時半ごろ、庄原警察署で、刃渡り10センチの果物ナイフ1本を所持していた。調べに対して容疑を認め、「とんでもないことをした」と供述。逮捕のおよそ30分前には、庄原市西本町の路上で、高齢女性が刃物で脅され、現金を要求される強盗未遂事件が発生している。警察は、清野容疑者が事件に関わったとみて、慎重に捜査している。(TSS)

ヘルパーが訪問介護派遣先の女性のカードで現金を引き出す

10月12日、海田署は坂町東横浜1丁目、契約社員川瀬愛容疑者(35)を窃盗の疑いで逮捕した。逮捕容疑は9月4日午前9時25分ごろ、広島市内の無職女性(79)のキャッシュカードを使って同町内のコンビニの現金自動預払機(ATM)で2回にわたり、計2万4千円を引き出した疑い。川瀬容疑者は当時、安芸郡内の訪問介護施設に勤務し、ヘルパーとして女性宅に派遣されていた。同署は女性宅でカードを盗んだかどうかも調べる。(中国)

公民館侵入窃盗容疑で別の男を逮捕

今年8月、福山市の公民館に窓ガラスを割って侵入しデジタルカメラなどを盗んだとして46歳の男が窃盗などの疑いで逮捕された。逮捕されたのは自称、住所不定・無職の山室直巳容疑者(46)。警察によると山室容疑者は今年8月10日の午後9時40分ごろから翌朝8時ごろまでの間に、福山市神辺町の御野公民館の窓ガラスを割って侵入し、事務所に保管されていたデジタルカメラなど10点や現金などを盗んだとして建造物侵入と窃盗の疑いが持たれている。

警察が捜査を進めた結果、山室容疑者が関わった疑いがあるとして8日、岡山県笠岡市内で逮捕した。調べに対し山室容疑者は、「身に覚えがない」と容疑を否認しているという。

福山市ではこの事件のあと、公民館の事務室から手提げ金庫や現金などが盗まれる事件が6件起きていて、このうち1件については別の男が関わったとして10月4日に逮捕されている。警察がそれぞれ関連を捜査している。(NHK広島)

住宅建築現場で他人の工具を盗んだ男を逮捕

10月5日、広島東署は東広島市八本松南5丁目、建設作業員藤原章文容疑者(43)を建造物侵入と窃盗の疑いで逮捕した。逮捕容疑は7月8日午後7時ごろから9日午前8時ごろまでの間、広島市東区温品6丁目の住宅建築現場で、敷地内に置かれていた釘打ち機2台やドライバーなど計5点(計26万円相当)を盗んだ疑い。同署によると、藤原容疑者は県内のリサイクル店に転売していたという。(中国)

スポンサーリンク

広告