信号待ちの車に石を投げつけて窓ガラスを割りカバンを奪った男を逮捕

12月1日朝、福山市の国道で信号待ちの車に近寄ってきた男が石を投げて窓ガラスを割りカバンを奪う強盗致傷事件があった。住所不定・無職の玉尾幸成容疑者(46)は、1日午前7時20分ごろ、福山市船町の国道2号の交差点で信号待ちをしていた軽自動車に長さおよそ50センチの石を投げつけて助手席側の窓ガラスを割った。そして身を乗り入れ、後部座席にあったおよそ3万円入りのカバンを奪って逃走したが、隣に停車していた男性運転手(30代)に現行犯逮捕された。運転していた女性会社員(35)は石と割れたガラスで左手に軽いケガをしたという。玉尾容疑者は、「石で車のガラスを割ってカバンを奪ったことに間違いありません」と容疑を認めているという。(HOME)

文化祭中に女子更衣室に侵入して制服をなどを盗んだ男を再逮捕

11月14日、広島中央署は広島市中区舟入中町、無職松尾真也容疑者(22)=建造物侵入と窃盗容疑で処分保留=を別の建造物侵入と窃盗の疑いで再逮捕した。調べでは、15年11月1日、文化祭が開かれていた中区の私立中で、部活用の更衣室に侵入し、女子生徒の制服やTシャツなど5点を盗んだ疑い。同署によると、11月10日の自宅の家宅捜査で発見、押収した。(中国)


強制わいせつなどの疑い

11月28日、広島中央署は広島市中区舟入中町、無職松尾真也容疑者(22)=建造物侵入と窃盗の罪で起訴=を強制わいせつと器物損壊の疑いで再逮捕した。調べでは6月5日午後8時20分ごろ、中区の市道を走行中の路線バスで女子高校生(16)の隣に座り、スカートを引っ張り寄せて体液を付着させた疑い。同区の私立中の更衣室から、女子生徒の制服などを盗んだとして同署に逮捕され、人相などから分かった。(中国)

東平塚町で68歳男性が50万円入りのバッグをひったくられる

10月7日夜、広島市内で男性が約50万円入りのバッグをひったくられた。犯人は今も逃走中。7日午後10時半ごろ、中区東平塚町の路上で、歩いて帰宅中の男性(68)が後ろから歩いてきた男に現金約50万円入りのセカンドバッグをひったくられた。男性にケガはなかった。警察によると、犯人は20代~30代ぐらいの男で、身長は165~170cmほど、黒っぽい服装をしていたという。(HOME)



東平塚町 ひったくり

ベトナム国籍の男が東白島町でひったくり

10月6日夜広島市の路上で、帰宅中の女性のバッグを奪ったとして、ベトナム人の男が警察に現行犯逮捕された。警察によると、6日午後10時ごろ、広島市中区東白島町の路上で、歩いて帰宅していた女性が、現金およそ13万円などが入った手提げバッグを、後ろから来た男に奪われた。

男は逃走したが、叫び声に気づいた女性の同僚の男性に、50メートルほど先の駐車場で取り押さえられ、駆けつけた警察官に現行犯逮捕された。男はベトナム国籍で、自称・西区三篠町に住む食品工場従業員、リー・マイン・クオン容疑者で、取り調べに対し「その通りです」と供述し、容疑を認めているという。(RCC)

赤色のジャンパーを着た男が段原で強盗傷害逃走中

9月26日未明、広島市南区で帰宅中の女性が、近づいてきた男にバッグを奪われそうになりケガをする事件があった。午前2時20分ころ、広島市南区段原の歩道で歩いて帰宅していた19歳の女性が後ろから近づいてきた男に持っていたバックを奪われそうになった。男は転倒した女性を引きずり、顔を蹴るなどの暴行を加え女性に軽いケガをさせ、何も取らずに逃げた。逃げた男は年齢が30歳くらい、身長が170センチくらいで赤色のジャンパーにジーパンを着用していたという。警察が強盗傷害事件として男の行方を追っている。(RCC)

全国の工事現場から建設機械など1億3000万円分を盗んだ3人組

工事現場からデジタルカメラを盗んだなどとして逮捕・起訴された3人の男が、全国の100カ所以上の工事現場から建設機械などあわせておよそ1億3000万円分を盗んでいたことがわかり、警察は8月31日、この3人を広島区検察庁に追送致した。調べに対し3人はいずれも容疑を認めているという。

追送致されたのは、広島市中区の無職、河南明宏被告(45)と大阪府摂津市の建設作業員、長田真史被告(47)、それに、大阪府摂津市のとび職、福永竜也被告(45)の3人。

警察によると、3人は愛知県の工事現場の事務所に侵入しデジタルカメラを盗んだなどとして逮捕・起訴され、河南被告は実刑判決を受けている。

警察のその後の調べで、3人は15年10月までの2年半余りの間に、広島県や三重県などにある129カ所の工事現場に侵入し、建設機械などおよそ1万3900点、あわせておよそ1億3070万円分を盗んだことが分かったという。

このため警察は8月31日、3人を窃盗や建造物侵入などの疑いで広島区検察庁に追送致し、捜査を終結した。警察の調べに対し3人は容疑を認めているという。(NHK広島)

連続ひったくり犯人32歳の派遣社員を逮捕

8月23日の未明に、広島市中区で自転車に乗った女性が小型バイクに乗った男にバッグをひったくられた事件で、警察は32歳の派遣社員の男を窃盗の疑いで逮捕した。逮捕されたのは広島市安佐南区長束西の派遣社員、山口大輔容疑者(32)。

警察によると、山口容疑者は8月23日の午前0時半すぎ、広島市中区基町の旧広島市民球場跡地の近くの歩道で、自転車で帰宅途中の23歳の女性に後ろから小型バイクで近づいてバッグをひったくったとして窃盗の疑いが持たれている。

警察が被害者が目撃したバイクのナンバーなどをもとに捜査を進めた結果、バイクの所有者が山口容疑者とわかり、8月26日、広島市中区の路上で見つけて逮捕した。「金に困って盗んだ」と供述し、容疑を認めているという。

広島市内では8月21日から23日までの3日間に、同様の手口のひったくりが未遂事件も含めて他に7件相次いでいる。山口容疑者は、他にもひったくりをしたことをほのめかす供述をしているということで、警察は関連について捜査している。(NHK広島)



ひったくり山口容疑者

余罪100件!福山の泥棒を送検

窓ガラスを割って住宅に侵入し、バッグや腕時計を盗んだ疑いで、福山市のトラック運転手の男が送検された。余罪は100件近くに上るという。広島地方検察庁に身柄を送られたのは福山市のトラック運転手・神田保彦容疑者(51)。調べによると、神田容疑者は8月3日、安芸郡坂町と広島市安芸区の住宅に侵入し、バッグや腕時計などあわせて9点を盗んだ疑い。県内では去年10月から、住宅1階の窓ガラスを割って侵入する手口の被害が相次いでいて、築年数の浅い一戸建ての住宅ばかりが狙われていた。調べに対し、神田容疑者は「何も話したくない」と供述しているが、警察は余罪が県内だけで100件近くにのぼるとみて捜査している。(TSS)

逃走中の段原コンビニ強盗が福岡で逮捕される

今年6月、南区で起きたコンビニ強盗事件で38歳の男が逮捕された。無職・猪牧賢治容疑者(38)は6月、南区のコンビニエンスストアで店員にカッターナイフのようなものを見せ「ケガをするのとお金を出すのとどちらがいいか」などと脅し、現金およそ5万円を奪い逃走した疑いがもたれている。警察はコンビニの防犯カメラの画像を公開し捜査していたが、現場に残された指紋などを元に容疑者を特定し福岡県で発見したという。調べに対し、猪牧容疑者は容疑を認めていて、警察は余罪や動機など詳しく調べる方針。(HOME)

段原でコンビニ強盗

福山の飲食店経営者が100万円ひったくられる

8月4日未明、福山市の路上で飲食店を経営する男性がバイクで後ろから近づいてきた男に手提げかばんをひったくられた。かばんには現金およそ100万円が入っていたという。4日午前0時40分ごろ、福山市松浜町の繁華街の路上で、飲食店を経営する31歳の男性がバイクに乗って後ろから近づいてきた男に手提げかばんをひったくられた。

男性にけがはなかったが、警察によるとかばんには現金およそ100万円などが入っていたという。逃げた男はグレーの長袖ジャージに黒色の長ズボンを着て、黒っぽいのヘルメットをかぶっていたという。また、バイクは黒のスクータータイプだったという。現場は飲食店などが建ち並ぶ繁華街で、男性は店に出勤する途中だったと話しているということで、警察は窃盗事件として逃げた男の行方を追っている。(NHK広島)