強制わいせつ容疑で17歳の少年を逮捕

5月10日、広島市西区の住宅の敷地内に侵入し、9歳の女の子の下着を脱がそうとしたり、10歳の女の子の太ももを触るなどしたとして、17歳の少年が逮捕された。強制わいせつ未遂と県の迷惑防止条例違反の疑いで逮捕されたのは、広島市西区に住む17歳の少年。

警察によると、少年は5月10日、西区の住宅の敷地に相次いで侵入し、9歳の女の子の下着を脱がそうとしたほか、10歳の女の子の太ももを触った疑いが持たれている。少年は「脱がそうとしたり、触ったことに間違いない」と容疑を認めているという。

事件後、警察が現場周辺の警戒を強めていたところ、5月14日、広島市西区のスポーツ施設で不審な動きをする少年を発見し、女子トイレに侵入したため、建造物侵入の現行犯で逮捕していた。警察は少年に余罪がないか捜査している。(TSS)



広島市西区スポーツ施設 強制わいせつ

スポンサーリンク

元オリックス・バッファローズ選手が車内で下半身露出して現行犯逮捕される

安佐南署は5月24日午後7時25分ごろ、元プロ野球オリックス・バッファローズ選手の広島市安佐南区山本4丁目、会社員堤裕貴容疑者(24)を公然わいせつの疑いで現行犯逮捕した。逮捕容疑は安佐南区山本1丁目のスーパーの駐車場に止めていた乗用車内でズボンを下ろし、下半身を露出した疑い。安佐南署によると、通行人の女性が目撃し、110番。駆け付けた同署員が逮捕した。(中国)


三菱重工の社員だった

公然わいせつの疑いで逮捕された堤裕貴容疑者は高校卒業後、2011年にドラフト6位でオリックス入りした。1軍の試合にも出場していたが、2016年、戦力外通告をうけ退団。その後、広島市内の会社に就職し、去年4月から三菱重工広島の硬式野球部に所属していた。警察によると、事件があったのは、広島市安佐南区にあるスーパーマーケットの駐車場。堤容疑者は、24日午後7時すぎ、この駐車場に車を止め、車内で下半身を露出した疑いが持たれている。買い物客が110番通報し、現行犯逮捕された。堤容疑者が所属する三菱重工広島の硬式野球部は「日頃からコンプライアンスの重要性を指導しているがそれが不十分であったと深く反省している」とコメントしている。(NNN)

スポンサーリンク

広島県立病院で女性患者にわいせつ行為をした男が懲戒免職

広島県立病院に勤めていた男の看護師が、女性患者にわいせつな行為をしたとして5月24日、懲戒免職の処分を受けた。懲戒免職の処分を受けたのは、県立病院に勤めていた24歳の男の看護師。県によると、この男の看護師は18年春、県立病院の中で女性患者の下半身を2日間で数回触ったという。患者と家族から被害の相談を受けた病院が調べたところ、男の看護師が患者の下半身を触ったことを認めたため、県では24日付けで懲戒免職の処分とした。

県によると、この看護師は「深く反省している」と話していて、ほかに被害を受けた患者はいないという。また、18年3月に県立病院で落ちていた患者の財布からおよそ13万円を盗んだとして、46歳の女の看護師が停職3カ月の処分を受けた。

県の病院事業局の杉山亮一事務部長は「患者や県民の信頼の上に成り立っている仕事で、信頼を損ねる事態はあってはならず、ざんきの念に堪えません。被害にあわれた方に心よりおわびします」と話している。(NHK広島)



スポンサーリンク

「スーパーはどこ?」と女児に聞くふりをして下半身を触らせた作業員の男を逮捕

5月17日、東広島市で11歳の女の子に下半身を触らせたとして、警察は48歳の男を逮捕した。強制わいせつの疑いで逮捕されたのは東広島市西条土与丸の作業員小川正樹容疑者(48)。警察によると小川容疑者は今年2月27日夕方、東広島市西条町の路上を歩いていた11歳の女子児童に「スーパーはどこか」と道を尋ねるふりをして声を掛けた。そして女子児童の手を掴み下半身を触らせた疑い。女子児童は学校から帰る途中で、1人で歩いていたという。小川容疑者は調べに対し、「間違いない」と容疑を認めているという。小川容疑者と女子児童に面識はなかったということで、警察は経緯など詳しく調べている。(HTV)




スポンサーリンク

道を尋ねるふりをして女子高生を自宅から誘い出しわいせつ行為をした男を逮捕

5月16日、海田署は広島市安芸区中野5丁目、無職神門聡志容疑者(38)を未成年者誘拐と県迷惑防止条例違反(卑わいな行為)の疑いで逮捕した。逮捕容疑は4月16日午後6時ごろ、広島市内の女子高生(17)方を訪ねて道を尋ねるふりをして女子高生を屋外に誘い出した。同6時半ごろまでに山道に連れ込み、両手などを触った疑い。逃げ帰った女子高生の親が同日海田署に通報。同署が顔の特徴などから神門容疑者を割り出した。(中国)

スポンサーリンク

ツイキャスで知り合った福山の小学生女子児童と性行した男を逮捕

5月10日、広島県警福山東署は、小学生の女子児童と性行為をしたとして、強制性交の疑いで滋賀県野洲市、会社員の男(22)を逮捕した。「(性交の)事実に間違いないが、年齢は知らなかった」と容疑を一部否認している。逮捕容疑は昨年12月9~10日、広島県福山市内のホテルで、児童が13歳未満であることを知りながら性行為をした疑い。同署によると、2人は昨年12月19日、動画のライブ配信サイト「ツイキャス」で知り合ったという。児童の母親が同署に相談して発覚した。(サンスポ)

スポンサーリンク

9歳の娘の裸の動画を撮影した母親と知人の男を逮捕

9歳の女の子を裸にさせ、動画を撮影したなどとして、千葉県の男と広島市に住む女の子の母親が逮捕された。強制わいせつと児童ポルノ法違反の疑いで逮捕されたのは、千葉県松戸市の派遣社員・小川進一郎容疑者と、女の子の母親で広島市に住む無職の女。

警察によると、インターネットを通じて女と知り合った小川容疑者は、去年4月、女に、当時9歳だった娘の裸の動画を撮影するようメールで指示を出した。そして女は指示通り娘を裸にし、スマートフォンで1分前後の動画を10本撮影して小川容疑者に送信した疑いがもたれている。

小川容疑者はポーズや着衣についても指示を出していて、女は動画を送信した対価として小川容疑者から金を受け取っていた。 調べに対し2人は容疑を認めていて、警察は余罪があるとみて捜査を進めている。(TSS)




小川進一郎容疑者 広島

スポンサーリンク

女子中学生の半ズボンをずり下そうとしたりスカートをまくるなどした男を再逮捕

5月1日、広島東署は、広島市西区庚午北1丁目、無職藤原勝次容疑者(35)=住居侵入容疑で処分保留=を強制わいせつ未遂と県迷惑防止条例違反(卑わいな行為)の疑いで再逮捕した。逮捕容疑は、4月7日午後4時40分ごろ、府中町の町道で、下校中の女子中学生の(14)の体操着の半ズボンをずり下ろそうとした疑い。さらに同20日午後1時15分ごろ、同町の女子中学生(13)の自宅前で制服のスカートをまくるなどした疑い。同署によると、いずれも後ろから歩いて近づき、犯行に及んだという。今年に入り、中高生たちが被害に遭う同様の事件が同町と南区で計十数件発生し、藤原容疑者が関与をほのめかしているという。(中国)

スポンサーリンク

列車内で女性に体液を付けた疑いで派遣社員が逮捕される

広島東署は3月12日、広島市安芸区船越6丁目、派遣社員森一也容疑者(24)を強制わいせつの疑いで逮捕した。逮捕容疑は昨年7月13日午前7時40分ごろ、JR山陽線海田市ー向洋間の下り列車内で、10代の女性の服に体液を付けた疑い。「よく覚えていない」と供述しているという。(中国)

スポンサーリンク

東広島の老人が女児を家に誘って鍵を掛けてわいせつ行為

東広島署は2月27日、東広島市西条町、無職清野富美雄容疑者(69)を、わいせつ誘拐、監禁と強制わいせつ未遂の疑いで逮捕した。逮捕容疑は2月2日午後4時35分ごろ、市内の路上で小学生女児に「買い物に行こう」などと話し掛けて自宅に招き入れて玄関に鍵を掛けて監禁し、自分の下半身を触らせようとした疑い。

女児は鍵を開けて逃げ、母親が同署に通報した。「家に誘い鍵を掛けたことは間違いないが、わいせつなことはしていない「などと供述しているという。(中国)

スポンサーリンク