サンモニ洗脳朝日新聞の高橋純子「商業主義化した五輪」について「憲法改正ガー!?」

2月25日のサンデーモーニングは、常連コメンテーターの造園屋のおやじと、いつもおばん臭い服装で独自の手話を交えながら話す写メール女は休みだった。しかし、それに代わって出演していたのは、朝日新聞の社員を肩書きに持つ何とも奇妙な亡霊のような女が出演していた。名前は高橋純子という。

この女のコメントの中で、一番違和感を覚えたのは、商業主義化した五輪の今後について関口氏から聞かれると、脳みその思考回路がヒスを誘発したのか、何故か2020年の憲法改正についてしゃべり出した。

どう考えても、オリンピックと憲法改正は関係がないが、朝日新聞社からすれば、100点満点の回答なんだろう。ではなぜ朝日新聞の亡霊女がこんな変な事を言うのか、ちょっと真面目に考えてみたい。


社員は会社の方針に従わなければならない

更年期障害の兆候、或いは痴呆症の初期症状の疑いも有り得るが、ここは少し実務経験を元にして、社員が社内でどのように変わっていくのかを考えてみたい。

朝日新聞社の体質については特に書かないが、そもそも入社してから社員が会社で出世してくには、まず上司から良い評価を得なければならない。それはもちろん、会社の方向性にも合致する言動をすることは当然だ。

例えば上司からの指示で、言いたくないような事を言わされることもある。また、違法スレスレの事を指示されることもある。そんな体質の会社に長く在籍していると、世の中の標準的な思考が分からなくなってしまう。つまり、「ズレ」た考え方を持ってしまうのだ。

よく、中堅企業や大手企業などでは「自分の会社が世の中のルールだ」と思い込んでしまいがちだ。


例えば、こんな事があった。

ある商品の購入をお客さんが迷っていたとき、普通は商品の優れた点や劣る点を丁寧に説明して納得して買ってもらう。ところがこんなとき、上司から指示が出た言葉は「『そんな事じゃあいつまで経っても買えませんよ』と言え!」と。

これを言われたお客さんは、たぶん気分を悪くすると思うが、社内では、このように「強弁」する社員を評価していたのだ。つまり、自社の商品を売るために、お客さんとぎりぎりの交渉をして頑張ったと。

上司は、商品が売れなくても「そこまで言ったのなら仕方がない、よく頑張った」となる。

ブラック企業のはしくれのようだが、これには後日談がある。


その会社の親会社の社員が、たまたまお客として来ていたのだ。さらにその親が親会社の役員だった。それを知らずに「そんな事じゃあ買えませんよ」と社員が言ったのだ。

そして、気分を害した親会社の社員が父親である役員に伝える。「あの会社の社員からこんな事を言われた」と。

そして数日後、親会社から「強弁のトーク禁止」の指示が出た。

笑い話だが、実話だ。多くの社員が辞めていった会社だが、この会社は今でもある。


つまり、社員は会社の方針に従うことで評価される。言い換えれば「洗脳」されるのだ。その会社に在籍している限り、洗脳に縛られる。そして、その呪縛から解放されたいなら、なるべく早く脱出する必要があるが、社員は生活がかかっているから、その道をとことん進むことにもなる。

人生生活の大半を会社勤めで過ごさなければならないから、企業風土は人生に大きく影響するのだ。


ちなみに、サンモニの高橋純子が今、朝日新聞社の入社試験を受けたらどうなるのか、想像してみたい。


朝日新聞社入社試験・質問1 「現在の総理大臣を答えよ」 

高橋回答「安倍は気持ち悪い」  朝日人事担当、正解!  


朝日新聞入社試験・質問2  「日本のGDPを答えよ

高橋回答「アベノミクスは失敗した」  朝日人事担当、正解! 


朝日新聞入社試験・質問3  「憲法9条を記述せよ

高橋回答「安保法制は間違い」 朝日人事担当、正解!





高橋純子

ノルディック渡部選手、空気抵抗を避けてばかり滑るのはフェアじゃない?負け惜しみか

2月25日夜、NHKで平昌オリンピックを振り返る番組をやっていたが、その中で、ノルディックスキー複合でエリック・フレンツェル選手(ドイツ)に敗れた渡部暁斗選手のコメントが妙に引っ掛かった。

渡部選手は 「フェアにレースしたい」という思いから、風の抵抗を避けるためにフレンツェル選手の後方を滑ったり、逆にフレンツェル選手が風の抵抗を受けないように前に出たり、つまりお互いが「痛み分け」のようなレースをしてフェアにレースをしたいと言っていた。

しかし、この発言は、例えばマススケートで金メダルを取った高木菜那選手に失礼ではないか。高木選手は前を滑る選手の後方に辛抱強く位置を取って空気抵抗を最小限にして、仕掛けるタイミングを見計らっていた。そして、最後のコーナーでインコースから抜け出して金メダルを獲得した。

つまり、渡部選手の考え方で言うと、このような戦術で金メダルを取るのは「フェアじゃあない」とも取れる。

渡部選手の発言は、どうも金メダルを取れなかった負け惜しみとも取れる。さらに、大事なオリンピック開催前に肋骨を骨折していたという。大会中、このケガについて本人が語らなかったことについて美化した報道がなされているが、競技人のプロとして、本番前に骨折するという甘さが、今回のオリンピックにも如実に現れた事については否めない。

渡部選手は自分を美化したいのだろうが、とにかく他にも選手がいるのだから、あまり誤解の生むような発言をしないでもらいたい。




金メダリストの高木選手はフェアじゃない!?


マススケート決勝 平昌オリンピック

「NHKニュースウオッチ9」時代の青山祐子アナ「仕事も家庭も」

タレントのフィフィという人が、NHKの青山祐子アナ(45=広島出身)が約6年間産休を取っていることに疑問を呈したという。青山祐子アナについては、「ニュースウオッチ9」が全国的に知られているが、2011年に一般男性と結婚。2012年1月20日放送の「スタジオパークからこんにちは」出演を最後に産休に入り、17年春には第4子を出産して現在も休暇中となっているという。

そして、送り付け商法ともとれる問題のNHK受信料についてもフィフィは、「受信料を徴収するNHKで、こんな長期産休中に一部給与が支払われ続けてるとすれば、それって報酬としてなの?」とツイート。そして「まさか子育て支援?って、その目的によっては頭を傾げたくなる」と続けた。


産休、育休制度は国の制度として認められており、運よく常識的で従業員に非情にやさしい会社に務められたら取得が可能だ。そして育休後も同じ会社で復帰が可能だが、その期間については民間企業によってまちまちだ。問題なのは、年間7000億円ものマネーを強制的に吸い上げる天下のNHKでの出来事。日本社会が抱えている格差の原因の矛先にもなりうるところ。

むしろ、青山祐子氏はスポーツウーマンという経歴からして、体力があると思われる。以前、どこかの政治家が「女は生む機械」と言っていたが、4人も子どもを生んだ青山祐子氏は、そのトップランナーとして注目を集めている。

人間を「機械」と表現することを問題視する人がいると思うが、現実社会では仕事でも「機械」のように働くことは大事なことだし、そうしなければ生きて行けない。4人も出産したことは家族が増えることから少子化社会日本では良いニュースだが、これが出来る人はごく一部の限られた裕福な家庭でしか実現できない。

社会保障制度を使って4人の子どもたちを育てる青山祐子氏が、社会保障費拡大を続ける少子化日本社会に恩返しする気持ちがあるなら、本人も子どもたちも日本に在住して働く必要がある。間違っても海外に移住などしたらダメだと思うが、しかし、そもそも賃料100万円もするマンションに住むような人に、そんなことを期待する方が無理ということか。


ニュースウオッチ9時代

2011年1月、ニュースウオッチ9に青山祐子アナが出た最後の日を、たまたまビデオに撮っていたので、その中から一部抜粋しておきたい。この日の放送では結婚する青山アナに対して、大越アナがツッコミを連発していた。


「次は結婚についてのニュースです・・・」(大越アナが青山アナに視線を向ける)

青山祐子アナ ニュースウオッチ9


「相談できる相手がいるという事が本当に大事だなと思いますけども、お互いの気持ちを動かさなければならないわけですから、そう簡単ではないと思うんですけれども。ですからゆっくりと進めていくということも大事かとお思います」(青山アナ)

「説得力ありますねぇ・・・」(大越アナ)

ニュースウオッチ9 青山祐子アナ03


「今日は、婚活に悩む男女を追う、という話題をお伝えしましたけども、青山さん、これ、例えばですよ、例えば青山さん、近じか結婚するとして、仕事は続けたいと思いますか、それとも家に入りたいと思いますか」(大越アナ)

「やっぱり、仕事はしっかりやって行きたいですし、家庭も充実させて行きたいなと思いますね」「もう、心はしっかりと決めてありますので」(青山アナ)

「決めてますか」(大越アナ)

「はい」(青山アナ)

「そうですか」(大越アナ)

「覚悟をかためました」(青山アナ)

「じゃあ、青山さんの姿はしばらくテレビで見られるということですね」(大越アナ)

「今まで以上に頑張ります」(青山アナ)

(2011年1月17日NHKニュースウオッチ9)

青山祐子 ニュースウオッチ9

NHKが放送受信料裁判で「国民の知る権利」を主張!その義務果たしているのか

NHKが放送受信料について、憲法が保障する「表現の自由」や「知る権利」の実現に照らして、「合憲」とする判断を最高裁が示した。さらに最高裁は公共放送の財源を受信料でまかなうのは「NHKに国家機関や団体からの財政面での支配や影響が及ばないようにする」ための仕組みだと指摘した。放送法の規定はテレビ設置者に契約締結を強制し、国民の知る権利を充足するという目的を実現するために、必要かつ合理的なものだとした。

NHKは訴訟で、公共放送の意義についても強調した。弁論で、身元不明や親族が引き取りを拒否する遺体が年々増加していることなどを取り上げた「NHKスペシャル」を挙げ、長期的な取材で社会的議論を呼ぶことで、「視聴した人はもちろん、視聴しなかった人も恩恵を享受している」と訴えた。

しかし、そもそも「国民の知る権利」を行使するために、NHKをどの程度、見るのだろうか。NHKでなければ知ることができないものとは何だろうか。それはNHKスペシャルか、クローズアップ現代か、紅白歌合戦か、それとも近年、アナウンサーの政治的発言が目立つニュース9か。

例えばNHKでは、過去に沖縄基地問題を取り上げてはいるが、基地反対派による過激で暴力的な内容については報道していないと思われる。その実態については過去にネットで書かれていたが、今回は民放の東京MXが1月2日に放送した「ニュース女子」の沖縄基地問題の特集が話題になっている。

この放送回は、「沖縄緊急調査 マスコミが報道しない真実」「沖縄・高江のヘリパット問題はどうなった?過激な反対派の実情を井上和彦が現地取材!」などと題し、沖縄・高江の米軍ヘリパッドへの反対運動を報じたもので、BPOが、重大な放送倫理違反があるとしている。

その倫理違反とは、

①高齢者を「逮捕されても生活に影響がないシルバー部隊」と表現。
②一部の基地反対派の活動を「テロリストみたい」と表現。
③「なぜ韓国や朝鮮の人が反対運動をしているの?」と疑問を投げかけることがヘイトスピーチ。
④高江のはるか手前の「二見杉田トンネル」で危険だと引き返した。
⑤現場から拾われた茶封筒には2万円と表記。反対派は日当を貰っている?」と疑問を呈する。
⑥「反対派は救急車の通行も妨害している」という証言。

この番組の動画では、沖縄基地反対派による暴力行為を見ることが出来る。基地反対派は、国や県職員を暴力的につかまえて、顔写真を撮影して、公衆の面前に晒すのだという。一般的なテレビでは、沖縄が被害者として放送され続けているが、法治国家の日本で、このような陰湿で暴力的な活動が行われていることこそが大問題。NHKは、この部分をスルーしていないか。

NHKは、国民の知る権利を主張して受信料を徴収するなら、こういった問題にもテレビでしっかり放送してほしい。ついでにタブーとされている校長自殺事件についてもNHKスペシャルで取り上げてほしい。






「元就。」300回記念SPに中村芝翫(中村橋之助)氏が吉田町を訪れる

11月29日、アンガールズの故郷広島街ぶら番組「元就。」がスタートから8年目に入り、300回記念番組を放送していた。番組ではゲストとして20年前(1997年)に大河ドラマで毛利元就を演じた中村芝翫氏(中村橋之助)とその息子である中村福之助が出演していた。

中村芝翫氏は、大河ドラマで「毛利元就」を演じたことから、広島が好きになり、大のカープファンだという。 今回、「元就」が300回を迎えると聞いて駆けつけてくれたという。そんな芝翫氏と、県内唯一巡っていない毛利の本拠地「吉田町」を訪れた。


広島県人なら大河ドラマ「毛利元就」を見ておこう

アンガールズについては特に興味がないので、ここでは大河ドラマ「毛利元就」について、少し触れておきたい。詳しい事は、書物がたくさん出ているから、そちらを参考にしてもらえばいいが、分かりやすいのが映像だ。今、思い出しても1997年の大河ドラマは迫力があった。

このドラマは「毛利元就」という国人領主が、安芸の国を生き抜くために、左側に付いたり右側に付いたりして戦(いくさ)をするが、時には戦をしたくなくても駆り出されてしまうため、何度も元就のぼやきが聞こえてくる。そんな状況から脱したい思いから、ついに三兄弟とともに立ち上がることになる。

特に、ドラマの後半になると、元就の数々の調略シーンが出てくる。戦わずして相手を倒そうという元就の執念に、永島敏行が演じる「赤川元保」が、元就に対して「鬼さえも、大殿よりは、優しゅうございましょう」と吐露したシーンが印象的だった。

その他、印象に残るシーンとすれば、草刈正雄が演じる「桂広澄」の切腹シーン、片岡鶴太郎が演じる「井上元兼」にはめられた渡辺勝が演じる「榎木孝明」が大勢の槍で殺されるシーン、上川隆也が演じる「毛利隆元」が宴会の席で何者かに殺され、中村橋之助が演じる「毛利元就」が逆上するシーン、「陶晴隆」と戦うために嵐の中、出陣する毛利軍勢など。

当時、この大河ドラマを見て関心したのは、中村橋之助氏(当時)が演じる毛利元就について、若年時代から老齢期まで見事に演じていたことだ。顔などは化粧でそれなりに雰囲気を出せるが、老人特有のしゃべり方まで上手く雰囲気を出していた。

この大河ドラマを見た後、たぶん仕事にやる気が出てくるだろう。




毛利元就 年齢


サンモニで安田菜津紀が辺真一氏を極限横目ガン見で睨み付ける

今日のサンデーモーニングでは、番組の冒頭から北朝鮮による弾道ミサイル3発発射について取り上げていた。コメンテーターには、辺真一氏と、その隣に自称写真家で”ガン見”を特技とする安田菜津紀が出ていた。服装はいつものオバンくさい格好だったが、辺氏が北朝鮮問題について熱弁をふるっていると、隣の安田菜津紀が、いつもの”極限横ガン見”で睨み付ける場面があった。北朝鮮の事を悪く言われると、気分が悪いようだ。しかし、これだけ眼球を横にするという行為は、たぶん昔からなんだろうが、睨まれた人は困惑すると思われる。



IMG_4610 - コピー

プライムニュースのハゲキャスターが桜井氏を妨害?

6月12日のBSフジ・プライムニュースで、ゲスト出演していた桜井よしこ氏が憲法改正について解説していたので、憲法改正についてテレビを見ながらじっくりと前向きにお勉強をしようと思った。ところが、桜井よしこ氏の左に座っているハゲキャスター(正面からでは分からない)が、桜井氏がしゃべっているのに「ふんふん、はいはい、うんうん、なるほどなるほど・・・」と連発。非常にとても耳障りで邪魔だった。このハゲキャスターは、わざと桜井氏の言葉を邪魔して遮っているように思えた。

こうなると、もうプライムニュースを見る気が無くなってしまった。フジテレビ・プライムニュースのプロデューサーは気にならないんだろうか。それとも、こんなアナウンサーしかいないんだろうか。




BSフジ プライムニュース

サンデーモーニングの横目の安田なんとかが髪をバッサリ!?

5月28日のTBS系列「サンデーモーニング」では、司会の関口宏氏が、森友学園に続いて今度は加計学園問題、ちまたでは、”もり”の次は”かけ”か・・・」と言われているとかと、番組の冒頭で紹介。それはさておき、今日のコメンテーターでいつも気になる”ギョロ目でガン見”の自称ジャーナリスト安田なんとかが出演。これがなんと、髪をバッサリ!さらに赤の口紅で厚くお化粧!またさらに”モンペ”を着て登場!


いったい何があったのだろうか。。。


この自称ジャーナリストのコメントはいつもながらの説得力の無さでどうでもいいんだが、さらに、いつもの”極限まで横目”で睨みつけたり、”アゴを出して横目で人の話を聞く”姿が見れなくなっている。

いったい何があったというんだろうか。非常に心配になってきた。



サンデーモーニング 安田 - コピー



サンデーモーニング安田口紅 - コピー

サンモニで朝から氷詰めの死骸 トランプを見ているとヒトラーを思い出す?

1月22日のサンデーモーニングでは、先週の同番組で造園業の解説もどきのおっさんが、「トランプを見るたびにヘドが出る。でも我慢して見続けている・・・」などとコメントしていたから、今日はどんなヘドを吐くのか楽しみにして番組に見ていたら、出演していなかった。日曜日の朝から「ヘドが出る」という表現をよく使うもんだと思うが、そこは造園業のオッサンだ。こんな人間を使うのもTBSサンモニの特徴だ。また、いつもの気になる横目でギョロ目の評論家気取りの女も出ていなかった。


また、しゃべりが痴呆症気味のおばさんが「トランプを見ているとヒットラーを思い出す」とコメントしていた。どうやったらヒットラーと関連付けられるのか脳みその思考能力を疑うが、良く考えたらしゃべりの歯切れも悪いから、もう痴呆症老人と同類項であり、被害妄想全開アンドトラウマモードだから仕方がないのだろう。ここで一般社会の労働者が気が付かなければならないのは、民間企業、つまり会社の従業員で、このような思考の人は皆無だと言うことだ。明らかに会社を衰退させてしまうような第一人者だと言える。ただし、番組側から「ヒトラーと同じだと言ってくれ」と頼まれたのかも知れない。出演料をもらっている以上、断れないのも人情だ。



大宅映子 ヒトラー




余談だが、トランプの批判では1月21日付の朝日新聞の風刺画が面白い。日本時間の1月21日は、米共和党のドナルド・トランプ(70)が第45代大統領に就任した日だ。読売、毎日、日経などの各新聞社もトランプ大統領の記事を書いていたが、こんな風刺画はどこの新聞社も出していなかった。批判したい気持ちが表れている。



朝日新聞 トランプ



今日のサンデーモーニングの極め付けは、番組の最後で出した「一枚の写真」。死骸を出してみんなで喜ぶ気持ちは分からないでもないし、怖いもの見たさから来る好奇心でもある。ただ、同番組は公共の電波を使っているし、日曜の朝から氷づめの動物の死骸をテレビで放送するというのは、どうなんだろうか。もしかしたら同番組のプロデューサーはネットかぶれで死体・死骸フェチなのかもしれない。



サンデーモーニング 氷詰め 死骸

サンデーモーニングが「壁をつくることは敵をつくること」?

1月8日に放送された「サンデーモーニング」は、正月から1週間を過ぎたばかりだが、相変わらずの戦争とナチスドイツのネタで煽っていた。米大統領トランプ氏による排外的な言動や、イギリスのEU離脱なを例に上げ、各国が世界的に危険な状況にあるという。そして大衆迎合(ポピュリズム)こそが、戦争を引き起こしたのだと番組の総力を上げて放送していた。


サンデーモーニング ナチス


戦争を繰り返していた欧州では、国境に壁をつくっていた。なぜ人は壁をつくるのか。

ここからが奇妙な倫理展開が始まる。

どこの評論家か知らないが、「壁をつくることは、心に『壁』をつくること」、「心に壁をつくるということは、人とのコミュニケーションができなくなったということ」、「心の『壁』をつくって自分の世界に閉じこもる」のだという。



サンデーモーニング 壁は心の壁


そして極め付けは、「壁をつくるということは『敵』をつくるのと同じ」だという。


サンデーモーニング 「壁」をつくる 「敵」をつくる


非常に誤解を招きやすいこの番組のこの表現だが、なぜ隣地境界に壁や塀をつくるのか?自分の住んでいる環境を例えると分かり易い。もう当たり前すぎる事だが、あえて簡単に説明をすると、まず土地・建物の所有権を主張するためだ。さらに自分の土地に第三者が勝手に立ち入ってきたら困ることがあるからだ。それは防犯の意味もある。番組司会者の関口宏をはじめ、出演者のほとんどの自宅と隣地の境界には壁があるはずだ。しかし誰一人として反論意見無しで番組の進行になるがままだった。とにかく新年早々から病んでいる番組内容だった。


そして、岸井氏の隣で横目で睨みを利かせるいつもの女がいた。

サンデーモーニング 安田