広島県の空き家率が全国平均超の15.9%

全国平均を上回る空き家率の広島県は、過疎化が進む地方が抱える問題の一つとなっている。全国に空き家が約820万戸あり、18年後の2033年には2150万戸に達するという調査もある。広島県内には現在、約22万1千戸の空き家があり、空き家率は15.9%で、全国平均の13.5%を上回っている。


空き家の問題は、地方都市や田舎だけの問題ではないが、田舎では仕事が限られているために生活の拠点になりにくい。それに加えて人口減少が追い打ちをかけているため、需要と供給のバランスから、空き家の改善を考えることが、無駄になりそうだ。


しかし、空き家をそのままの状態にしておくと、いろいろな問題が出てくる。空き家の増加に歯止めをかける対策として施行されたのが、「空き家対策特別措置法」だ。倒壊などの危険性や衛生上有害なものや、景観を損なうものなど、日常の暮らしに影響がある場合、市町村が「特定空き家」として、所有者に撤去や修繕を勧告したり、命令ができる。


特定空き家として勧告を受けると、撤去や修繕に従わない場合、過料支払命令で罰金50万円が科せられ、行政代執行となる。強制撤去の費用は所有者が負担することになる。税金面では、固定資産税が最大6分の1、都市計画税が最大3分の1に軽減される「住宅用地の特例」がなくなり、更地と同様に課税される。


空き家の状態になった場合、所有者を特定することが難しいのが現状だ。所有者が亡くなり、相続登記を放置すると、相続人が不明になるため、対応が難しくなる。また所有者が認知症にになって相続人が分からなくなるケースもある。唯一の手がかりは、市区町村の固定資産税課や住民課が把握している個人情報だけになるが、空き家を解体するとなると、費用も100万円単位でかかってしまう。


空き家については、所有者のモラルが必要だが、空き家の状態が長期的に近隣に迷惑をかけているならば、行政の力を借りるしかない。しかし行政代執行も、空き家がよほど、ひどい状態にないと、行政も動かないだろう。



広島県内の各市町の空き家率
総務省:平成25年住宅・土地統計調査から

江田島市:27.5%
北広島町:26.1%
世羅町:24.4%
呉市:22.1%
安芸高田市:19.6%
竹原市:19.1%
庄原市:18.6%
府中市:18.3%
尾道市:18.2%
大竹市:17.9%
三次市:17.2%
三原市:16.3%
東広島市:16.3%
海田町:16.2%
熊野町:14.7%
広島市:14.1%
福山市:13.8%
廿日市市:11.1%
府中町:10.5%
坂町他:-(人口15,000人未満のため非公表)
全国:13.5%
広島県:15.9%



広島県の空き家率

【広島県内初】老朽化した空家住宅の行政代執行で解体撤去

三原市は、老朽化で倒壊し、隣の住宅の壁が壊れる被害が出た木造住宅について、所有者が撤去命令に応じないことから、行政代執行による撤去作業を2月12日に始めたという。行政代執行で老朽化した住宅を撤去するのは、広島県内で初めてだという。

撤去作業が始まったのは、三原市糸崎にある築100年以上の2階建ての木造住宅。この住宅は平成9年ごろに空き家となり、老朽化が進んだため、三原市は6年ほど前から所有者の男性に対し、電話や文書で建物を撤去するよう求めた。さらに三原市では、その後、建物が倒壊し、隣の住宅の壁が壊れる被害が出たことから、去年10月、建築基準法に基づいて男性に1ヵ月以内に建物を撤去するよう命じたが、男性は撤去しなかった。

このため、三原市は所有者に代わって行政が撤去を行う「行政代執行」によって住宅を撤去することを決め、委託を受けた業者が12日、崩れた住宅の瓦や柱などを重機を使って運び出す作業を始めた。

三原市によると、行政代執行で老朽化した住宅を撤去するのは、県内で初めてだという。また、撤去にかかる費用、およそ130万円は全額、所有者の男性に請求されるという。三原市建築指導課の吉田勝則課長は、「今後も、危険な家屋の撤去については行政代執行も辞さないという強い態度で指導を行っていきたい」と話した。 (NHK広島)


三原市空家01

NHKスペシャル「ニッポン空き家列島の衝撃」で宇野の発言

NHKスペシャルで、全国で820万戸あると言われる空き家問題を取り上げていた。これは広島県内でも同じで、市街地に拘わらず、郊外の団地や中山間地でも多く見られる。そう思いながら真剣にテレビを見ていたら、画面にメガネをかけた宇野という男が、大股を広げて、スタジオで全国から集まった人たちと論じていたふりをしていた。そしてついに、この男の本質を見たときがきた。「自分はまったく家なんか買おうと思わないですよ。なんでみんな買おうとするんですか?」と、間抜けな発言をしていた。まわりの出演者も唖然としていた。空き家を社会問題として放送していた番組だから、そんな低次元な発言を軽々しくしたんだろう。漫才なんかで発言するならまだ紛れるが、明らかに家を所有する人に対する侮辱である。そして同時に広島で家を所有する人々への侮辱でもある。これはNHKの失策なのか、戦略なのか不明だが、家を持つ持たないは、本人のステータスの問題だけの話だ。そして、空き家は所有者のモラルに委ねるしかない。

NHKスペシャル