カテゴリ空き家 1/1

広島県の空き家率が全国平均超の15.9%

全国平均を上回る空き家率の広島県は、過疎化が進む地方が抱える問題の一つとなっている。全国に空き家が約820万戸あり、18年後の2033年には2150万戸に達するという調査もある。広島県内には現在、約22万1千戸の空き家があり、空き家率は15.9%で、全国平均の13.5%を上回っている。空き家の問題は、地方都市や田舎だけの問題ではないが、田舎では仕事が限られているために生活の拠点になりにくい。それに加えて人口減少が追い打ち...

  •  0
  •  0

【広島県内初】老朽化した空家住宅の行政代執行で解体撤去

三原市は、老朽化で倒壊し、隣の住宅の壁が壊れる被害が出た木造住宅について、所有者が撤去命令に応じないことから、行政代執行による撤去作業を2月12日に始めたという。行政代執行で老朽化した住宅を撤去するのは、広島県内で初めてだという。撤去作業が始まったのは、三原市糸崎にある築100年以上の2階建ての木造住宅。この住宅は平成9年ごろに空き家となり、老朽化が進んだため、三原市は6年ほど前から所有者の男性に...

  •  0
  •  0

NHKスペシャル「ニッポン空き家列島の衝撃」で宇野の発言

NHKスペシャルで、全国で820万戸あると言われる空き家問題を取り上げていた。これは広島県内でも同じで、市街地に拘わらず、郊外の団地や中山間地でも多く見られる。そう思いながら真剣にテレビを見ていたら、画面にメガネをかけた宇野という男が、大股を広げて、スタジオで全国から集まった人たちと論じていたふりをしていた。そしてついに、この男の本質を見たときがきた。「自分はまったく家なんか買おうと思わないですよ。...

  •  2
  •  0