広島県警「被告に還付請求権ない!署内で盗まれた現金は完全に失っていない!」

広島中央署(広島市中区)で広域詐欺事件の証拠品として金庫で保管されていた現金8572万円が盗まれた事件で、詐欺事件の被告の男性が広島県警の過失により盗難を招いたとして、県に全額の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が11月21日、広島地裁であった。県側は「現金は犯罪被害金の可能性が高く、男性に還付請求権はない」などとして、請求棄却を求めた。

訴状などによると、盗まれた現金は県警が17年2月、男性の自宅や関係先から押収した。男性は保管していた中央署が適切に管理する注意義務を怠り、5月8日までに盗難を招いたと主張。還付を受ける権利を侵害され、被害者への被害回復もできなくなったと訴えている。

県側は、盗難事件は現在も捜査中のため、盗まれた現金を完全に失ったとはいえないと主張。さらに「現金と詐欺などの犯行行為との関連性について捜査を続けている。犯罪被害金である可能性も高い」とした。管理上の過失については「捜査中のため現時点で明確な主張はできない」と述べるにとどめた。(中国)

広島中央署巨額盗難事件から6カ月 防犯カメラを増設して市民を監視

広島中央署の金庫から現金約8500万円が盗まれた事件発覚から11月8日で半年が経過。広島中央署では、防犯カメラが増設されたという。防犯カメラの設置工事は7日午後始まり、入口など複数の場所に増設された。 事件は今年5月、 署内の金庫から詐欺事件の証拠品として保管していた現金8572万円が盗まれているのが見つかったもの。犯人逮捕に至っていない中、 県警では再発防止に向けた管理体制の改善などをすすめてきた。 防犯カメラは11の警察署にも新設される予定で、今年度中には県内全ての署に設置されるという。(HOME)




広島中央警察署

広島中央警察署盗難事件で被告から賠償を訴えられている広島県が争う姿勢

今年5月、広島中央警察署の金庫から証拠品として保管されていた現金8500万円余りが盗まれた事件で、詐欺罪に問われている被告から賠償を求め訴えられている広島県が、この訴訟に対し争う姿勢を示した。これは10月19日の広島県議会・警察委員会で、県警が議員の質問に答える形で明らかにしたもの。

広島中央警察署から盗まれた現金8572万円は、生前贈与をめぐる詐欺事件で、広島県警が押収し保管していた証拠品で、詐欺罪に問われている被告は「被害者の被害回復に充てたいと思っていたが現金が盗難でかなわなくなった」として、県に対し、全額の賠償を求め提訴している。

広島県警の土井智志主席監察官は「訴訟代理人・弁護士と協議の上、当方が主張すべきことはしっかりと主張してまいりたい」と述べ、争う姿勢を示している。この裁判の初弁論は、来月開かれる予定。(TSS)

兵庫県警のパワハラで自殺した広島出身の巡査の遺族が提訴

一昨年、兵庫県警の警察官が上司からのパワーハラスメントで自殺したとして、広島県の遺族が損害賠償を求める訴えを起こした。提訴したのは当時、兵庫県警の機動隊で巡査だった木戸大地さん(当時24歳)の両親。訴えなどによると、自殺した木戸さんは上司から技能試験でカンニングしたと自白を強要されたことなどでうつ状態になり、昨年10月、機動隊の隊舎で自殺を図りその後亡くなった。遺族はパワーハラスメントが自殺の原因になったとして兵庫県に慰謝料などおよそ8000万円の支払いを求めた。 木戸一仁さんは会見で「許せないんです。警察のうみを出し切って改善しなければ、つらい思いをする遺族が増えるばかりです」と訴えた。(HOME)

広島中央署現金盗難事件で事情聴取されていた県警捜査員が死亡していた

広島中央署で広域詐欺事件の証拠品として保管されていた現金8572万円が金庫から盗まれた事件は、10月8日で発覚から5カ月。広島県警は内部の事情に詳しい人物の犯行とみて捜査しているが、依然として容疑者の特定に至っていない。最後に金庫に現金があるのが確認された3月中旬以降、いつ盗まれたかも分かっておらず、捜査は難航している。

「県民から捜査はどうなっているのかとの問い合わせもある。一刻も早く犯人を見つけ、被害金を回収してほしい」。9月26日に開かれた県議会本会議で県議の一人が一般質問で県警の名和振平本部長に捜査長期化の理由をただした。

名和本部長は、署に出入りした人物への事情聴取や現場から採取した鑑識資料の精査、金融機関への事件前後の出入金に関する照会など捜査状況を説明し、引き続き解決へ全力を挙げると述べた。

一方、捜査関係者によると、同月中旬、事件に関与があるかどうか捜査を進めている内部の複数の人物のうち、県警の捜査員だった男性1人が自宅で亡くなった。男性は県警の聴取に関与を否定し、関与を裏付ける客観的な証拠も得られていない。死亡した詳しい原因は不明だが、自殺の可能性はないという。「男性に追加の聞き取りができなくなったが、捜査への影響は限定的」とする声も内部にはある。

県警は事件に関与した疑いあるとみる複数の人物の捜査を継続している。ただ、これらの人物が関わったことを示す証拠も得られておらず、捜査の長期化は避けられない。(中国)

「ミサイル/渋滞中」交通情報版に誤表示

9月29日、広島県警は、広島市佐伯区五日市町石内の県道の交通情報板に、「ミサイル/渋滞中」と誤表示したと発表した。県警交通規制課によると、同日午後5時45分ごろ、通行人から110番通報があり発覚した。誤表示は午後5時20分ごろから約30分間続いていたとみられる。

県警によると、この掲示板は本来、渋滞が発生すると「大原下橋南/渋滞中」と自動表示されるように設定されているという。一方、北朝鮮のミサイル発射などの緊急時に流れるJアラートで緊急情報が伝達された際には、県警職員が手動で文言を切り替えることになっている。県警が経緯や原因を調べている。(朝日)

広島中央署窃盗事件で詐欺事件の犯人が県に賠償を求めて提訴

広島中央警察署で詐欺事件の証拠品の現金8500万円あまりが盗まれたのは、警察が適切な管理を怠ったためだとして、詐欺事件の被告が県に賠償を求める訴えを広島地方裁判所に起こした。訴えを起こしたのは、詐欺事件で起訴されている中山和明被告(34)で「生前贈与をしたい」などとうそのメールを送り、返信した人から現金をだまし取った罪に問われている。

この詐欺事件の証拠品として、広島中央警察署の金庫に保管されていた現金8500万円あまりが盗まれたのは、警察が適切な管理を怠ったためで、自分の関係先から押収された現金の返還を求める権利を侵害されたなどとして、国家賠償法に基づき、県に全額の賠償を求めている。

代理人の弁護士は、中山被告が仮に有罪になる場合、被害を弁済できるかが裁判所の量刑の判断などに影響する可能性があるとしていて、9月27日、広島地方裁判所に提訴した。

中山被告は弁護士を通じて「押収された現金は私が疑われている詐欺事件とは無関係のものだが、盗難により被害者への被害回復が叶わなくなった。現在まで県警と県が責任を取る気配がないため、やむを得ず提訴した」などとするコメントを出した。一方、広島県警察本部の監察官室は「訴状が届けば、相手方の主張を詳細に検討して適切に対処したい」としている。(NHK広島)




中山和明 被告

【光署】警察官の横領事件で嫌がらせ退職強要と強制離婚

お隣の山口で、警官が悲鳴をあげているという。広島でもジワジワ来そうなこの事案とは、光署の上司たちから借金などを理由に退職を強要されるなど、嫌がらせを受け、人格権を侵害されたとして、同署に勤務していた40代巡査長男性が山口県に500万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が8月16日、山口地裁であった。県は請求棄却を求めた。

訴状によると、別の光署職員の業務上横領事件を巡り、16年10月〜17年3月、無関係だった巡査長も取り調べを受け、借金などの問題を指摘された。

同署や県警本部の幹部たちから、警察官としての倫理観に欠けるなどとして「人生をリセットせい」などと言われ退職を強要されたほか、妻との離婚を迫られた。

巡査長は17年1月に自律神経失調症を発症したという。

原告側は短期間に執拗に退職を促したのは不法と指摘。離婚を迫ったことにも「国家権力による個人の私生活への違法な介入」とし、人格権の侵害を主張している。(中国)


広島中央署盗難3カ月 金融機関などに数千件照会 いまだ犯人特定できず

広島中央署で広域詐欺事件の証拠品として押収していた現金8572万円が盗まれた事件は8月8日で発覚から3カ月となる。いまだ、容疑者の逮捕には至らず、広島県警は、借金の状況などから浮上してきた複数の内部関係者の関与を調べているが、有力な証拠は得られていないという。これらの人物について、金融機関などに数千に及ぶ照会をかける一方、他の関係者からも聞き取りを続けている。

捜査関係者によると、これまでに会計課の金庫に多額の現金があることを知り、多額の借金があるなどした複数の人物が捜査線上に浮上しているが、いずれも関与を否定。犯行を裏付ける直接的な証拠もない中、県警は金融機関の口座の出入金や立ち回り先などに関する照会を金融機関などにかけ、関与がないか調べている。既に一部は結果も出ているが、関与を明確に裏付ける結果は得られていないとみられる。

同署会計課の金庫に現金が保管されていたことや、金庫の鍵の運用方法を知り得る署員やOBたちは、数百人規模に及ぶ。県警はこれまでに署員約360人のほとんどの聞き取りを一度は終えたが、犯行に関与した人物を特定できる状況にはない。(中国)

広島県警の警察官が愛媛で人身事故

7月21日午後、愛媛県で休暇中の広島県警の警察官が運転していた大型オートバイと歩行中の男性が衝突し、男性が意識不明の重体となり、警察官が大ケガをした。21日午後3時半ごろ、愛媛県内子町の道路で広島東警察署の20歳の男性巡査が運転する大型オートバイと、歩いていた男性が衝突した。この事故で、はねられた近くに住む土木作業員(54)の男性が意識不明の重体となり、男性巡査も頭と腰の骨を折るなど大ケガをした。現場は片側1車線の緩やかな左カーブで警察が原因を調べている。大型オートバイを運転していた男性巡査は休暇で愛媛を訪れていたという。(TSS)

スポンサーリンク

広告