裁判所が出した強制採尿令状を執行しても広島県警の捜査方法が強引で無罪判決

覚せい剤取締法違反(使用)罪に問われた広島市の無職男性(51)の判決で、広島地裁の安藤範樹裁判長は6月14日、広島県警の捜査を違法と認定して無罪を言い渡した。警察官が職務質問をした際に、逃げようとした男性を威迫する行為があったと指摘。覚醒剤の陽性反応が出ていた尿検査を証拠として採用しなかった。

判決によると、男性は2016年12月6日午前3時ごろ、広島市東区内のビルの南側で、パトロール中の広島県警の複数の警察官から職務質問を受けた。走って逃げようとしたが、警察官が押しとどめるなどして同日午前7時10分ごろ、裁判所が出した強制採尿令状を執行して尿を差し押さえた。その後、陽性反応が出て、17年1月に同法違反容疑で広島東署が逮捕し、起訴された。公判では男性は一貫して違法捜査を訴え、無罪を主張。検察側は懲役4年を求刑していた。

判決で安藤裁判長は、警察官が逃げようとする男性の両肩をつかんで押さえつけ「じっとしてろ。公妨(公務執行妨害)とるぞ」と告げた行為などについて「罪を犯していないのに逮捕するという威迫となる行為で違法」と指摘した。所持品検査後に自宅の鍵などを返さなかった点も挙げ、「男性を4時間程度の長時間にわたり現場に留め置き、男性の移動の自由を大きく侵害した」とした。

こうした行為の後に県警が差し押さえた男性の尿の鑑定結果を違法収集証拠と判断。「同様の違法捜査を防ぐ見地から証拠として許容できない」とした。

警察官4人は証人尋問で「男性が体当たりするなどしたため警告した」などと正当性を主張したが、安藤裁判長は「違法、不当な行為を陰蔽して証言しているのではないかとの疑念を払拭できない」と信用性を否定した。(中国)


スポンサーリンク



「どうなっているんか!」広島県議会で警察署内窃盗事件追及

広島中央警察署で事件の証拠品の多額の現金が盗まれた事件について、県警は県議会で現在の捜査状況を詳しく説明するよう求められたが「あらゆる可能性を視野に捜査している」と答えるに留まった。

【中本隆志県議会議員】
「この1年経った中で県民の皆さんどうしとるんかな、あれはそのままなんか、という意見が我々もしょっちゅう聞くわけでありまして、捜査の状況どうなっているかお答えいただきたい」

【県警・住田克俊刑事部長】
「大量の資料や情報を分析するとともに、防犯カメラ映像の詳細な解析や関係者からの更なる聞き取りを行うなど、あらゆる可能性を視野に入れて捜査を進めているところです」

【中本隆志県議会議員】
「今現在、これくらいの対象は絞りこんでいるとか、今捜査している対象がもっと拡大するだろうとか何か言える範囲でもう少し情報を出していただけませんでしょうか?」

【県警・住田克俊刑事部長】
「捜査の詳細な内容につきましては被害の状況など、犯人や少数の関係者しか知りえないようなこともございまして詳細にお答えすることはできないということは何卒ご理解いただきたい」

そのうえで、県警の住田克俊刑事部長は1日も早い検挙を目指し捜査に全力を尽くすと決意を述べた。(TSS)




広島県警住田刑事部長

スポンサーリンク



紙幣番号を記録していなかった広島中央署

広島中央警察署で証拠品の現金8500万円余りが盗まれた事件で、警察は盗まれた現金の紙幣番号をごく一部を除いて記録していなかったことが分かった。番号の記録を求める規定はないが、専門家は現金が使われても照合できない可能性があり、記録を義務づける規定などを作るべきだと指摘している。

17年5月、広島市の広島中央警察署で証拠品の現金8572万円が盗まれた事件は、5月8日で発覚から1年となり、警察は内部犯行の疑いが強いとみて捜査しているが、解決には至っていない。盗まれた現金は去年2月に詐欺事件の関係先から押収され1階の会計課の金庫に保管されていたが、警察はこれらの現金の紙幣番号を、写真を撮影したごく一部を除いて記録していなかったことが分かった。

証拠品の現金の紙幣番号について記録を求める規定はなく、警察は事件ごとに必要性を判断しているという。警察の捜査に詳しい常磐大学の諸澤英道元学長は「盗まれた現金が使われても照合できず、捜査に影響が出る可能性があるほか、現金の回収もできない恐れがある。今後は、証拠品の現金についても紙幣番号の記録を義務づける規定などを作るべきだ」と指摘している。(NHK広島)


スポンサーリンク



小分けに保管していた現金根こそぎ持ち逃げしていた広島中央署内

広島中央警察署で証拠品の現金8500万円余りが盗まれた事件で、現金は金庫内の段ボール箱に入れられ、箱の口を奥に向けていたため中が見えず、無くなっても発覚しづらい状態だったことが分かったという。現金の確認は事件の発覚まで2カ月近く行われておらず、警察はこうした保管状況に詳しい人物の犯行とみて捜査している。

17年5月、広島中央警察署で会計課の金庫に保管されていた現金8572万円が盗まれているのが見つかり、警察は内部犯行の疑いが強いとみて捜査しているが、発覚から1年となる今も解決には至っていない。

盗まれた現金は、去年2月に詐欺事件の関係先から押収した9050万円余りの大半で、捜査関係者によると金庫内では、押収先の異なる5872万円と2700万円をそれぞれ袋に包み、2つの段ボール箱に入れていたほか、残りの500万円近くも複数の封筒に分けて一方の箱に保管していたという。

2つの箱は金庫を開けるとすぐに見える場所に置かれていたが、口を奥に向けていたため中身までは見えず、現金が無くなっても発覚しづらい状態だったという。現金は2つの袋ごと盗まれていたが、箱の中の現金を確認したのは去年3月が最後で、発覚まで2カ月近く、確認していなかったという。

警察はこうした現金の保管状況に詳しい人物の犯行とみて捜査している。(NHK広島)

スポンサーリンク



広島中央署盗難事件発覚から1年、県警記者会見拒否!内部処分なし!退職したら処分しない!

広島中央署の金庫から広域詐欺事件の証拠品8572万円が盗まれた事件で、広島県警は5月7日、報道各社に捜査状況などを説明し、犯行時期を17年3月15日から盗難発覚の17年5月8日までの2カ月弱とみて捜査していると明らかにした。5月8日で事件発覚から1年となるのを踏まえ「レクチャー」として開いたという。

報道各社は石田勝彦県警本部長にカメラなどが入る記者会見を開くよう申し入れたが、応じなかったという。

県警本部の岩上譲治総務課長、浜田紀之刑事総務課長、田中徹監察官室長が対応した。説明によると、詐欺事件の捜査関係者が証拠品9千万円を中央署会計課の大型金庫に入れたのは、17年2月2日。その後、同3月15日午後2時ごろ、複数の捜査員が捜査の一環で金庫から現金を出して確認した。現金の存在を確認したのはこれが最後という。

県警は、現金が盗まれたのは17年3月15日午後2時ごろ以降と判断。内部犯行の可能性が高いとみて、捜査員延べ約2万8千人を投入して約600人に事情を聴き、借金の状況などを調べるため、金融機関の口座を中心に約5万件の照会をしてきた。

浜田課長は「(疑いの)濃淡はあるものの、絞り込みはこれから。犯行時期の幅が広く、関係者が多数に及び、捜査が長期化している」と述べた。

金庫の管理に関わった署員らの内部処分をしないのかとの問いには、田中室長が「全容が解明されておらず現時点では処分はできない」と回答した。

容疑者逮捕に至らず、盗まれた現金も見つかっていないことについて、石田県警本部長は「大変遺憾。一日も早い被疑者検挙に向け引き続き捜査に全力を尽くす」、井本雅之署長は「県民の信頼を損なったことに深くおわび申し上げる」などとのコメントを出した。

県警は、レクチャーでのカメラ撮影を認めていない。記者会見に応じない理由について「捜査や証拠品管理などに詳しい各関係部署の幹部が説明することで事件に対する県民の関心に応えられると判断した」などとしている。


報道各社へのレクチャー一問一答(一部抜粋)

―捜査がここまで長引いているのはなぜか。

浜田課長:広島中央署が大規模署で極めて人の出入りが多く、内部外部を問わず聴取が必要な関係者が多数いる。各種照会も継続している。

―当時の現金の保管状況は。

浜田課長:金庫の中に入れたとしか言えない。被疑者と(管理に)携わった人間にしか分からないため(公表すると)捜査に支障が出る。

―なぜ盗まれたと思うか。

田中室長:内部処分にも関わるのでコメントは差し控える。正しく管理していてもそれを打ち破られて盗難に遭うことはある。不適正だったとしてもそれが直接、盗難に結び付いたかは分からない。

―容疑者をどのくらいまで絞っているのか。

浜田課長:絞れているかどうかも答えられない。濃淡はある。

―犯行時期は。

浜田課長:押収した現金を金庫に収めた昨年2月2日以降、最後に現金があるのが確認されたのは複数の捜査員が捜査の必要性から確認した3月15日午後2時ごろ。ここから盗難発覚の5月8日午後8時ごろまでの間とみている。

―3月21日には人事異動があった。引き継ぎをした際、現金の確認はしていないのか。

田中室長:犯行日時が特定できないことに影響しているかもしれないが、盗まれた原因には直接結び付かない。

―証拠品管理に携わった署員や職員の内部処分はしないのか。

田中室長:捜査の全容が解明されておらず、どういう責任が誰にあるのか明らかになっていないため、処分できない。

―時間がたつと退職者が出る。対象者が退職したら処分されないのか。

田中室長:さかのぼって処分はない。(昨年3月の引き継ぎに関わった)当時の中央署の捜査の担当課長はこの春退職したが、処分していない。

―盗まれた現金を補填する可能性が生じた場合は。

田中室長:(現金を押収した)詐欺事件も盗難事件も捜査中。まだ判断すべきではない。(中国)



広島中央署 5月7日


スポンサーリンク



警察官に”うそ発見器”手がかりなし

広島県警広島中央署(広島市中区)で昨年、金庫に保管していた詐欺事件の証拠品の現金約8500万円が盗まれた事件で、現金を保管中の3カ月間、一度も金額を確認していなかったことが分かった。事件は発覚から5月8日で1年。内部犯行とみられるが、ずさんな管理が原因で犯行時期を絞り込めず、警察官を”うそ発見器”にかける異例の捜査でも有力な手がかりは浮かんでいない。

県警は昨年2月、詐欺事件の関係先から計約9000万円を押収し、同署1階の会計課にある金庫に、小分けにして保管。同5月8日、会計課長(当時)らが金庫の鍵を入れた机の引き出しにこじ開けたような跡があるのに気づき、金庫を確認したところ、8572万円が盗まれていることが発覚した。(読売)

スポンサーリンク



広島中央署盗難事件「盗難前後で状況に変化はない?」バカな司法判決なう!

17年5月、広島中央署内部で詐欺事件の証拠品の現金8500万円あまりが盗まれて、もうじき1周年記念となる。その大型窃盗事件は5月の連休中に開催された「ひろしまフラワーフェスティバル」の最中に実行された。広島市内の事情通によると、犯人はすでに自殺しており、県警は、つじつまを合わせることに頭を悩ませているという。県警がどんな発表をするのか見ものだ。


広島中央署現金盗難事件で事情聴取されていた県警捜査員が死亡していた


バカな司法判決in広島

広島中央署で詐欺事件の証拠品の現金8500万円あまりが盗まれたのは、警察が適切な管理を怠ったためだとして、詐欺事件の被告が県に賠償を求めていた裁判で、広島地方裁判所は「現金は押収されていて使用できないため、盗難の前後で状況に変化はなく、損害が生じたとは認められない」などとして訴えを退ける判決を言い渡した。訴えを起こしていたのは詐欺事件で起訴されている中山和明被告(35)で「生前贈与をしたい」などとうそのメールを送り、手数料名目で現金をだまし取った罪に問われている。

この詐欺事件の証拠品として広島中央警察署の金庫に保管されていた現金8500万円あまりが盗まれたのは、警察が適切な管理を怠ったためで、押収された現金の返還を求める権利を侵害されたなどとして国家賠償法に基づき県に賠償を求めていた。

4月24日の判決で、広島地方裁判所の小西洋裁判長は「現金は押収されていて使用できないため盗難の前後で状況に変化はなく、損害が生じたとは認められない」などとして訴えを退ける判決を言い渡した。(NHK広島)





広島中央署

スポンサーリンク



広島県警巡査長が公用のバイクからガソリン抜き取る

広島県内の交番に勤務する30歳の巡査長が、公用のバイクからガソリンを抜き取って自分のバイクに入れたとして窃盗の疑いで書類送検された。広島県警は減給の懲戒処分にし、巡査長は辞職した。書類送検されたのは県内の交番に勤務する30歳の男の巡査長。

警察によると今年1月、交番の車庫にとめてあった公用のバイク4台から給油ポンプでガソリンあわせて2リットルを抜き取り、自分のバイクに入れたとして窃盗の疑いが持たれている。ガソリンの減りが早いことに同僚が気づき、警察が勤務する警察官に話を聞いたところ、巡査長が容疑を認めたということで「自宅に帰る際、自分のバイクがガス欠だったためガソリンを抜いた。あわせて数回やった」と話しているという。

広島県警は4月6日、書類送検するとともに減給10分の1、6カ月の懲戒処分にし、巡査長は辞職した。政近利久首席監察官は「職員への指導を徹底し、再発防止と信頼回復に努めます」とコメントしていいる。

また、広島県警は今年2月、知り合いの女性の体を触ったなどとして強制わいせつなどの疑いで逮捕し、その後、不起訴になった30代の巡査部長を4月6日付けで停職3カ月の懲戒処分にし、巡査部長は辞職したという。捜査関係者によると警察のこれまでの調べに対し容疑を大筋で認めていたという。

広島県警で懲戒処分を受けた警察官などは去年は4人だったが、今年はすでに6人に上っている。不祥事が相次いでいることについて広島県警の監察官室は、「職員に対する指導をより徹底し再発防止に努めるとともに、県民の安全安心に向けた取り組みを推進して信頼回復に努めたい」としている。(NHK広島)

スポンサーリンク



兵庫県警の自殺した巡査が宴会で裸おどりを強要されていた

平成27年に兵庫県警の巡査だった木戸大地さん=当時(24)=が自殺したのは上司のパワーハラスメントが原因として、広島市の遺族が兵庫県に約8千万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が3月22日、神戸地裁(和久田斉裁判長)であった。県側は請求棄却を求め争う姿勢を示した。

訴訟をめぐっては昨年10月、遺族が地元の広島地裁に提訴したが、同12月に兵庫県警のある神戸地裁への移送が決まっていた。

訴状によると、木戸さんは平成24年から県警機動隊に所属。当時の上司から身に覚えのない不正を指摘されたり、宴会で裸踊りやスクワットを強要されたりした末、平成27年に隊舎の自室で自殺を図り死亡した。

弁論後の記者会見で、父親の一仁さん(69)は「最愛の息子の無念を晴らしたい。若くして自殺する警察官が減るように戦っていく」と述べた。(産経)

兵庫県警のパワハラで自殺した広島出身の巡査の遺族が提訴

スポンサーリンク



ヤクザと交際した元女性巡査(23)はもう逃げられない”南無阿弥陀仏”

新宿署に勤務する女性巡査(23)が、ヤクザと交際して捜査情報を漏らし、さらに100万円を渡していたという。地方公務員法(守秘義務)違反どころか、これは大変なことになる。交際までしたヤクザはこの女性巡査(すでに辞職)を執念のごとく、とことん追い詰めて探し出すだろう。当然、女の実家まで行く。女の身柄を確保した暁には、もう逃げられない。

女を捕えたヤクザは、女の背中に入れ墨だ。これに反抗するようなら、場合によっては身の危険さえある。ある日、首と手足が無い状態で、山林やダムなどで発見されることになる・・・。


同じような事が知人にいたのだ。ある都市でヤクザの仲間だった男が、組から逃げて広島へ戻った。後に数人のヤクザが広島へ来て、知人の実家の周辺をうろついたのだ。

もうひとり、知人の女が広島で飲食店を開いていたが、その女はヤクザ系の人(X)とつきあっていた。経営がうまくいかないとXに頼っていたが、ある時Xは女の実家まで足を踏み入れて金を要求した。後にXは60歳代で死亡。Xを頼りにしていた女は他のヤクザから脅され、ついに自殺。


元女性巡査の顏は、完全にヤクザにバレている。このまま放置しておくはずがない。必ず探し出して女を捕えるだろう。南無阿弥陀仏・・・・。

スポンサーリンク