広島中央署盗難事件「盗難前後で状況に変化はない?」バカな司法判決なう!

17年5月、広島中央署内部で詐欺事件の証拠品の現金8500万円あまりが盗まれて、もうじき1周年記念となる。その大型窃盗事件は5月の連休中に開催された「ひろしまフラワーフェスティバル」の最中に実行された。広島市内の事情通によると、犯人はすでに自殺しており、県警は、つじつまを合わせることに頭を悩ませているという。県警がどんな発表をするのか見ものだ。


広島中央署現金盗難事件で事情聴取されていた県警捜査員が死亡していた


バカな司法判決in広島

広島中央署で詐欺事件の証拠品の現金8500万円あまりが盗まれたのは、警察が適切な管理を怠ったためだとして、詐欺事件の被告が県に賠償を求めていた裁判で、広島地方裁判所は「現金は押収されていて使用できないため、盗難の前後で状況に変化はなく、損害が生じたとは認められない」などとして訴えを退ける判決を言い渡した。訴えを起こしていたのは詐欺事件で起訴されている中山和明被告(35)で「生前贈与をしたい」などとうそのメールを送り、手数料名目で現金をだまし取った罪に問われている。

この詐欺事件の証拠品として広島中央警察署の金庫に保管されていた現金8500万円あまりが盗まれたのは、警察が適切な管理を怠ったためで、押収された現金の返還を求める権利を侵害されたなどとして国家賠償法に基づき県に賠償を求めていた。

4月24日の判決で、広島地方裁判所の小西洋裁判長は「現金は押収されていて使用できないため盗難の前後で状況に変化はなく、損害が生じたとは認められない」などとして訴えを退ける判決を言い渡した。(NHK広島)





広島中央署

広島県警巡査長が公用のバイクからガソリン抜き取る

広島県内の交番に勤務する30歳の巡査長が、公用のバイクからガソリンを抜き取って自分のバイクに入れたとして窃盗の疑いで書類送検された。広島県警は減給の懲戒処分にし、巡査長は辞職した。書類送検されたのは県内の交番に勤務する30歳の男の巡査長。

警察によると今年1月、交番の車庫にとめてあった公用のバイク4台から給油ポンプでガソリンあわせて2リットルを抜き取り、自分のバイクに入れたとして窃盗の疑いが持たれている。ガソリンの減りが早いことに同僚が気づき、警察が勤務する警察官に話を聞いたところ、巡査長が容疑を認めたということで「自宅に帰る際、自分のバイクがガス欠だったためガソリンを抜いた。あわせて数回やった」と話しているという。

広島県警は4月6日、書類送検するとともに減給10分の1、6カ月の懲戒処分にし、巡査長は辞職した。政近利久首席監察官は「職員への指導を徹底し、再発防止と信頼回復に努めます」とコメントしていいる。

また、広島県警は今年2月、知り合いの女性の体を触ったなどとして強制わいせつなどの疑いで逮捕し、その後、不起訴になった30代の巡査部長を4月6日付けで停職3カ月の懲戒処分にし、巡査部長は辞職したという。捜査関係者によると警察のこれまでの調べに対し容疑を大筋で認めていたという。

広島県警で懲戒処分を受けた警察官などは去年は4人だったが、今年はすでに6人に上っている。不祥事が相次いでいることについて広島県警の監察官室は、「職員に対する指導をより徹底し再発防止に努めるとともに、県民の安全安心に向けた取り組みを推進して信頼回復に努めたい」としている。(NHK広島)

兵庫県警の自殺した巡査が宴会で裸おどりを強要されていた

平成27年に兵庫県警の巡査だった木戸大地さん=当時(24)=が自殺したのは上司のパワーハラスメントが原因として、広島市の遺族が兵庫県に約8千万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が3月22日、神戸地裁(和久田斉裁判長)であった。県側は請求棄却を求め争う姿勢を示した。

訴訟をめぐっては昨年10月、遺族が地元の広島地裁に提訴したが、同12月に兵庫県警のある神戸地裁への移送が決まっていた。

訴状によると、木戸さんは平成24年から県警機動隊に所属。当時の上司から身に覚えのない不正を指摘されたり、宴会で裸踊りやスクワットを強要されたりした末、平成27年に隊舎の自室で自殺を図り死亡した。

弁論後の記者会見で、父親の一仁さん(69)は「最愛の息子の無念を晴らしたい。若くして自殺する警察官が減るように戦っていく」と述べた。(産経)

兵庫県警のパワハラで自殺した広島出身の巡査の遺族が提訴

ヤクザと交際した元女性巡査(23)はもう逃げられない”南無阿弥陀仏”

新宿署に勤務する女性巡査(23)が、ヤクザと交際して捜査情報を漏らし、さらに100万円を渡していたという。地方公務員法(守秘義務)違反どころか、これは大変なことになる。交際までしたヤクザはこの女性巡査(すでに辞職)を執念のごとく、とことん追い詰めて探し出すだろう。当然、女の実家まで行く。女の身柄を確保した暁には、もう逃げられない。

女を捕えたヤクザは、女の背中に入れ墨だ。これに反抗するようなら、場合によっては身の危険さえある。ある日、首と手足が無い状態で、山林やダムなどで発見されることになる・・・。


同じような事が知人にいたのだ。ある都市でヤクザの仲間だった男が、組から逃げて広島へ戻った。後に数人のヤクザが広島へ来て、知人の実家の周辺をうろついたのだ。

もうひとり、知人の女が広島で飲食店を開いていたが、その女はヤクザ系の人(X)とつきあっていた。経営がうまくいかないとXに頼っていたが、ある時Xは女の実家まで足を踏み入れて金を要求した。後にXは60歳代で死亡。Xを頼りにしていた女は他のヤクザから脅され、ついに自殺。


元女性巡査の顏は、完全にヤクザにバレている。このまま放置しておくはずがない。必ず探し出して女を捕えるだろう。南無阿弥陀仏・・・・。

広島県警警備部の警部補が盗撮して辞職「そっちへ面接行くけーヨロシク」

広島県警察本部の警備部に所属していた50代の警部補が先月、広島市内で、10代の女性の下半身を携帯電話で盗撮したとして県の迷惑防止条例違反の疑いで書類送検されていたことが捜査関係者への取材で分かった。警部補は懲戒処分を受け、辞職したという。

捜査関係者によると書類送検されたのは、広島県警察本部の警備部に所属していた50代の警部補。先月、広島市中区の路上で「女性を盗撮した人がいる」と目撃した人から通報があり、警察は警部補から任意で事情を聞くとともに携帯電話の画像を調べるなど捜査を進めていた。

その結果、保存されていた画像などから、先月、広島市内で別の10代の女性の下半身を盗撮した疑いのあることが分かり、今月、県の迷惑防止条例違反の疑いで書類送検したという。

捜査関係者によると、警部補は調べに対し容疑を認めているということで、懲戒処分を受けてすでに辞職したという。広島県警監察官室は「公表していない案件につきコメントは差し控える」としている。(NHK広島)

わいせつ行為で逮捕された広島県警巡査部長が不起訴で自由の身になる

広島県内の警察署に勤務する30代の巡査部長が先月、知り合いの女性の自宅で女性の体を触るなどしたとして強制わいせつなどの疑いで逮捕された事件で、広島地方検察庁は3月19日に巡査部長を不起訴にした。不起訴の理由は明らかにしていないという。

不起訴になったのは、広島県内の警察署に勤務する30代の巡査部長。巡査部長は先月下旬、知り合いの女性の自宅で女性の体を触るなどしたとして強制わいせつと住居侵入の疑いで警察に逮捕された。

捜査関係者によると、警察のこれまでの調べに対し、容疑を大筋で認めているという。広島地方検察庁はこの巡査部長について19日付けで不起訴にした。不起訴の理由は明らかにしていない。

広島県警察本部は被害者の保護を理由に巡査部長が逮捕されたことについて発表していないが、今後、処分を検討するものとみられる。(NHK広島)

東広島署の男性巡査3人が後輩警官を裸にして撮影

後輩の警察官を裸にして写真撮影したなどとして、広島県警が、東広島署に勤務していた男性巡査3人(22~27歳)を減給10分の1(3~6カ月)の懲戒処分にしていたことが、捜査関係者への取材でわかった。3人は依願退職した。捜査関係者によると、3人は昨年12月、同県東広島市にある後輩の男性巡査宅で、男性を裸にさせ、携帯電話のカメラで撮影した。3人は酒を飲んでおり、悪ふざけのつもりだったという。(読売)

広島県警巡査部長を強制わいせつの疑いで逮捕

広島県内の警察署に勤務する30代の巡査部長が、2月、知り合いの女性の体を触るなどしたとして、強制わいせつと住居侵入の疑いで逮捕されていたことが捜査関係者の取材で分かった。捜査関係者によると、逮捕されたのは、広島県内の警察署に勤務する30代の巡査部長。2月下旬、知り合いの女性の体を触るなどしたとして、強制わいせつと住居侵入の疑いが持たれている。

巡査部長は、女性と一緒に酒を飲んだあとだったという。女性が警察に相談して発覚したということで、巡査部長は調べに対し、容疑を大筋で認めているという。

警察は、巡査部長が逮捕されたことについて、発表していない。これについて、広島県警察本部監察官室は「被害者保護の観点から公表していないもので、コメントは差し控える」としている。(NHK広島)

監察官の密室での退職強要会話をレコーダーで隠し録りした警察官

山口県警で上司たちから借金などを理由に嫌がらせを受けたとして、光署に勤務していた40代巡査長男性が、山口県に500万円の損害賠償を求めた訴訟の弁論準備が2月20日、山口地裁であった。原告側は退職を強要された証拠として、監察官とのやりとりを録音した音声データなどを提出した。

原告側代理人によると、男性が2017年2月15日、同県警本部の監察官室での約3時間分の会話をレコーダーで隠しどりしたもの。監察官が「辞めることが自分にとって一番いい事と思わんか」「懲戒免職にでもなったら、それがそのまま残る」「辞表書きゃええわいや」などと発言する様子を録音したという。

訴状によると、男性は16年10月〜17年3月、借金や女性問題などを理由に同署や県警本部の幹部たちから退職を強要されるなどの嫌がらせを受けたと主張。男性は17年1月に自律神経失調症を発症したという。(中国)

広島県警が違法な所持品検査を強行!広島県が敗訴!

違法な薬物を所持していたとして逮捕されたあと、警察官の所持品検査が違法だったとして無罪判決を受けた女性に対し、1審に続き2審の広島高等裁判所も県に賠償を命じたことを受け、広島県警は最高裁判所への上告を断念し、女性に慰謝料など55万円を支払うことを決めた。

6年前、広島市東区の女性が違法な薬物を所持していたとして逮捕されたあと、警察官の所持品検査が違法だったとして無罪判決を受け、その後、県に2200万円の賠償を求めていた。

1月26日、2審の広島高等裁判所は1審に続き女性の主張を一部認め、県に慰謝料など55万円の支払いを命じる判決を言い渡した。これを受け、広島県警は、「所持品検査の必要性や緊急性が認められる可能性は極めて低い」などとして最高裁判所への上告を断念し女性に慰謝料など55万円を支払うことを決めた。 (NHK広島)