カテゴリ学校問題 1/17

中学教師が酒飲んでバイクを運転して懲戒免職

中学校の60代の男性教諭が酒を飲んだあとに原付きバイクを運転したとして、広島市はこの教諭を8月3日付けで懲戒免職処分にした。懲戒免職の処分となったのは、広島市内の中学校に勤務する武内眞教諭(63)。広島市によると、武内教諭は18年5月、市内の飲食店で開かれた他の教員や保護者との懇親会でビールや日本酒、それに焼酎を飲み、その後、学校から原付きバイクを運転して自宅へ帰ったという。武内教諭が原付きバイクに乗ると...

  •  0
  •  0

呉商業高の生徒が長浜公園沖の安芸灘で溺れて心肺停止

7月30日午前10時40分ごろ、呉市広長浜1丁目の長浜公園沖の安芸灘で、呉商業高3年の男子生徒(17)=呉市=が溺れたと119番があった。呉市消防局の潜水士が約25分後に、約10メートル沖合の水深2メートルの海中から男子生徒を引き上げたが、心肺停止状態で呉市内の病院に搬送された。呉海上保安部などによると、男子生徒は所属するバスケットボール部の部員6人と一緒に遊泳していた。7人で防波堤まで泳いでいる最中に、この生徒がい...

  •  1
  •  0

中国地方5県の教職員懲戒処分45人「わいせつ・セクハラ」目立つ

中国地方5県と広島、岡山両政令指定都市の各教委が2017年度に懲戒処分にした教職員は計45人で、16年度(計28人)の1.6倍に増えたことが分かった。児童・生徒へのわいせつ行為や飲酒運転など、悪質なケースも目立つという。各教委とも、研修の強化などを進めてきた中での大幅な増加で、危機感をあらわにしているという。各教委によると、17年度に懲戒処分となった教職員は、広島県16人(16年度比6人増)、山口県7人(5人増)、岡山...

  •  0
  •  0

広島で下半身露出を繰り返していた教師が依願退職

7月13日、広島県教委は下半身を露出する行為を繰り返したとして、県西部の県立校の男性教諭(44)を停職6カ月の懲戒処分とした。男性教諭は同日、依願退職した。県教委によると、男性教諭は6月21日午後0時35分ごろ、廿日市市の歩道で下半身を露出したとして、廿日市署に公然わいせつの疑いで逮捕された。その後、留置されず釈放された。県教委の聞き取りに、廿日市市や広島市で同様の行為を複数回、繰り返したと認めた。「ストレス...

  •  0
  •  0

広島教委が前川喜平氏講演の後援を拒否

NPO法人が主催する文部科学省の前川喜平前事務次官による講演会の後援を、広島県と広島市の教育委員会が「安倍政権への批判がクローズアップされ、公教育の中立公正が保たれない」などとして断っていたことが7月4日、分かった。講演会は9月30日に広島市佐伯区で開かれ、不登校問題や憲法をテーマに、前川氏が教育関係者や弁護士と対談する予定となっている。県教委は幹部協議で後援拒否を決定。秘書広報室は「特定の宗教や政党を支...

  •  1
  •  0

廿日市市の高校教師が路上で下半身露出して逮捕されていた

6月21日、廿日市署は廿日市市内の高校に勤める教諭の男を公然わいせつの疑いで逮捕していたことが分かった。捜査関係者によると、逮捕容疑は6月、広島市内の路上で下半身を露出した疑い。男は容疑を認めているという。広島県警は男が逃亡や証拠隠滅を図る恐れが無いとして、留置せずに釈放した。任意で捜査を続けるという。容疑者を逮捕しても留置せずに釈放した事件は発表しないとする県警の公表基準に照らして今回の逮捕の事実を...

  •  0
  •  0

福山の市立小の水泳授業で難聴になった女性が提訴

福山市の市立小に通っていた当時、水泳の授業で教諭にプールに顏を沈められ、難聴の障害を負ったとして、市内の女性(23)が福山市に対し、約2千万円の損害賠償を求める訴訟を広島地裁福山支部に起こしたことが分かった。訴状などによると、女性は市立小3年だった2003年7月、水泳の授業で、泳げないのに体育を担当していた当時20代の男性教諭に首近くを押されて、顏を数回水の中に沈められた。授業後、両耳の急性中耳炎と診断され...

  •  0
  •  0

セクハラ教師と飲酒運転教師に対し懲戒処分

県立高校の50代の男性教諭が、自らが顧問を務めていた部活動に所属する女子生徒2人の体に不必要に触れるセクハラ行為を繰り返していたとして6月8日、県教育委員会から戒告処分を受けた。戒告処分を受けたのは、県西部の県立高校に勤務する56歳の男性教諭。県教育委員会によると、この男性教諭は、一昨年10月から今年1月にかけて、みずからが顧問を務めていた部活動に所属する女子生徒2人の腕や手に、不必要に触れるセクハラ行為...

  •  0
  •  0

「中四国すき家」がアルバイトに3店舗掛け持ち勤務指示

3店舗掛け持ち勤務の睡眠不足で交通事故を起こしたとして、鳥取県湯梨浜町の元アルバイト男性(21)らが中四国地方で牛丼チェーンを運営する「中四国すき家」に慰謝料など計約1240万円の支払いを求めた訴訟の第1回口頭弁論が6月1日、鳥取地裁で開かれた。訴状によると、男性は倉吉市の店舗で勤務していたが、2015年1月ごろ以降、他の店舗を手伝うよう指示された。同年4月19日夜~20日朝、津山市の店舗で12時間半勤務。十分な休息...

  •  0
  •  0

長束西小で給食のカレーに調理器具の破片が混入30人以上が飲み込んだ

5月22日午後、広島市にある小学校の給食で提供されたカレーの中に、調理器具の破片が混入していたことが分かった。給食に器具の破片が混入していたのは、広島市安佐南区にある長束西小学校。学校や広島市教育委員会によると、22日の給食でカレーを口にした20人の児童と教員が、小さな異物が混ざっていることに気づいた。混入していたのは、学校の調理室で食材を混ゼるために使う調理器具の一部だという。器具は、樹脂でコーティン...

  •  0
  •  0