カテゴリ学校問題 1/18

【起立性調節障害&不登校】17年度・広島県内の小中学校で30日以上欠席した子どもが5257人

17年度、広島県内の小中学校を30日以上欠席した子どもは5000人を超え、同じ方法で調査を始めた平成10年度以降、最も多くなったことが県教育委員会のまとめで分かった。県教育委員会によると、17年度、広島県内の国公私立の小中学校を30日以上欠席した子どもは5257人で、同じ方法で調査をはじめた平成10年度以降、最も多くなった。このうち、およそ6割にあたる3042人が病気などを除く理由で欠席した、いわゆる「不登校」だった。11...

  •  0
  •  0

東広島の学生が風俗バイト「客引き」で現行犯逮捕される

学生が風俗関係の客引きのバイトをして逮捕されることが目につくが、本人たちはいったいどう思っているのだろうか。雇う側は、どのように説明しているのだろうか。時給がいいからだと思うが、この手のバイトはいくら頑張っても、将来、社会の役には立たない。そこには一般社会とつながるノウハウが無い。単に短期間で金を貯めるためだとしても、昔とはわけが違う。だから本人のためにも公開しよう。県警繁華街・歓楽街総合対策推進...

  •  0
  •  0

香川県立三本松高校の教師が広島市内で通行中の女の下半身を触り現行犯逮捕される

11月9日夜、香川県の県立高校に勤める29歳の男性教師が、広島市の繁華街で通行していた少女の下半身を触ったとして、県迷惑防止条例違反で現行犯逮捕された。逮捕されたのは、香川県立三本松高校の数学教師・佐伯雅人容疑者。警察の調べによると、佐伯容疑者は9日午後10時45分ごろ、広島市中区流川町の歩道で、通行していた19歳で介護士の少女の下半身を服の上から触った疑いがもたれている。近くを通った男性が目撃し、その場で現...

  •  0
  •  0

県立広島大の暴言准教授がまた暴言を吐いて懲戒処分

11月9日、県立広島大は学生や職員に対してアカデミックハラスメントに当たる暴言などを繰り返したとして、広島キャンパス(広島市南区)の50代の男性准教授を停職10日の懲戒処分にした、と発表した。同大によると、准教授は7月下旬、研究室の学生2人に「小学生からやり直してください」「(卒業に必須の)単位を出さない」などと威圧的なメールを送った。2人を含む学生10人が全員、他の研究室に移ることを余儀なくされた。さらに同...

  •  0
  •  0

広島で教員のなり手が不足

広島県内の小中学校などで、教員のなり手が不足しているという。県教委が県外の学生や教員免許を持つ社会人に、UIJターンして県内で教壇に立つよう促す取り組みを強めている。 県と県警が開く求人セミナーに始めて加わったり、大学生に臨時採用教員となるよう呼び掛けているという。県内では病気や産休で休職する教員の代わりなどを担う臨時教員の不足が深刻化している。県教委によると、県内の公立小中学校では9月19日現在、小学...

  •  0
  •  0

廿日市西高校の教師が生徒指導記録手帳を紛失

廿日市市の県立高校に勤める20代の男性教諭が、生徒200人あまりの名前や成績などを記録した手帳を紛失したことが分かった。これまでに情報の流出や悪用などは確認されていないという。広島県教育委員会によると、10月15日、廿日市市の県立廿日市西高校の生物と化学を担当する20代の男性教諭が、生徒の成績などを記録する「生徒指導記録手帳」を紛失していることに気づいた。手帳には、この教諭が担当する203人分の名前と生物や化学...

  •  0
  •  0

17年度・広島県内の学校でのいじめ件数が4462件で倍増

文部科学省は全国の教育委員会などを通して確認された”いじめ”の件数を毎年調査しているが、17年度の広島県内の学校で確認された”いじめ”は、小中学校と高校、そして特別支援学校で合わせて4462件で、前の年度の2倍近くに増加し、過去最多になった。 内訳は、小学校2963件、中学校1202件、高校283件、特別支援学校14件で、特別支援学校を除いていずれも2倍近くに増えている。また、児童生徒1000人あたりのいじめの認知件数は県内で...

  •  0
  •  0

広島市立小中高校で17年度のいじめが倍増

広島市立の小中高校で、2017年度の児童、生徒のいじめ認知件数(速報値)が、16年度に比べて約2倍の計2087件に増えていたという。市教委が市議会決算特別委員会分科会で明らかにした。17年7月、佐伯区の五日市観音中の女子生徒が校舎から転落して死亡した問題を受け、各学校がアンケート方法を見直すなど、早期の発見に務めている現れだとみている。校種別では、小学校では16年度比740件増の1529件、中学校は301件増の535件、高校...

  •  0
  •  0

決闘容疑で福山の高校1年生を逮捕

10月18日、高校生同士で決闘をし相手にけがをさせたとして、広島県警福山東署は決闘と傷害の疑いで福山市の高校1年の男子(16)を逮捕した。「1人対1人のタイマンをしたことに間違いない」と容疑を認めているという。同署によると決闘容疑での逮捕はこれまで県内で数例しかないという。逮捕容疑は8月21日午後9時ごろ、福山市西町の公園で高校1年の男子(15)と決闘し、拳で殴るなどし、頭や顔に打撲や切り傷などを負わせた疑い。同...

  •  0
  •  0

テスト未返却&逃走した呉の小学校教師を処分

広島県教育委員会は、3年間にわたって担任するクラスのテストの採点や返却を怠る行為を繰り返したうえ、責任を免れようと無断欠勤したなどとして、呉市内の公立小学校に勤務する26歳の男性教諭を10月12日、減給処分にした。県教育委員会によると、この男性教諭は3年前の平成27年度から、担任するクラスのテストの採点や返却を怠る行為などを繰り返していた。去年3月に問題が初めて発覚した際に、学校側は教諭を注意し対応を改める...

  •  0
  •  0