「極楽とんぼ」山本圭壱が吉本興業に復帰

10年ぶりに活動を再開したお笑いコンビ「極楽とんぼ」の山本圭壱(48)が吉本興業に復帰することが11月20日発表された。東京・恵比寿で行われた全国ライブツアーのファイナル公演で、相方の加藤浩次(47)がファンに報告した。

これまでのライブ期間中に山本が行ってきた謝罪に不満な様子の加藤から「最後に(謝罪をもう一度)しなさい」と促された山本が「誠に申し訳ございませんでした」と深々と頭を下げた。これを受けて加藤は「発表させてもらいます。ぼくと山本と吉本興業の大崎社長と10日ぐらい前にお話させていただいて、“戻ってくるか”というお話をいただきました。これからは汗をかいて、できる限り2人で頑張らせていただきたい」と話した。

山本がこれからの抱負について「小さいことでも何でも頑張っていきたいと思いますので、山本圭壱、加藤浩次、極楽とんぼをよろしくお願いします」と誓うと、ファンは温かい拍手で返した。

“軍団山本”のメンバーである「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳(42)、「ココリコ」の遠藤章造(45)、「品川庄司」の庄司智春(40)、「ペナルティ」のワッキー(44)も駆けつけ、加藤からの発表の瞬間を目頭を押さえるなどして見守った。「これまで(山本とは)こっそりと会ってました」などと仲間の復帰がようやく叶ったことを喜んだ。

山本は2006年7月に淫行騒動を起こし、吉本興業から契約を解除された。芸能活動から遠ざかっていたが、15年1月にフリーの立場で活動を再開。7月末放送のフジテレビ「めちゃ×2イケてるッ!夏休みスペシャル」の出演で10年ぶりに地上波復帰を果たし、加藤が“全国謝罪ライブツアー計画”を明らかにしていた。(スポニチ)

「極楽とんぼ」復活謝罪ツアー開始、山本の故郷広島で締め

山本圭壱の10年ぶり地上波復帰から一夜明けた7月31日、「極楽とんぼ」が9月3日から、コンビ復活となる全国謝罪ライブ行脚に出ることが決定したという。イベントの企画や運営を行うホットスタッフのHPで『極楽とんぼ 単独ライブ 全国ツアー2016』として日程を発表、主催は吉本興業。

06年7月、未成年の少女に対する淫行の不祥事で、山本が吉本を解雇され、極楽とんぼは事実上の解散状態にあった。10年ぶりのコンビ復活ライブとなる。ツアーは加藤浩次の故郷である北海道・札幌を皮切りに、山本の故郷・広島まで全国14カ所で行うという。


【以下、ツアー日程詳細】

9/3(土)札幌、 9/10(土)仙台、 9/15(木)新潟、9/18(日)福岡、 9/19(月・祝)いわき、 9/24(土)名古屋、 9/25(日)静岡、 9/26(月)横浜、 9/29(木)石川、 10/1(土)神戸、 10/2(日)高松、 10/8(土)宮崎、 10/9(日)熊本、 10/15(土)広島。


7月30日にフジテレビ系で放送された「めちゃ×イケてるッ!夏休み宿題スペシャル」で山本が10年ぶりに全国ネットのテレビに復帰。土下座して謝罪し、番組のエンディングでは加藤が「ライブからやろう。全国回って謝罪して。それから考えよう。地道に一からやっていこう」とおわび行脚を提案。山本も「一からライブを頑張っていきたい」と応じていたという。吉本サイドは極楽の単独ライブに関連し、山本について「事務所への復帰予定はありません」としている。(デイリースポーツ)

加藤浩次が山本圭壱との「極楽とんぼ」コンビ活動再開へ

お笑いコンビ「極楽とんぼ」の加藤浩次(47)が7月30日放送のフジテレビ「めちゃ×2イケてるッ!夏休み宿題スペシャル」に出演。相方・山本圭壱(48)とのライブで、コンビ活動再開を計画していることを明らかにしたという。この日、昨年1月に芸能活動を再開した山本が10年ぶりに地上波復帰を果たした。

山本は2006年7月に淫行騒動を起こし、吉本興業を契約解除。芸能活動から遠ざかっていたが、昨年1月に東京・下北沢でお笑いライブを行い、再出発。この1年半は週1回の宮崎サンシャインFM「極楽とんぼ山本圭壱のいよいよですよ」に出演しながら、講演会やパチンコの営業などを行ってきた。

「ナインティナイン」の岡村隆史(46)と矢部浩之(44)が番組20周年は「山本と再会する年にする」という今回の企画を説明するため、加藤の自宅を訪問。矢部が「メンバーに黙っていることは?」と問うと、加藤は「今年夏以降ぐらいから極楽とんぼでライブをやろうと段取りは今している。そして小屋も取り出しています」と劇場も押さえ始めていることを告白。山本はまだ知らないという。

今回の企画に、加藤は「テレビでやっていいの?こういうロケは正直、無理だと思っていたから。ライブから一歩ずつと思っていたんだけど」と驚き。「(謹慎期間)10年って長いぜ。相当な年月だと思う」と私見を述べた。(スポニチ)

極楽の山本圭壱が完全復活に気合十分

芸能活動を再開させた極楽とんぼ・山本圭壱が1月29日、「東京・テディーズビガーバーガー表参道店」で行われた『第1回 ハンバーガーかぶりつきコンテスト!!』決勝大会でMCと審査員長を務めたという。終了後にはORICON STYLEのインタビューにも応じ“完全復活”への意気込みを語ったという。

この大会は、ハンバーガーのかぶりつき方の豪快さ、かわいさ、美しさなどで評価し、グランプリを決めるという。開幕早々に「皆さん、元気ですか? お客さんよりスタッフが多いですけど!」とジョークを飛ばして笑わせた山本は、その後も素人との掛け合いで何度も会場を沸かせ、錆びついてないトーク力をみせたという。

終了後に「手探りな感じがまたいい」と素人との絡みを満足げに振り返った山本は「こういうところから頑張っていきたい」と、一からの再出発に何ら不満はないという。現在は地方でのライブやラジオ出演を主な活動としており、「声をかけられたら断る理由はない」と精力的に活動の幅を広げている。

昨年7月には、相方の加藤浩次が座長を務めるコントライブ『イルネス製作所~今世紀最大の発明』に「極楽とんぼ」が“9年”ぶりに復活したことも話題になった。

コンビ復活に向けての具体的な話については、「今はない。いつがどうとか、こういうタイミングでこうしようというのはないですね」としつつ、「機が熟したら。機が熟したらと思われたらまたそういうステージに上がっていけるのかな」と微笑み、「この10年間も肩は作ってる。いつでもいけます」と気合十分に語ったという。

インタビュー中に昨今の芸能界事情にも話が及ぶと「芸能界、暗い話題が多いんですか? ベッキーさん? SMAPさん? どうかしたんですか?」ととぼけつつ「私くらいで明るく出来ることが少しでもあるなら何でもやりたい」と言葉に力を込めたという。(オリコン)

山本圭壱が都内で「カープ愛」を語るトークライブ 東出氏らがゲスト参加

12月16日、極楽とんぼ・山本圭壱(47)が都内でトークライブ「だってカープが好きなんだもんin東京」を開催したという。丸刈り頭の山本は登場するなり「この近くには、なじみがある」と、会場近くのフジテレビを連想させて笑わせた。このトークライブイベントは広島ファンの山本が「カープ愛」を語るイベントだという。広島を今季で引退して来季から1軍打撃コーチに就任する東出輝裕氏や斉藤悠葵元投手をゲストに招いた。(日刊スポーツ)













元極楽とんぼ・山本圭壱がカープ応援でグランドに出没

9月13日、「極楽とんぼ」の元メンバーで、今年1月に8年ぶりに芸能活動を再開したタレントの山本圭壱(47)が、甲子園球場で行われたプロ野球・阪神-広島戦の試合前に、グラウンドに現れたという。山本は、広島が試合前練習中のグラウンドに、黒いTシャツ、ボーダーの短パンというラフな服装で登場した。

トレードマークとなっているハンチング帽姿で、菊池涼介内野手(25)や、梵英心内野手(34)らと広島の選手と笑顔で会話した。

虎党で知られるタレント・松村邦洋(48)とは菊池を囲んで、記念写真を撮るなど、マスコミのカメラを気にすることなく、堂々とリラックスした様子で甲子園を満喫していたという。(デイリースポーツ)

山本圭壱を扱わない地元広島のマスコミ

自虐ネタでアピールしてきた広島県も、さすがに山本圭壱を自虐ネタで扱うにはリスクが高いのか。さらに広島のテレビ局が扱うにも、視聴者からのクレームや放送局の倫理規定に違反するのが怖くて出来ないからか。相変わらず冷たい"ひろしま"だ。しかし、それでもそんな人物を見てみたいというごく一部のファンがいるようだ。極楽とんぼ・山本圭壱(47)が、日刊スポーツの単独インタビューに応じ、現在の心境や相方の加藤浩次(46)への思いなどを120分間にわたって激白したという。


インタビューの中で山本圭壱は、「テレビ番組については、共演話はおろか、単独の出演依頼も届いていない。厳しい状況に変わりはない。それでも2人は今も、コンビ名『極楽とんぼ』を名乗って活動している」という。また、単独ライブは、料金を観客が判断して決めた金額をザルに入れる「投げ銭」形式を採用した。下北沢のライブでは、約100席の募集に1万6000を超える申し込みがあった。会場周辺に100人以上の報道陣が集まり、開催を知った人が殺到したという。


山本圭一の記憶としては、地元広島ローカルテレビ局の正月番組などに出演して、カープの選手とゴルフをやっていたことぐらいか。しかし、あの肥満体系にしては、ゴルフは上手だった。

もし広島ローカルテレビ局が扱うなら、例えば、何とかガールズが「元就」というのんきな番組をやっているから、そんなところからスタートしてみてはどうか。

やはり、ここは率先してローカル広島のテレビ局が声を掛けてあげるべきだと思う。もし、クレームの電話が鳴り止まない状態になったら、謝罪広告でも出しておけばいい。

広島県産を山本圭壱にPRさせると売れるか?

極楽とんぼ・山本圭壱が人柄が良い宮崎でラジオ冠番組スタート

5月5日、極楽とんぼ・山本圭壱(47)がパーソナリティーを務める宮崎サンシャインFM『極楽とんぼ 山本圭壱のいよいよですよ。』(毎週火曜 後7:00)がスタートした。8年10ヶ月ぶりのラジオ出演という山本は「本当に感無量です」と喜びを語ったという。

山本は冒頭「いやぁ始まりました。どうもどうもどうもです。1回目の放送が始まりました」とあいさつ。「ようやくというか、本当に感無量です。本当に宮崎サンシャインFMさんの勇気に拍手!」と興奮気味に話し、「ラジオの前にいるのが8年10ヶ月ぶり。もう丸9年になります」と久々の出演を喜んだ。

続けて山本は「2006年のこと(=騒動)があって、宮崎でゆっくりしてみませんか、と言われた。広島でもお誘いがあったが、日向に引かれました」と出演までの経緯を説明。そもそもは萩本欽一の野球チーム・茨城ゴールデンゴールズに所属していた05年と06年、キャンプで宮崎を訪れたのが縁で、「宮崎の人柄の良さにどっぷりハマった」と明かした。

その後は視聴者と山本の「クロストーク」が展開。「待ってました。いよいよですね」「復活おめでとうございます」「宮崎のおすすめグルメを教えて」などの声に、山本が一つひとつ回答していった。次回放送からは新たなコーナーも設けるという。(オリコン)

山本圭壱の地元広島ライブに黒田投手の生花で完全復活か?

元極楽とんぼの山本圭壱(46)が、3月31日に故郷広島市の広島バックビートで開いたライブ後、復帰後初めて口を開いた。取材に応じ、「本当にありがたい。昔から付き合いがあった」と笑顔を見せた。感謝の言葉は、会場に生花を届けてくれた広島カープの黒田博樹投手(40)に向けられた。今季、米大リーグのヤンキースから8年ぶりにおとこ気復帰。29日のヤクルト戦で2740日ぶりに日本で白星を挙げたヒーローからのエールは、お笑いタレントとして完全復活を目指す山本にとって、大きな支えになったようだ。

広島の選手らとの親交は厚く、阪神から8年ぶりに広島に戻った新井貴浩内野手、梵英心内野手、堂林翔太内野手らに加え、楽天の嶋基宏捕手からも生花が届いた。お笑い仲間、ココリコからも届けられた。

山本は06年7月に不祥事を起こし、今年1月19日の東京・下北沢で復活ライブを開催。同ライブではチケットの倍率が160倍となったが、今回は約10倍。今月6日には、宮崎でライブを開く予定。「東京でやった時は、初めてピンでやったけど意外や緊張しなかった。今日は地元の広島で、みんなあったかく迎えてくれた。浅田真央やハニー結弦のオリジナルネタをやったけど、これをベースにして宮崎では進化させる」と話した。(日刊スポーツ)


山本圭一

元極楽とんぼ・山本圭壱が地元広島でライブ開催を発表!

ついに本格始動か?スポーツ報知によると、2006年に淫行騒動を起こし、活動休止していた元極楽とんぼの山本圭壱(本名・圭一=47)が3月20日夜、今月31日に故郷の広島、4月6日に宮崎でお笑いライブを開催することを自身の公式ホームページで発表した。告知によると、広島は「HIROSHIMA BACK BEAT」、宮崎は「MIYAZAKI SR-BOX」が会場で、ともに午後7時開演。1月19日に東京・下北沢駅前劇場で行った復帰ライブと同様、料金については「終演後、山本圭壱がざるを持ってロビーに立ちますので、お客様のご厚意を投銭として反映させて頂けますと望外です」としている。観覧希望者はホームページを通して申し込む形式だという。

http://doraku-musuko.com/


yamamotokeiichi_hiroshima.jpg


広島は山本の出身地で、活動休止中は宮崎県内の肉巻きおにぎり店で勤務するなどしていた。1月19日の復帰ライブでは、フィギュアスケートの浅田真央(24)、羽生結弦(20)のものまねなどショートコント6~7本を100人の客に披露。報道陣も殺到したが、公演後は電車から原付きバイクで「逃走」し、姿を消していた。

山本圭一