平成26年中の広島県内の犯罪情勢

2014年中の全国の刑法犯認知件数は、1,212,240件で、12年連続で減少した。広島県内の刑法犯の認知件数は21,125件で、前年比1,467件の減少(▲6.5%)、検挙率は36.9%となった。また、刑法犯における検挙数のうち、少年犯罪も減少し、1,421件となり、前年比158件の減少となった。ただし、犯罪内容によっては増加したものもあるため、その項目と件数を表記しておきたい。

【少年犯罪】
刑法犯検挙件数のうち、少年犯罪で前年から増加した犯罪内容は、住居侵入89件(前年比23件増)、暴行72件 (前年比11件増)、詐欺22件(前年比14件増)、強制わいせつ18件(前年比2件増)、すり5件(前年比1件増)、居空き4件(前年比1件増)、偽造2件(前年比1件増)だった。


  平成26年中前年比増加数
万引き3,011119
詐欺987104
置き引き37210
色情ねらい22210
倉庫荒し14758
脅迫11718
自動販売機ねらい11529
公然わいせつ7911
ひったくり718
恐喝707
偽造705
払出盗413
病室ねらい265
学校荒し202
失火176
略奪誘拐・人身売買101
逮捕監禁97
給油所荒し52

広島県警の公表資料から作成

平成25年の広島県の犯罪情勢(暫定値)は凶悪犯罪が増加

広島県警による刑法犯認知件数(暫定値)の発表によると、全国総数は1,382,121件(平成24年)から1,320,748件(平成25年)と、61,373件(4.4%)減少した。

広島県内では、23,902件(平成24年)から22,593件(平成25年)と、1,309件(5.5%)減少した。(検挙率は37.3%)

その中で、増加に転じたものは、全国では知能犯が40,097件(平成24年)から43,190件(平成25年)と3,093件(7.7%)増加した。

広島県内で増加したものがあるので、個別に取り上げてみたいのだが、驚いたことに凶悪犯罪が増えている。凶悪犯罪の内訳は、殺人、侵入強盗、放火となっているのだが、147件(平成24年)から162件(平成25年)で、15件・10.2%増加した。

【凶悪犯の内訳】(以下の数値は左からH24、H25、増加数、増加率)
殺人:24件→34件(10件・41.7%増)
侵入強盗:19件→22件(3件・15.8%増)
放火:22件→42件(20件・90.9%増)

【その他、増加したもの】
器物損壊等:2903件→2984件(81件・2.8%増)
侵入強盗・窃盗:2277件→2352件(75件・3.3%増)
傷害・傷害致死:630件→677件(47件・7.5%増)
住居侵入:423件→426件(3件・0.7%増)
忍込み:279件→320件(41件・14.7%増)
出店荒らし:222件→314件(92件・41.4%増)
色情ねらい:199件→212件(13件・6.5%増)
脅迫:91件→99件(8件・8.8%増)
公務執行妨害:67件→89件(22件・32.8%増)
倉庫荒らし:83件→89件(6件・7.2%増)
公然わいせつ:62件→68件(6件・9.7%増)
横領:35件→45件(10件・28.6%増)
過眠者ねらい:33件→41件(8件・24.2%増)
払出盗:29件→38件(9件・31%増)
病院荒らし:21件→35件(14件・66.7%増)
更衣室荒らし:24件→31件(7件・29.2%増)
病室ねらい:18件→21件(3件・16.7%増)
学校荒らし:12件→18件(6件・50%増)
背任・汚職:4件→11件(7件・175%増)

警察署別ではほとんどの管内で減少したが、山県と安芸高が前年比20%を超える増加を示した。
山県:100件→122件(22件・22%増)
安芸高田:112件→137件(25件・22.3%増)

広島県民の専売特許である強姦・強制わいせつは、減少した。
210件→199件(▲11件・▲5%)

平成22年の広島県犯罪データ

広島県警の犯罪統計資料(2月1日現在の確定値)によると、刑法犯の認知件数は2万8335件で平成21年に比べて518件の減少(▲1.8%)だった。全国では158万5856件で前年比11万7188件の減少(▲6.9%)であるため、広島県の犯罪減少率は低いと言える。個別の犯罪で、前年比で増加した犯罪だけを、ピックアップしてみた。


 全国と広島県の比較
H21年H22年増減数増減率
全 国1,703,0441,585,856▲117,188▲6.9%
広島県28,85328,335▲518▲1.8%



 広島県内で前年比で増加した犯罪
H21年H22年増加件数増加率
自転盗難7,0877,2851982.8%
器物損壊3,5173,568511.5%
その他2,1882,52233415.3%
傷害・傷害致死675714395.8%
色情ねらい2683316323.5%
忍び込み2813234214.9%
事務所荒し31231420.6%
自動販売機ねらい2322562410.3%
強制わいせつ1691912213.0%
自動車盗12713253.9%
脅 迫10410954.8%
偽 造67932638.8%
払出し盗48651735.4%
横 領4452818.2%
強 姦3035516.7%
失 火912333.3%
給油所荒し2108400%
略奪誘拐・人身売買286300%
逮捕監禁67116.7%

全国の犯罪データ(H21強制わいせつ・強姦)と広島県の刑法犯犯罪状況(H22上半期)

広島県警によると、広島県内で今年上半期(1~6月)に起きた刑法犯罪の認知件数は1万3766件で、前年同期に比べ2・1%減と8年連続でマイナスと発表。

ピークだった2002年同期(2万8449件)から半減。県警は、03年にスタートした「減らそう犯罪」県民総ぐるみ運動が着実に浸透してきたとみているようだ。

刑法犯罪の内訳では、最も減少幅が大きかったのは「知能犯」で、前年同期比29・5%減の399件。放火などの「凶悪犯」(74件)が19・6%減と続いた。刑法犯の7割を占める「窃盗犯」(9718件)も0・9%減となった。
県警が防犯対策に力を入れる「身近な犯罪」では、ひったくり(60件)が64・7%減と大幅に減少した。一方で、自転車盗(3362件)が3・8%増え、増加傾向に歯止めがかからなかったとしている。
                                           
広島 刑法犯罪減少
                                             (中国新聞)




【全国の犯罪データ】
このデータは独自調査により、全国の犯罪状況をまとめたもので、数字の根拠は都道府県の警察署が公開している統計を元にしている。
この表では、人口の多い都市部ほど犯罪件数が多いことはすでに認識されているため、人口1万人あたりの犯罪率を算出して順位をつけた。
同時に「強制わいせつ・強姦」認知件数について調査し、刑法犯認知件数に対する強制わいせつ・強姦認知率の順位を付けてみた。

「推計」とした県については、対象とする項目がなく、風俗犯(賭博も含まれる)として公表していたため。
埼玉県の推計については、H22年上半期の数字から算出した。「-」とした県については、未公表だったため。

【平成21年 人口1万人に対する犯罪率ベスト5】

1位 大阪府
2位 愛知県
3位 福岡県
4位 京都府
5位 兵庫県

【平成21年 犯罪者1万人に対する強制わいせつ・強姦率ベスト5】

1位 長崎県
2位 山梨県
3位 宮崎県
4位 沖縄県
5位 広島県(鹿児島県)

広島県の数値は199件であるが、「公然わいせつ」件数を含めると305件になり、犯罪者1万人に対する強制わいせつ・強姦率で全国1位になるのだが、公然わいせつの数字について、各自治体警察がどの様に発表しているのか不明なので、参考程度にしてもらいたい。


広島県の犯罪データH21年