TVタックル・落選無職の塩村文夏氏出演

11月12日のTVタックルは「今だから話せる選挙のウラ側&大反省会SP」ということで、この前の衆院選広島3区で落選し、現在無職の塩村あやか氏が出演していた。番組では塩村氏について、今後どうやって生活していくのかと問われ、本人はアルバイトも探せと言われているが、コンビニで働くかどうかは分からないが、物書きなどの仕事をしていくという。そして、お世話になった市議や県議、国会議員の人たちがいるから、引き続き、広島3区で活動していくのだという。


そこで今回、「天狗パワハラ河井(自民)」と「セクハラやじ塩村(無所属)」の対決となったカオス的第48回衆院選広島3区を総括してみたい。

今回の広島3区の立候補者は6人いたが、泡沫候補は除外して、上位3人に的を絞ることにする。すると、上位3人は、河井克行氏(自民)、塩村あやか氏(無所属)、今枝仁氏(維新)となる。



衆院選広島3区得票結果



広島県内の投票率は、2014年が50.02%、2017年が50.17%だった。ちなみに2017年の広島3区の投票率は49.93%だった。概ね前回と変わらないという状況。

投票の結果は、河井氏(自民)が、前回の衆院選から2,313票を減らすも、2位の塩村氏を21,022票ほど引き離して当選。知名度などから現職有利という展開となった。塩村氏は、広島3区の中のどの投票地域においても、塩村氏の得票数が河井氏の得票数を超えることはなかった。

今回の得票数の予想では、2014年の時の橋本氏(民主)の得票数66,549票と、立候補を辞退した清水氏(共産)の得票数16,514票の合計83,063票が塩村氏に回り、塩村氏が河井氏を破るのではないかという番狂わせも考えられたが、なぜか伏兵の弁護士今枝氏(維新)が20,000票を超える票を獲得したため、河井氏が辛くも当選した。維新のセールスポイントである「身を切る改革」が共感を得られたのかも知れない。

そう考えれば、もし今枝氏が維新から立候補しなければ、塩村氏の61,976票と今枝氏の23,779票を合わせれば、85,755票となり、完全に河井氏を破るという結果につながっていた。ただ、その場合、果たして国会議員の資質として、塩村氏がいいのか、今枝氏がいいのかは不透明。

選挙戦を通じて、有権者の多くは「今の北朝鮮問題にしっかりと対応が出来るのは自民党しかいません!出来ていないような政党に、この日本の政治を任せるわけにはいきません!」などと自民党立候補者が選挙カーから大声で言われると、「そりゃあそうだ!」となってしまうのが現実。野党はこの問題をどう国民に説明していくのかが課題だ。

河井氏は選挙に勝ったが、地元の事情通の話によると、河井氏は怒っていたという。たぶん、前回の衆院選から比べると、得票数が減っており、2位との差も何かあれば簡単に逆転してしまうからかなのか。また、ある地元住民は「河井夫妻は地元の事なんか何も考えとらんよ」と言う。

今回、何かと話題の愛知7区の山尾しおり氏の選挙活動をテレビで見ていたが、有権者に断られながらも握手を求めて笑顔で追いかけて近づいて行く様子が映っていた。テレビカメラが無い時でも、このような活動を熱心にしていたとすると、この笑顔に中高年の男どもがコロリとやられて当選したのかも知れない。

これに対して塩村氏の場合は、そこまでやっていないと思われる。塩村氏が次回の選挙で当選するためには、山尾氏のように、自分のプライドを捨てて、タイプでもないような中高年のオヤジの手を笑顔で握れるのかが課題だ。選挙なんてある意味人気投票だからそんなもんだ。

また、塩村氏の政策の一つである「女性が活躍できる社会」とか「ペット殺処分ゼロ」とか「セクハラ撲滅」とか「平和を発信」というのは、地域住民からすると、あまり関係がない。何を地域にもたらすのかがポイントだ。

逆に、広島4区の中川氏のようにスキャンダルを報じられるようだと、熱しやすく冷めやすい広島では選挙戦などとても戦えない。もし当選すれば、塩村氏の過去を週刊紙がまた報じるだろう。そう考えると、当選してしまった山尾氏のメンタルはものすごいものがある。これは愛知と広島の地域性によるものなんだろうか。

塩村氏は次回の選挙までには、比例当選を狙ってどこかの政党に所属すると思われるが、問題はその後だ。今でも道路端に目につく看板「おかしな事とは闘う!」というキャッチフレーズは、いつまで続くのだろうか。




TVタsックル 塩村あやか氏

【第48回衆院選広島】自民圧勝!3区塩村あやか氏が河井克行氏に敗れる!

10月22日、第48回衆院選の投票結果は自民党の圧勝となり、広島県内でも7つの選挙区で自民党がほぼ独占した。1区では岸田文雄(60・自民前)、2区では平口洋(69・自民前)、3区では河井克行(54・自民前)、4区では新谷正義(42・自民前)、5区では寺田稔(59・自民前)、6区では佐藤公治(58・希望)、小島敏文(67・自民前・比例)、7区では小林史明(34・自民前)が当選確実となった。

東京都議時代だった平成26年、セクハラやじで話題になり、その後、連合広島や共産党の支援を受けて広島3区で立候補した無所属新人の塩村文夏氏(39)は、天狗パワハラ河井克行氏に敗れた。河井氏はこれまで衆院議員を6期務め、法務副大臣や元首相補佐官を歴任した。

落選した塩村氏はテレビのインタビューで、今後も広島3区で活動を続けていくという。




塩村文夏 衆院選落選


河井克行 衆院選当選



衆院選広島1区

衆院選広島2区

衆院選広島3区

衆院選広島4区

衆院選広島5区

衆院選広島6区

衆院選広島7区

衆院選広島3区の塩村氏が選挙妨害を受ける?

第48回衆院選の投開票まで、残すところ3日となった。そこで、ちょっと今回カオスな広島3区だが、いったい誰に投票するのか、知人に聞いてみた。その前に、立候補者の一人である塩村氏が選挙妨害を受けたという。その内容とは、虚偽事実を記載したビラが配布されたという。HPから引用すると、


塩村あやか選挙対策本部からのお知らせ
2017年10月16日 月曜日

この間、衆議院議員候補の「塩村あやか」に関する虚偽事実等を記載したビラが不特定多数人に配布され、選挙妨害を受けていたことから、対応について弁護士と相談しました。結果、公職選挙法の違反行為にあたるとして被告訴人(個人名不詳)を告訴することとし、10月16日、告訴状を広島県警察本部捜査2課に提出いたしました。

http://www.shiomura-ayaka.com/2017/10/16/news-2329.html


問題のビラというのは、どんな内容のものなのか不明で虚偽なのかどうなのかも不明。


ご近所さんは誰に投票する?

3区の人が知人や会社に何人かいるので、誰に投票するのかちょっと聞いてみた。

A子さんは、今までは河井氏に投票していたが、今回は他の人に投票するという。

B子さんは、河井氏の事は、前からあまり好きじゃないという。

C子さんは、日曜日は子供の参観日だから投票に行かないという。

Dさんは、昔から自民・公明だから河井氏にするという。

Eさん(スナック店長)は、安倍嫌いで民進ファンだという。


個人的な考えを加味してまとめると、河井氏が嫌いでも、やっぱり政治を任せるなら自民党だよね。維新の身を切る改革は賛同できるが、今枝氏に投票するのは気が引ける。塩村氏は3区にうごめくじじばばのイメージを払拭させるマスコットガールにぴったりだが、共産党と組むんじゃ投票しずらい・・・、といったところか。

広島3区塩村立候補の街頭演説に蓮舫氏現る!聴衆300人!

衆院選挙も折り返し地点となった10月14日、安佐南区の緑井で広島3区立候補者の塩村あやか氏と、応援に駆け付けた蓮舫氏が街頭演説を行った。演説場所は、JR緑井駅近くの「フジグラン」や「天満屋」があるところだ。集まった聴衆の数は、週末という事もあって家族連れも多く、2つある歩道橋からの見物人も含めると、200人から300人ぐらいか。安佐南区のこの場所にしては、よく集まった方だろう。車社会の広島にあって、安佐南区で効率よく多くの行き交う人々に訴えかけるなら、この場所しかない。

街頭演説では、大きなカメラを抱えたマスコミ風の人たちも目立っていた。たぶん蓮舫目当てだろう。もし、「本通り」あたりで街頭演説をしたら、この何倍もの人だかりになるだろう。


テレビの塩村あやかとは違っていた

「この度、広島3区から立候補することになりました塩村文夏です・・・広島生まれの私は被爆二世で・・・」と、マイクを握って真剣に訴えている姿は、テレビでサンジャポに出ていた”塩村あやか”とは別人だった。こんなにも人間は変われるものなんだろうかと不思議に思った。

マイクを握った蓮舫氏については、あの細い体で、よく大きな声が出るもんだと感心した。このあたりは、さすが全国を駆け回っているだけあって、キャリアが違うといったところだろう。蓮舫氏は、民進党の代表を辞任して以降、人気も衰えたのかと思っていたが、まだまだ健在のようだ。


当選の可能性は?

塩村氏については、一部の層、特に若い層に認知されているが、実はその若い層というのは投票に行かないのだ。10代、20代の投票率は20%あるかないかだ。30代で30%ぐらいだろう。それに対して投票に行く層というのは、60代とか70代だ。この年齢層の投票率は60%を超える。つまり、高齢者層に認知されないと、当選しないのだ。そう考えると、今回は、連合の支援する力が試されるという興味深い選挙だ。




塩村・蓮舫・緑井4

塩村・蓮舫・緑井2

塩村・蓮舫・緑井3

共産党が広島3区の候補者を取り下げて塩村文夏氏を支援表明

衆院広島3区で希望の党から立候補する予定だったが、無所属で出馬することになった塩村文夏氏。結局、希望の党に公認申請をしなかったという。塩村氏は意向確認は伝えていたが、初めての国政選挙というときに、直前に民進党が公認を全員取り消し、聞いていた話と全然違うことが進んだため、方向転換をした。

塩村氏には、連合広島の支援もあるが、ここに来て、共産党も塩村氏を支援するという。共産党は選挙区の顔ぶれによって候補者擁立の調整をしており、急遽、候補者を立てるところもあれば取り下げた選挙区もある。

広島6区には、寺田明充氏(66)を擁立した。寺田氏は共産党の東部地区常任委員。6区では、元衆院議員の自由党・佐藤公治氏(58)が10月5日、希望の党からの出馬を表明した。共産党にとって佐藤氏の希望の党からの出馬は、野党共闘(民進・共産・自由・社民)を模索していた中での決別のしるしとなった。そのため急遽、寺田氏を擁立することになった。

一方、3区について共産党は、候補者を立てることを取りやめた。共産党が支援を表明した塩村文夏氏は、希望の党に合流した民進党の候補予定者だったが、希望の党からではなく、無所属での出馬に転じた。共産党は支持者に対し、選挙区での塩村氏への投票を呼びかけるという。(RCC)


広島3区の立候補予定者

河井克行(54歳)自由民主党
今枝仁(47歳)日本維新の会
野村昌央(35歳)幸福実現党
塩村文夏(39歳)無所属
玉田憲勲(60歳)無所属
西本昭彦(72歳)無所属




共産党広島3区


塩村文夏氏 共産党支援

塩村あやか氏が広島市内に選挙事務所をオープン

東京都議時代に”セクハラやじ”で有名になった福山市出身の塩村文夏(あやか)氏が、広島市安佐南区に選挙事務所をオープンした。塩村氏はもともと、民進党の広島3区総支部長という肩書で選挙に臨む予定だったが、「都民ファーストの会」の創設者である小池百合子氏が新たに立ち上げた政党「希望の党」に民進党が吸収されるという事態になり、民進党は解党されることになった。

選挙を戦う上で党の公認を得られると、党から選挙資金が分配されるため、公認を得られなかった場合との差は大きい。現時点では民進党の資金がどのように扱われるかは不明。それよりも小池都知事は民進党内の左派を受け入れない意向のため、「希望の党」に公認されなかった候補者は、無所属で選挙に臨むことになるという。

9月28日に衆議院が解散され、選挙戦に突入。野党再編の動きの中で未だに立候補する政党が決まらない立候補予定者がいる。そこでRCCが広島3区の動きを取材した。




塩村あやか 選挙事務所



塩村あやか氏民進党広島3区総支部長が「希望の党」に公認申請

広島3区に民進党から立候補する予定だった塩村文夏氏(39)は、希望の党に公認申請を出すことに決めたという。

「ずっと民進党候補のつもりで戦ってきた。がらっと変わるのは間違いない。気持ちを切り替えて進まないと、みんなついてきませんから、切り替えてがんばります」(塩村氏)

小池都知事については

「小池氏につしては、手腕がすごい。物事の流れの転換が上手な方だと思う」(塩村氏)


塩村あやか 広島3区立候補


こう話す塩村氏だが、東京都議時代には都知事選に臨んだ小池氏を「応援できない」という立場を表明していた。

「私自身は(小池氏に)全て100%賛同しているわけではないんですけれども、もちろん、今の自民党と戦っていくという意味と、あとは女性の活躍や待機児童の子育て支援策、ここはがっちり合っているので、今はベターな選択をしたと思っている」(塩村氏)

公認は民進党広島県連が他の立候補予定者とまとめて提出するというが、塩村氏が希望通り、公認を得られるのかどうか見通しは不透明。

「公認されないという不安については、無いといえばうそになるが私は決めたので、後は決めてください、という気持ち」(塩村氏)





広島3区 塩村あやか選挙事務所2




前自民の河井克行氏、2つの党の合流を批判

迎えうつ自民党前職の河井克行氏は、二つの党の合流を辛辣に批判した。

「民進党、どうしちゃったんでしょうね」「政治家にとって命は政策ですよね。それがパッと今までの政策を捨て去って・・・私達はそういう生き方というのはできませんね」(河井氏)

「今の自公、安倍連立政権がいいのか、それとも、できたかできてないか分かりませんけども、ああいうところ(党)に、この国の運命を任せるのかと、それを国民の皆さん、有権者の皆さんに、まっすぐ問いかけるということです」(河井)




広島3区河井克行



広島3区 選挙事務所 位置


民進党辻元清美衆院議員が広島で政策スクール講師を務める

9月3日(日)、あの民進党が「強くやさしい政策スクール」を広島で開講したという。そして、第1回の講師は、あの辻元清美衆院議員だったという。講義の内容については、あの塩村あやか広島3区支部長のFacebookから紹介してみたい。


「なぜ女性が政治に興味を持たないといけないのかを経験とデータから分かりやすく解説して頂きました」との事。

「みんな最初は普通の女性。大阪の在日韓国人の方の多い地区で育った辻元議員は差別する人達をおかしいと思い、おかしいと言い続けてきたそうです」との事。

「お父さんは事業で失敗し、お母さんが美容師として働くことで一家を助けてきました。 奨学金で学校を出て、大変な思いをしてきたことが分かりました」との事。

「そして、市民活動でピースボートの立ち上げに関わります。ソ連の時代にソ連に船をつけ、北朝鮮にも韓国にも行き、市民レベルでの平和市民活動をしてきた辻元議員。私はピースボートではなく動物愛護活動でしたが、生い立ちから市民活動、書籍の担当者までまるで同じでビックリしました」との事。

「そう。あるとき、政治で変えないといけないと気づくんです。辻元議員は故土井たか子さんのお手伝いをしているとき、国会議員の資質を見出され出馬要請をされます。ビックリしたけど、やるしかない、とおもったそうです」との事。

「ご両親が『これはぼた餅やで。ぼた餅を得るにもそのぼた餅が落ちてくる所におらな、ぼた餅は落ちて来んのや!がんばりなさい』と大阪弁で茶目っ気あるエールを送ってくれたことも後押しとなります」との事。

「以降、当選を重ねて6期目。ほぼ野党で当選を重ねることは並大抵ではありません。地元の方は議員の仕事ぶりをよく見ています」との事。

「辻元議員は議員の資質についてお話しになりました。議席を埋めているだけの議員は要りません。特に党や組織の支援で何もせずに給料だけ受け取るような議員もいりません」との事。

「議員定数の削減もよく考えなければ、市民の目線に立った組織のない善良な議員が落選をします。問題意識を持ち、議会活動や地元活動に勤しめる議員を私たち民進党広島は応援します」との事。

「この中から、意識の高い女性議員が生まれたらこれほど嬉しいことはありません。保育士を配置ていますので、ママさんも気軽に参加できます」との事。


第2回は9月24日(日)、塩村あやか前東京都議会議員が講師を務めるんだと。 




民進党 強くやさしい政策スクール


辻元清美衆院議員 広島

第72回平和記念式典に蓮舫氏と塩村氏が参上!

被爆72年目を迎えた2017年8月6日、第72回平和記念式典が行われた。広島市の松井一実市長は平和記念式典で、歴史上初めて核兵器を法的に禁止する条約が今年、国連で採択されたことに言及し、各国政府に対し、「核兵器のない世界に向けた取り組みをさらに前進させなければならない」と訴えた。式典には80カ国代表を含むおよそ5万人が参列した。

参列者の中には民進党の蓮舫氏と民進党広島3区支部長の塩村文夏氏も参列した。

塩村あやか氏によると、「今年は蓮舫代表に同行させて頂いています。とても暑いなか一番に颯爽と来賓席に向かう代表の姿です。多くの方にお声がけ頂いていました」との事。



蓮舫 平和記念式典



また、「代表が来賓席につかれたあとは時間が少しありましたので、毎年お会いする被爆者のかたに再会。今年も健康で再会できたことを喜び合いました。東京の東友会の方にもひとことだけご挨拶ができてよかった」との事。

さらに、「日本は核兵器禁止条約に賛成できませんでした。これはとても残念なことであり、核兵器のない世界への取組を日本は推進させなくてはいけません。そして広島市長は平和宣言の中で、被爆者の方に寄りそう一層の支援策と黒い雨降雨地域の拡大の要望をしました。被爆者の平均年齢は81歳。時間は待ってくれません」との事。




塩村あやか 平和記念式典 - コピー

塩村あやか氏が広島でポスター掲示場所を募集中!

塩村あやか氏のTwitterによると、すでに広島に降臨し、自身のポスターが掲示できるところを探しているという。そのポスター掲示第1号が下の写真(6月18日)だという。現在、ポスターを貼らせて頂けるお宅を募集中との事。さらに、6月19日には、民進党の蓮舫代表とペアの旗竿を持って、広島で初の朝のご挨拶を成し遂げたという。着々と東京生活から広島にシフトしている塩村文夏氏。ただ、よほど目を凝らして探してみないと、誰なのかさっぱり分からない様相。

そこで、どーしても気になっているのが、なぜ自身のポスターは似顔絵なんだろうか。写真は嫌なんだろうか。次期衆院選も、都議時代に使用していた似顔絵ポスターを使うのだろうか。




塩村あやか ポスター第一号



塩村あやか 広島

塩村都議の少子化対策は「子育てやれ!」

AbemaTVで、塩村文夏都議が、少子化を食い止めるにはどのような対策が必要なのか、語ったという。

東京都議会議員で少子化対策に取り組む塩村あやか議員は、教育にお金がかかることが一番の問題だという。一般の働く女性からは「子どもの教育にお金がかかるため、次の子どもはなかなか考えられない」といった声や、2人の子どもを産んだ女性からは「幸せだけれどもお金がかかるという現実が重くのしかかる」という意見が聞かれたという。

例えば、大学まである程度教育が無償化になれば、もう一人産むという選択肢はあるという意見を踏まえ、塩村議員は「(教育無償化のためには)いろいろなところをしっかり見直したうえで増税という話にはなってくると思います。」と話した。

そして、2人目3人目の子どもが欲しいとなった時には夫の協力も欠かせない。夫が率先して子育てを手伝った家庭ほど第2子が誕生していることはデータにも出ているという。

塩村議員は「口ばかりではなくて、やることです。やったうえで『もっとちゃんとサポートするから、もう一人』と言われれば、欲しいと思う女性はたくさんいると思います」と少子化対策への意見を語った。




しおむら

スポンサーリンク

広告