2000万円をだまし取った大阪の受け子高校3年生を逮捕

広島市安佐北区に住む高齢女性が現金6350万円をだまし取られた詐欺事件で、警察は2000万円を送らせた疑いで、受け子の高校3年生を逮捕した。大阪府に住む男子高校3年生は3月、仲間たちと共謀し、証券会社の社員などを装って安佐北区に住む70歳の女性に電話した。そして「違法な名義貸し行為を犯した問題を解決するために現金を支払う必要がある」などとして、現金2000万円を指定した集合住宅に送らせ、だまし取った疑い。警察の調べに対し「中に現金が入っているとは知らなかった」と容疑を一部否認しているという。女性はあわせて現金6350万円をだまし取られて警察が捜査していた。(HOME)

スポンサーリンク



生前贈与詐欺の中山親子を再逮捕、新たに仲間9人を逮捕

高齢の資産家になりすまして「金を贈与したい」などと電子メールを送りつけ、少なくとも400人以上から多額の現金を騙し取った詐欺事件で、警察は既に逮捕起訴されている親子を6月3日、再逮捕した。組織的犯罪処罰法違反の疑いで再逮捕されたのは、中山和明容疑者と父・照寿容疑者。

警察によると、2人は2015年11月から2016年2月までの間、高齢の資産家になりすまして「金を贈与したい」などと電子メールを送りつけ、少なくとも400人以上から1億6500万円以上を騙し取り、既に詐欺の容疑で逮捕され、その後、起訴されている。警察は、だまし取った金額4699万円を隠す目的で、東京などの金融機関の口座に振込んだ疑いが強まったとして、6月3日再逮捕した。

また警察は、中山親子の他に、新たに20代から70代の男9人を逮捕した。警察は中山容疑者の関係先から押収した金の一部を中央警察署に保管していたが、去年5月およそ8500万円が何者かに盗まれていることが発覚。間もなく1年1ヶ月が経とうとしているが、未だに犯人は特定されていない。(TSS)

スポンサーリンク



偽のエルメス「バーキン」を販売した韓国籍の女を逮捕

高級ブランドバッグの偽物を個人や業者に販売したとして、広島市に住む韓国籍の女が警察に逮捕された。商標法違反などの疑いで逮捕されたのは、韓国籍の仕入れ代行業イ・フンミ容疑者。警察によるとイ容疑者は、17年6月から7月にかけて高級ブランド・エルメスの「バーキン」と呼ばれるタイプのハンドバッグに似せた商品を、奈良県の女性ら2人に販売した疑いがもたれている。

また、17年7月には、名古屋市の販売業者の男が不特定多数に販売すると知りながら、同様の偽物のバッグ10個を譲渡した疑いがもたれている。警察は、この男を18年1月に逮捕し、男の銀行口座の振込履歴からイ容疑者を特定したという。

取り調べに対しイ容疑者は、「韓国ではバーキンの商標登録が切れていると聞いていた」と供述し、容疑を否認している。イ容疑者は、韓国からの国際郵便で商品を送っていたということで、警察は入手ルートや余罪について詳しく調べる方針。(RCC)

スポンサーリンク



広島中央署盗難事件で中山被告が控訴

広島中央署で広域詐欺事件の証拠品として金庫で保管中の現金8572万円が盗まれた事件を巡り、詐欺事件の被告男性が広島県に全額の損害賠償を求めた訴訟で、請求を棄却した広島地裁判決を不服として、原告が5月10日までに控訴した。控訴したのは、財産の生前贈与をかたる手口で現金をだまし取ったとして詐欺罪で公判中の住所不定、無職中山和明被告(35)。

4月24日の一審判決は県警が昨年2月に中山被告の自宅や関係先から押収して保管中に盗まれた現金について「今後の捜査で発見される可能性がないとはいえず、原告の還付請求権の行使が不能になったとまでは認められない」などと判断。盗難により、現金の還付請求ができなくなったとする原告側の主張を退けていた。(中国)

スポンサーリンク



広島のビジネス教材「ほーぷ」社長らを逮捕!通信教材を違法販売、被害3億円

通信教育の教材費名目で現金をだまし取るなどしたとして、京都府警は5月8日、特定商取引法違反(不実告知)と詐欺などの疑いで、ビジネス教材販売会社「ほーぷ」(広島市)社長、桑原智之容疑者(48)=同市西区=と同社従業員、室崎剛志容疑者(43)=同市東区=を逮捕した。いずれも容疑を認めているという。

府警によると、2人は過去に通信教育を利用したことがある人の名簿を利用。「通信教育の契約が継続中で、解約には手数料が必要」「当社の教材を購入すれば手数料はかからない」などと嘘の電話をかける手口で、平成24~30年に13都道府県の約720人(延べ約1600人)にビジネス教材を販売し、計約3億円を売り上げていたという。

逮捕容疑は共謀し平成30年1月、京都府福知山市の男性会社員(46)に電話し、教材購入の契約を締結。教材費名目で現金16万2千万円を振り込ませたとしている。また、平成29年4月には京都市南区の男性公務員(45)に同様の電話をかけ、購入契約を締結させたとしている。男性公務員は不審に思い、現金は振り込まなかった。

2人は教材を他の業者から1~2万円で仕入れ、約50万円で販売。異なる3社の販売業者を名乗り電話していた。府警は今後、名簿の入手経路や被害の全容解明を進める。(産経)


スポンサーリンク



「カープの観戦行きたかった」偽のチケットで球場に入ろうとした男を逮捕

期限切れのプロ野球広島カープ公式戦の入場券を改ざんし、球場に入ろうとしたとして、広島県警広島東署は5月3日、詐欺未遂の疑いで、岡山県矢掛町小田の会社員、三宅一也容疑者(44)を現行犯逮捕した。容疑を認めており「どうしても行きたかった」などと供述しているという。

逮捕容疑は5月3日午前10時ごろ、広島市のマツダスタジアムの入場ゲートで、日付や対戦球団名を改ざんした自由席入場券(1700円)を提示して球場に入ろうとしたとしている。不審に思ったスタッフが気付き、通報した。3日は午後1時半から巨人戦が行われていた。同署によると、すでに終了した試合の入場券の上から紙を貼って日付や対戦球団名などを変えていたという。(産経)

スポンサーリンク



安佐北区の高齢者が詐欺で6350万円騙し取られる

広島市安佐北区に住む高齢女性が6350万円の特殊詐欺被害にあっていたことが分かった。警察によると、安佐北区に住む70代の女性の自宅に今年2月下旬、「大手菓子メーカーに融資しませんか」などと電話があった。女性は勧誘を一旦、断わったが、その後、別の男から「既にあなたは融資していて、あなたの行為は犯罪にあたる」などと脅され、解決金名目であわせて6350万円を宅配便で送り騙し取られた。広島県警によると、特殊詐欺は今年に入り69件発生し、被害額はあわせて8150万円だったが、今回の被害は今年発表された被害額では最悪となった。(TSS)

スポンサーリンク



偽造カード詐欺でマレーシア人の女を逮捕

18年1月、広島市中区の宝飾品店で偽造したクレジットカードでブランド品のネックレスなどおよそ160万円分を購入し、だまし取ったなどとしてマレーシア人の31歳の女が詐欺などの疑いで逮捕された。調べに対し容疑を否認しているという。逮捕されたのはマレーシア人で、住居不詳、無職のリム・シー・チー容疑者(31)。

警察によると、リム容疑者は18年1月、広島市中区の宝飾品店など2カ所で偽造したクレジットカードを使ってブランド品のネックレスなどあわせておよそ160万円分を購入し、だまし取ったなどとして詐欺などの疑いが持たれている。警察は今年1月、広島市内で偽造したクレジットカードを持っていたとして逮捕したマレーシア人の男の供述などからリム容疑者がカードを渡して商品を購入させた疑いがあるとして4月18日、逮捕した。

警察によると広島県以外でも、全国10の都道府県で、マレーシア人による偽造カードの詐欺事件などが相次いでいることから警察は関連を調べている。調べに対し「事実無根だ。偽造カードを持ったこともないし使ったこともない」と容疑を否認しているという。(NHK広島)

スポンサーリンク



政治結社「日本国心会」の構成員が生活保護費をだまし取る

ケガで休業補償をもらっているにもかかわらず、申告せず生活保護費をだまし取ったとして、政治結社の構成員の男2人が詐欺の疑いで逮捕された。逮捕されたのは、政治結社「日本国心会」構成員の中尾一徳容疑者(63)と有江圭二容疑者(48)。

警察の調べによると、中尾容疑者は解体工事の現場で骨折し、休業補償などの収入を得ていたにも関わらず、有江容疑者と共謀し、3年前から13回にわたってウソの申請を繰り返し、あわせて173万円あまりの生活保護費をだまし取った詐欺の疑いが持たれている。調べに対し、2人は「間違いない」と容疑を認めていて、中尾容疑者は「お金が欲しかった」と話しているという。(TSS)

スポンサーリンク



ソニー生命福山支社の元社員が1900万円詐欺で逮捕

生命保険会社「ソニー生命」の福山支社に勤務していた52歳の元社員が、顧客の男性に架空の保険契約を持ちかけて現金1900万円をだまし取ったとして、詐欺の疑いで逮捕された。逮捕されたのは、ソニー生命の元社員で岡山県井原市の片山俊一容疑者(52)。

警察によると、片山容疑者はソニー生命の福山支社に勤務していた3年前とおととしの2回にわたって、顧客の30歳の男性に架空の保険契約への加入を持ちかけ、あわせて1900万円をだまし取ったとして詐欺の疑いが持たれている。男性からの問い合わせを受けて会社が調査を進めた結果、不正が発覚し、警察が捜査を進めていた。

片山容疑者は2000万円の個人年金保険に加入していた男性に「挑戦的な商品に乗り換えないか。年金の受取額もアップする」などとうそを言って自分の口座に現金を振り込ませていた疑いがあるという。警察によると、片山容疑者は容疑を認めているという。

会社の内部調査では、他にも複数の顧客が被害に遭っていたことが明らかになっていて、警察は同じ手口で現金をだまし取っていたとみて調べている。(NHK広島)

スポンサーリンク