初詣なら元日から開館している原爆資料館へ

広島市の原爆資料館は、正月を広島で過ごす人たちに見学してもらおうと元日から開館していて、多くの家族連れや観光客が訪れているという。広島市中区の平和公園にある原爆資料館は、原爆で壊滅的な被害を受けた広島について紹介する施設で、帰省などで正月を広島で過ごす人に見学してもらおうと、5年前から元日の開館を始めている。

通常通り午前8時半に開館すると、広島に帰省している家族連れや海外からの観光客が訪れ、1発の原子爆弾によって焦土と化した広島の街の様子や被爆者の遺品の展示を熱心に見入っていた。北海道から観光で訪れた56歳の女性は、「北朝鮮の弾道ミサイルが北海道上空を通過するなど、決してひとごとではないと感じた。展示の内容が新しくなったものもあり戦争について改めて考えさせられた」と話していた。

また去年、国連で採択された核兵器禁止条約の発効には50カ国の批准が必要だが、去年末の時点で3カ国にとどまっていて、今年、どれだけの国が批准するかが注目されている。

新潟から訪れた36歳の女性は、「被爆の歴史を知ってもらうために子どもたちを連れてきました。今年こそ核兵器廃絶に向けた動きに進展があることを願います」と話していた。

広島市の平和公園では、原爆資料館のほか、国の追悼平和祈念館も、元日から通常通り午前8時半から午後5時まで開館している。(NHK広島)

オバマ前大統領が広島訪問のときに現れた黒猫

2016年5月27日、オバマ前大統領が広島平和記念公園を訪れたとき、厳重な警備の中、テレビ中継で背後に黒猫が映っていたのがネットで話題になっていた。この公園には、いわゆる「地域ネコ」が何匹かいるが、たぶん、近所の人たちが、猫にエサを与えてかわいがっていると思われる。

そこで問題の黒猫の話だが、テレビ映っていた黒猫は本当にいるのだろうか、もしかしたらグレーの猫じゃないだろうか、と思っている人もいるかもしれない。しかし、黒猫は平和記念公園にちゃんといる。年は10歳くらいと思われ、すでに高齢にさしかかっている。毛色はほとんど黒色で、胸の一部だけ白い。

ただ、ここを訪れる人々は、平和のシンボルに夢中のため、ほとんどこの猫に気付かないようだ。

かと言って、むやみにこのネコを探し回るのも、あまりお勧めしない。黒猫とは、偶然に出会うのが一番自然で面白い。




広島平和公園 黒猫 オバマ大統領


広島平和公園 黒猫

オバマ前大統領の妹マヤ・ストロさんが広島平和記念公園を訪れる

去年5月、アメリカの現職大統領として初めて広島を訪問したオバマ前大統領の妹、マヤ・ストロさん(Maya Kassandra Soetoro )が7月29日、平和公園を訪れた。高校生の国際交流イベントの講師として広島を訪れたものだという。原爆資料館も約1時間、熱心に見学し、衝撃を受けた様子だったという。(広島テレビ)




オバマ大統領の妹 マヤ・ストロ

平和記念公園韓国人慰霊碑脇のムクゲ3本が裂かれる

韓国人の原爆犠牲者を慰霊するため、広島市中区の平和記念公園の韓国人原爆犠牲者慰霊碑そばに植えられている韓国の国花ムクゲ3本の幹が何者かに裂かれていたことが4月6日分かった。広島中央署が器物損壊の疑いで調べている。広島市によると、ムクゲは高さ約1.0メートル~1.7メートル。3本のうち2本は枝分かれする部分から根本付近まで裂かれていた。5日午後2時半ごろ、公園の警備員が被害に気付き市に通報。管理する在日本大韓民国民団(民団)広島地方本部が市から連絡を受け、6日、同署に被害届を出した。市が5日午前10時半ごろ公園管理のため、周囲の写真を撮った際は異常はなかった。幹をテープで巻き、応急処置をした。(中国)




平和記念公園 ムクゲ

平成28年平和記念式典の裏側でデモ隊が奇声を上げる

2016年8月6日は、原爆投下から71年目となった。今年5月にはオバマ大統領が平和記念公園を訪れ、被爆者と面会した。今日の平和記念式典には安倍総理大臣や海外から91カ国の代表が参列した。原爆が投下された午前6時15分に、参列者全員で黙とうをささげた。

広島市の松井一実市長は「平和宣言」の中で、オバマ大統領が被爆者を前にして述べた、「核兵器のない世界を追求する勇気を持たなければならない」ということばを引用し、「絶対悪」である核兵器の廃絶に向けて各国が連帯して行動を起こすべきだと呼びかけた。


しかし、これらの報道は、平和記念式典を正面からしかとらえていない。毎年の事だが、平和記念公園の北側にある原爆ドームに回ってみると、早朝からいつもの集団が集結している。そして、その集団を警護するかのように県警機動隊がガードする。もう見慣れた光景がそこにある。

さらに 式典の最中、安倍総理の挨拶中に左翼デモ隊が 「原発反対!」「アベは帰れ!」 などと奇声を発していたようだ。



出陣前!

2016年8月6日原爆ドーム前


出陣!

広島デモ01

広島デモ02

広島デモ03

Twitterより

広島平和公園内の木に「M」の文字が切り刻まれる

7月25日、広島市の平和公園にある木に、アルファベットのM」のような傷がつけられているのが見つかった。25日午前8時半ごろ、広島市中区の平和公園にある木に「傷がつけられている」と市に通報があった。市によると、原爆供養塔の近くにある高さおよそ10メートルのヤマモモの木の幹に、アルファベットの「M」のような傷が見つかったという。

傷は、地面から1メートルぐらいのところに、20センチ四方ほどの大きさでつけられ、深さがおよそ1センチに達しているという。市は木に殺菌剤を塗るなど、応急措置を取った。連絡を受けた警察は、何者かが刃物などで傷つけたと見て器物損壊の疑いで調べている。大阪から修学旅行の下見に来ていた小学校の教諭の男性は「平和について考えるこうした場所で、いたずらをするのはいかがなものかと思う」と話していたという。(NHK広島)



広島平和公園 Mの文字


平和公園「M」字1

広島平和記念公園で男女が3人組に襲われる

10月11日夜、平和公園で若い男女が3人組の男に襲われ、現金などを奪われる強盗致傷事件があった。11日午後10時20分ごろ、広島市中区の平和公園のベンチで休憩中の20代の男女が、3人組の男らに「金出せや」と脅された。女性はその場から逃げたが、男性は3人に囲まれ顔を殴られた。男性はズボンのポケットに入れていた現金およそ1万円などが入った財布を奪われ、額を擦るなどの軽傷。男らは数分間暴行した後、逃走した。逃げた3人は全員20代前半とみられ、1人は黒縁メガネで黒いセーターとズボン姿、残り2人は黒い短髪で白いシャツとオレンジのズボン姿、青いセーターと白いズボン姿だったという。(HOME)

広島原爆の日に非核三原則に触れなかった安倍首相

安倍首相は8月10日の参院予算委員会集中審議で、広島の「原爆の日」の式典あいさつで、非核三原則に触れなかったことについて「最終的には私が判断をした」と述べ、自らの判断だったと明らかにした。長崎では三原則に言及したが、「毎年ずっと入っていたので、これが落ちたことで我々が主張を変えたのではないかとの批判があったので言及した」と説明した。首相は「非核三原則件は当然のことであり、その考え方に全く揺るぎはない。広島ではこれを当然の前提として、核兵器のない世界の実現に向け国際社会の取り組みを主導する決意を表明した」と強調した。

長崎市の田上富久市長が原爆の日の式典あいさつで、政府が今国会中の成立を目指す安全保障関連法案について「平和の理念が揺らいでいるとの不安が広がっている」と指摘したことには、「万が一の備えをするものであり、憲法の基本的な考え方は変えていない。国民の命と平和な暮らしを守るために必要不可欠だ」と反論した。(毎日)

原爆ドーム前で「ダイイン」という迷惑行為

恐らく、この「ダイイン」というふざけた迷惑行為は、無知なサヨク教師によって子供たちに教え刷り込まれたものだろう。8月6日のこの時間帯は、人々でごった返すわけだから、こんな場所を占拠したら、これから原爆ドームを訪れる人々に対してほんとうに迷惑である。子供たちに罪はないと思うが、この迷惑行為を先導している大人に平和を語る資格はない。子供たちはまだ気が付かないだろうが、大人になったら目をさましてほしい。



8月6日原爆ドーム前ダイイン -



8月6日、広島市中区の原爆ドーム前で、原爆が投下された午前8時15分に合わせて人々が1分間、亡くなった人たちの追体験をするため、地面に横たわる「ダイイン」をしたり、黙とうしたりしたという。照りつける日差しの下、東京の「三多摩ヒロシマ子ども派遣団」の小4から中3の子どもたち16人もダイインに参加。東京都八王子市の生徒(中学3年)は「戦争はつらいはず。被爆70年に大事な体験ができて良かった」と話したという。(共同)


共犯者か?

8月6日原爆ドーム前

灯篭(とうろう)流し、流れず燃える

8月6日、平和記念式典が終わり、夕方6時から行われる恒例の灯篭(とうろう)流し。これがほとんど流れず、とうろうが川岸に寄り固まっていた。毎年、見に行くわけではないから分からないが、これは潮のせいなのか何なのか。あんまり固まるもんだから、実行委員の人だろうか、川に入ってとうろうを川岸から離して流そうとしていた。また、せっかく600円で買って流したとうろうが、やたらと燃え盛っていた。これも毎年のことなんだろうか。



とうろう流し02

とうろう流し03


とうろう流し01


とうろう流し04

スポンサーリンク

広告