CATEGORY ≫ 火災・放火

尾道の浄土寺近くで住宅火災16棟

9月9日午後7時過ぎ、広島県尾道市の住宅街で火事があった。16棟を延焼し午後8時半すぎ現在も消火活動が続いている。付近の住民1人と連絡が取れないという。火事があったのは、広島市尾道市尾崎本町の住宅街。9日午後7時10分頃、「建物が燃えている」と付近の女性から消防に通報があった。16棟に延焼し、消防車13台が出動して消火活動が続いている。消防によると付近の住民1人と連絡が取れないという。また消火活動をしていた消防士1人が腕に軽いケガをした。現場は、国宝に指定されている浄土寺の南西に位置する国道2号線沿いの住宅街。 (NNN)




尾道市火災



23棟焼く火事

広島県尾道市の住宅街密集地で民家など23棟が焼けた火事から一夜明けた9月10日、警察と消防は実況見分をおこなうなどして出火原因を調べている。火事があった尾道市尾崎本町の住宅街では10日午前9時から警察と消防が合同で実況見分を行った。9日午後7時10分ごろ、「建物がよく燃えている」と付近の女性から消防に通報があった。火は約3時間後に消し止められ民家など13棟を全焼。さらに隣接する10棟にも被害が出た。消防士ら2人が軽傷。警察と消防は9日夜から連絡が取れない近くに住む1人暮らしの68歳の男性の安否確認を急いでいる。これまでの実況見分で火元の住宅は特定できていないということで、警察と消防が出火原因を調べている。(NNN)


尾道市 火災実況見分

尾道で自宅に火をつけた男を逮捕

9月9日午後、尾道市の住宅密集地で住宅2棟が全焼する火事があり、68歳の男が自宅に火をつけたとして警察に現行犯逮捕された。火事があったのは尾道市長江1丁目の住宅密集地。消防によると午後1時50分ごろ「2階建ての家から灰色の煙が出ている」と通報があった。消防車18台が消火にあたり、火はおよそ3時間後に消し止められたが住宅2棟を全焼、住宅など12棟の一部を焼いたという。けが人はいないという。警察は「自宅に火をつけた」と通報してきた鎌倉秀明容疑者を放火の疑いで現行犯逮捕。調べに対し「火をつけたことに間違いない」と容疑を認めているという。現場は住宅が立ち並ぶ地域。(RCC)



尾道市 火事

家庭ゴミを燃やしたら線路脇の枯草に燃え移る

9月1日午前11時50分ごろ、安芸区のJR瀬野駅から東へおよそ4キロの場所で「線路脇の枯草が燃えている」と複数の通報があった。火はおよそ300平方メートルを焼いて50分後に消し止められたが、広島・三原駅間の上下線で合わせて25本が運休したほか、最大2時間20分の遅れが生じ乗客およそ4600人に影響が出た。警察によると通報した90代男性が「家庭ゴミを燃やしていた」と話していたということで、その火が飛び火した可能性があるとみて調べている。(HOME)

西区で火事、住宅2棟が全焼

8月21日午後3時すぎ、広島市西区の住宅地で火事があり、住宅2棟が全焼した。21日午後3時すぎ、広島市西区己斐上の木造2階建ての住宅から火が出ていると、近くを通りかかった人から消防に通報があった。この火事で、通報を受けて消防車17台が出て消火活動にあたったが、住宅2棟が全焼した。午後6時現在、火の勢いは弱まっていて、警察と消防によると、今のところ、この火事によるけが人の情報は入っていないという。現場は、JR西広島駅からおよそ3キロ北西にある住宅が密集する地域で、警察と消防が火が出た原因を調べている。(NHK広島)



広島市西区 火事

世羅町の木工所が火事で全焼

7月30日午後9時前、世羅町の森元木工所で火事があり、隣の住宅も合わせて2棟が全焼した。けが人はいなかった。警察によると木工所は、フスマなどを加工する会社で出火当時、作業はしておらず、工場の中に人はいなかったという。(広島テレビ)




世羅町 森元木工所

広島IC近くで中央分離帯の枯れ草が燃える

7月19日午後、広島市の山陽自動車道で中央分離帯の枯れ草が燃える火事があり、山陽自動車道では現場付近で一時車線規制が行われた。ネクスコ西日本や警察などによると、19日午後4時前、広島市安佐南区の山陽自動車道の広島インターチェンジの近くで、中央分離帯の枯れ草から火が出ていると通報があった。消防車6台が出動して消火にあたり、火はおよそ1時間後に消し止められたが、消防によると、枯れ草が300平方メートルにわたって燃えたという。この火事のけが人はいないという。この影響で、山陽自動車道は上下線とも2車線のうち1車線で通行を規制していたが、19日午後6時前までに規制は解除された。警察と消防が火事の詳しい原因を調べている。(NHK広島)




広島IC近く 中央分離帯 枯草出火

倉橋島の沖で船が航行中エンジンから突然発火

7月19日正午過ぎ、呉市の倉橋島の沖で船が火災を起こし、海上保安部などが消火活動をした結果、およそ2時間後に火は消し止められた。第6管区海上保安本部によると、19日午後0時半ごろ、呉市倉橋町大向の沖で、小型船「芳栄」の乗組員から「船のエンジンから火が出ている」と通報があった。

火災は倉橋島のおよそ200メートル沖合で発生し、近くを通りかかった国土交通省中国地方整備局の「海面清掃船」と通報を受けてかけつけた海上保安部の巡視艇が消火活動をした結果、火はおよそ2時間後に消し止められた。海上保安本部によると、この小型船は呉市音戸町の無人島から何も載せていない台船を引いて、呉市内の造船所に向かっていたという。

当時、小型船内には乗組員の男性が2人いたが、火災のあとすぐ、近くにいた別の船に乗り移ったため、けがなどはなく、船から海への油の流出もなかった。乗組員は「航行中に突然エンジンが燃え、火災が発生した」と話しているということで、海上保安部はさらに事情を聴くなどして火災の詳しい原因を調べている。 (NHK広島)




呉市倉橋島の沖 船から出火

ダイセル大竹工場で火災

7月18日午前、大竹市の化学メーカーの工場で火災があった。18日午前9時半ごろ、大竹市東栄2丁目にある化学メーカー「ダイセル」大竹工場の敷地内の化学プラントで火災が発生した。消防や警察によると、この火災でけが人がいるという情報は入っていないという。「ダイセル」によると、火災が起きたのは24時間稼働している化学プラントで、火災の詳しい原因はわかっていないという。「ダイセル」大竹工場は、大竹市南東部の瀬戸内海沿岸にある工業地帯の一角にあり、会社のホームページによると広さは44万平方メートルで、工場では、ノートパソコンや携帯電話の液晶画面の素材や、たばこのフィルターに使われる化学物質が製造されているという。(NHK広島)


漏れ出た液体に引火?

大竹市の化学メーカーの工場「ダイセル」で火災が起きたが、火はおよそ6時間後に消し止められ、けが人はいなかったという。会社側では、化学プラントから漏れ出た液体に何らかの原因で火がついたのではないかと説明していて、警察と消防が詳しく調べている。

18日午前9時半ごろ、大竹市東栄にある化学メーカー「ダイセル」大竹工場の敷地内にある化学プラントで火災が起きた。消防車など7台が出て消火活動にあたり、火はおよそ6時間後に消し止められた。ダイセルでは工場長など幹部が18日夕方に記者会見し「ご迷惑をおかけし、大変申し訳ございません」と謝罪した。

このなかで、会社側は樹脂を作るため化学物質どうしを反応させる工程で、化学プラントの配管から液体が漏えいし、何らかの原因で火がついたのではないかと説明した。

また、7年前にも同じプラントで小規模な火災が発生していたことを明らかにしたが、今回と原因は異なるという。ダイセルは「対策本部を立ち上げ、全社を挙げて再発防止に取り組みたい」としている。現場の工場は、大竹市南東部の瀬戸内海沿岸にある工業地帯の一角にあり、警察と消防は19日に現場検証を行うなどして、出火の原因を詳しく調べることにしている。(NHK広島)



ダイセル大竹工場火災

自宅に火をつけて全焼させた無職の男を逮捕

7月17日夜、広島市南区で住宅1棟が全焼する火事があり、警察はこの家に住む37歳の男が自分で火をつけたとして放火の疑いで逮捕した。逮捕されたのは広島市南区東雲1丁目の無職、上野英治容疑者(37)。警察によると、上野容疑者は17日午後7時半ごろ、自宅の屋内に火をつけて木造2階建ての住宅1棟を全焼させたとして、放火の疑いが持たれている。

この火事は、消防車10台が出て消火にあたり、およそ1時間半後に消し止められた。上野容疑者はこの家に1人で住んでいたがけがはなかった。警察が上野容疑者に話を聞いたところ、「ライターでカーテンに火をつけた」と供述し、容疑を認めたことから放火の疑いで逮捕した。現場はJR広島駅から南東におよそ2キロほどの住宅や工場が建ち並ぶ地域の一角。(NHK広島)




広島市南区東雲 放火

福山の会社事務所が火事で全焼

7月15日夜、福山市でコンクリート製品を作る会社の事務所や休憩室などが全焼する火事があった。警察と消防では、休憩室が火元の可能性が高いという。15日午後11時50分ごろ、福山市加茂町で、近くの住民から「近所の家から煙が見える」と消防に通報があった。消防車6台が消火にあたったが、木造2階建ての会社の休憩室と隣接する事務所兼倉庫の計328㎡を全焼し、約1時間後に消し止められた。この火事によるけが人はいなかった。 警察や消防によると、燃え方が激しかった休憩室の2階が火元とみられ、 電気配線の劣化で出火した可能性があるという。(HOME)

スポンサーリンク

広告