CATEGORY ≫ 火災・放火

草津浜町で住宅火災

11月11日日午後、広島市西区の住宅街で火事があった。 現場は木造住宅が立ち並ぶ密集地で一時騒然となった。11日午後1時30分ごろ、近所の人から「バイクが燃え建物に燃え移りそう」と119番通報があった。 消防車16台が出動して消火にあたり火はおよそ2時間半後に消し止められたが、住宅2棟が全焼し隣接する家屋の一部に延焼した。近所の人は「1回(火の勢いが)静まったから大丈夫かと思ったらこっちにうつってきてまた燃えだした。風はあっていったりこっちいったり強かった」と話した。この火事によるケガ人はいなかった。警察と消防は出火原因を調べている。(TSS)




広島市西区草津浜町 火事1

沼隈町で住宅が火事 住人と連絡とれず

10月31日夕方、福山市で住宅1棟を全焼する火事があり、この家に住む男性と連絡がとれなくなっている。警察によると、31日午後5時すぎ、福山市沼隈町常石で「住宅の1階から炎が出ている」と、近所の人から消防に通報があった。消防車7台が出て消火にあたり、火は木造2階建て住宅およそ200平方メートルを全焼しておよそ1時間半後に消し止められた。この家に住む渡邊弘造さん(86)と、現在も連絡がとれておらず、警察は付近を捜索すると共に、火事の原因を調べている。(TSS)




福山市沼隈町 火事

バイクショップが入る建物が火事で全焼

10月6日午後、広島市でバイクショップの入った建物を全焼する火事があり、男性1人が顔にやけどをするなどの重傷を負った。火事があったのは広島市東区戸坂大上にある1階にバイクショップの入った建物。消防によると6日午後3時ごろ「店から炎が上がっている」と、目撃した人から通報が相次いだ。火はおよそ2時間後に消し止められたが、木造3階建ての建物を全焼。バイクショップを経営する60代の男性が、顔にやけどをするなどの重傷を負った。警察と消防は、バイクショップが火元とみて火が出た原因を調べている(RCC)




東区戸坂大上 バイクショップ火事

尾道の浄土寺近くで住宅火災16棟

9月9日午後7時過ぎ、広島県尾道市の住宅街で火事があった。16棟を延焼し午後8時半すぎ現在も消火活動が続いている。付近の住民1人と連絡が取れないという。火事があったのは、広島市尾道市尾崎本町の住宅街。9日午後7時10分頃、「建物が燃えている」と付近の女性から消防に通報があった。16棟に延焼し、消防車13台が出動して消火活動が続いている。消防によると付近の住民1人と連絡が取れないという。また消火活動をしていた消防士1人が腕に軽いケガをした。現場は、国宝に指定されている浄土寺の南西に位置する国道2号線沿いの住宅街。 (NNN)




尾道市火災



23棟焼く火事

広島県尾道市の住宅街密集地で民家など23棟が焼けた火事から一夜明けた9月10日、警察と消防は実況見分をおこなうなどして出火原因を調べている。火事があった尾道市尾崎本町の住宅街では10日午前9時から警察と消防が合同で実況見分を行った。9日午後7時10分ごろ、「建物がよく燃えている」と付近の女性から消防に通報があった。火は約3時間後に消し止められ民家など13棟を全焼。さらに隣接する10棟にも被害が出た。消防士ら2人が軽傷。警察と消防は9日夜から連絡が取れない近くに住む1人暮らしの68歳の男性の安否確認を急いでいる。これまでの実況見分で火元の住宅は特定できていないということで、警察と消防が出火原因を調べている。(NNN)


尾道市 火災実況見分

尾道で自宅に火をつけた男を逮捕

9月9日午後、尾道市の住宅密集地で住宅2棟が全焼する火事があり、68歳の男が自宅に火をつけたとして警察に現行犯逮捕された。火事があったのは尾道市長江1丁目の住宅密集地。消防によると午後1時50分ごろ「2階建ての家から灰色の煙が出ている」と通報があった。消防車18台が消火にあたり、火はおよそ3時間後に消し止められたが住宅2棟を全焼、住宅など12棟の一部を焼いたという。けが人はいないという。警察は「自宅に火をつけた」と通報してきた鎌倉秀明容疑者を放火の疑いで現行犯逮捕。調べに対し「火をつけたことに間違いない」と容疑を認めているという。現場は住宅が立ち並ぶ地域。(RCC)



尾道市 火事

家庭ゴミを燃やしたら線路脇の枯草に燃え移る

9月1日午前11時50分ごろ、安芸区のJR瀬野駅から東へおよそ4キロの場所で「線路脇の枯草が燃えている」と複数の通報があった。火はおよそ300平方メートルを焼いて50分後に消し止められたが、広島・三原駅間の上下線で合わせて25本が運休したほか、最大2時間20分の遅れが生じ乗客およそ4600人に影響が出た。警察によると通報した90代男性が「家庭ゴミを燃やしていた」と話していたということで、その火が飛び火した可能性があるとみて調べている。(HOME)

西区で火事、住宅2棟が全焼

8月21日午後3時すぎ、広島市西区の住宅地で火事があり、住宅2棟が全焼した。21日午後3時すぎ、広島市西区己斐上の木造2階建ての住宅から火が出ていると、近くを通りかかった人から消防に通報があった。この火事で、通報を受けて消防車17台が出て消火活動にあたったが、住宅2棟が全焼した。午後6時現在、火の勢いは弱まっていて、警察と消防によると、今のところ、この火事によるけが人の情報は入っていないという。現場は、JR西広島駅からおよそ3キロ北西にある住宅が密集する地域で、警察と消防が火が出た原因を調べている。(NHK広島)



広島市西区 火事

世羅町の木工所が火事で全焼

7月30日午後9時前、世羅町の森元木工所で火事があり、隣の住宅も合わせて2棟が全焼した。けが人はいなかった。警察によると木工所は、フスマなどを加工する会社で出火当時、作業はしておらず、工場の中に人はいなかったという。(広島テレビ)




世羅町 森元木工所

広島IC近くで中央分離帯の枯れ草が燃える

7月19日午後、広島市の山陽自動車道で中央分離帯の枯れ草が燃える火事があり、山陽自動車道では現場付近で一時車線規制が行われた。ネクスコ西日本や警察などによると、19日午後4時前、広島市安佐南区の山陽自動車道の広島インターチェンジの近くで、中央分離帯の枯れ草から火が出ていると通報があった。消防車6台が出動して消火にあたり、火はおよそ1時間後に消し止められたが、消防によると、枯れ草が300平方メートルにわたって燃えたという。この火事のけが人はいないという。この影響で、山陽自動車道は上下線とも2車線のうち1車線で通行を規制していたが、19日午後6時前までに規制は解除された。警察と消防が火事の詳しい原因を調べている。(NHK広島)




広島IC近く 中央分離帯 枯草出火

倉橋島の沖で船が航行中エンジンから突然発火

7月19日正午過ぎ、呉市の倉橋島の沖で船が火災を起こし、海上保安部などが消火活動をした結果、およそ2時間後に火は消し止められた。第6管区海上保安本部によると、19日午後0時半ごろ、呉市倉橋町大向の沖で、小型船「芳栄」の乗組員から「船のエンジンから火が出ている」と通報があった。

火災は倉橋島のおよそ200メートル沖合で発生し、近くを通りかかった国土交通省中国地方整備局の「海面清掃船」と通報を受けてかけつけた海上保安部の巡視艇が消火活動をした結果、火はおよそ2時間後に消し止められた。海上保安本部によると、この小型船は呉市音戸町の無人島から何も載せていない台船を引いて、呉市内の造船所に向かっていたという。

当時、小型船内には乗組員の男性が2人いたが、火災のあとすぐ、近くにいた別の船に乗り移ったため、けがなどはなく、船から海への油の流出もなかった。乗組員は「航行中に突然エンジンが燃え、火災が発生した」と話しているということで、海上保安部はさらに事情を聴くなどして火災の詳しい原因を調べている。 (NHK広島)




呉市倉橋島の沖 船から出火

スポンサーリンク

広告