草津で住宅が全焼、焼け跡から1人の遺体が見つかる

1月15日未明、広島市西区で住宅1棟が全焼する火事があり、焼け跡から1人の遺体が見つかった。15日午前1時半ごろ、広島市西区草津東の橋本清兵衛さん(95)の家から火が出ていると消防に通報があった。消防車など16台が出て、火はおよそ3時間後に消し止められたが、木造2階建ての住宅1棟が全焼し、1階から1人の遺体が見つかったという。警察によると、この家には橋本さんが1人で暮らしていたということで、火事のあと、橋本さんと連絡がとれなくなっているという。このため、警察では亡くなったのは橋本さんではないかとみて身元の確認を急ぐとともに火事の詳しい原因を調べることにしている。現場は広島電鉄の草津駅の南およそ400メートルの住宅地。(NHK広島)



草津東 火災

安佐北区で火事 住宅1棟全焼

1月13日夜、広島市安佐北区で住宅1棟を全焼する火事があった。13日午後8時ごろ、広島市安佐北区可部の石田孝司さん(48)の家で「火と煙が見える」と近所の人から消防に通報があった。火は約1時間半後に消し止められたが、木造2階建ての住宅1棟約110㎡が全焼した。この火事で、当時家にいた石田さんの長女(19歳)が煙を吸うなどして軽傷。近所の人の目撃情報などから、消防は一階が火元とみて詳しい出火原因を調べている。(HOME)



安佐北区 火事 -

安佐南で男が連続放火「ストレスがたまっていた」

去年、広島市で倉庫などに放火したとして21歳の男が逮捕された事件で、男が「ストレスがたまっていた」という趣旨の供述をしているという。この事件は住所不定の平井瑠偉容疑者が、16年4月、広島市安佐南区山本で、倉庫に火をつけて全焼させたほか、16年7月にはアパートの階段下に置いてあった新聞紙にも火をつけたとして、放火の疑いで逮捕されたもの。平井容疑者は「ライターで火を付けた」と容疑を認めていて、「ストレスがたまっていた」という趣旨の供述をしているという。 山本地区周辺では16年4月から7月にかけて竹林などが燃える9件の不審火が相次いで発生していて、警察は平井容疑者がほかの不審火にも関わったとみて、 余罪について調べることにしている。(RCC)




山本地区 火事

東広島市志和町で住宅火災1人死亡

1月12日朝、東広島市で住宅1棟が全焼し、焼け跡から男性1人の遺体が見つかった。12日午前8時45分ごろ、東広島市志和町志和東にある武安史郎さん(71)の住宅から火が出て、木造モルタル平屋建ての住宅1棟およそ200平方メートルが全焼した。この火事で、焼け跡の寝室から男性1人の遺体が見つかった。警察によると、武安さんは1人暮らしで火事のあと連絡が取れなくなっているということで、警察は亡くなったのは武安さんとみて確認を進めている。また、台所の焼け方が激しいということで、警察と消防はこの付近が火元とみて火事の原因を調べている。現場はJR山陽線の八本松駅から北に5キロほど離れた山間の、住宅が点在する地域。(NHK広島)



志和町 火事

三次で住宅が全焼1人死亡

1月6日未明、三次市で住宅1棟が全焼する火事があり、焼け跡から1人が遺体で見つかった。6日午前2時すぎ、三次市三良坂町の玉井喜久男さん(87)の住宅が燃えていると近くに住む人から消防に通報があった。駆けつけた消防がおよそ2時間後に火を消し止めたが、木造平屋建ての住宅1棟が全焼し、焼け跡の寝室付近で1人が遺体で見つかった。

警察によると、玉井さんは長女と2人暮らしで、長女は同じ敷地内にある別棟にいて無事だったが、火事のあと玉井さんと連絡がとれなくなっているということで、警察では遺体は玉井さんではないかとみて確認を進めている。また、遺体が見つかった寝室付近の焼け方が激しいということで、消防と現場検証を行って火事の詳しい原因を調べることにしている。現場は三次市の中心部から東におよそ10キロ離れた山あいにある住宅や田畑が点在する地域。(NHK広島)



三次市三良坂 火事4

西区のアパートで火災1人死亡

1月4日早朝、広島市西区の2階建てのアパートで火事があり、2階の部屋の玄関先で住人とみられる高齢の男性が死亡しているのが見つかった。4日午前4時前、「広島市西区大芝のアパートの2階から煙と炎が見える」と近くを通りかかった人から消防に通報があった。消防によると、消防車10台が出て消火に当たり、火は約1時間後に消し止められたが、木造2階建てのアパートの2階部分約30平方メートルが焼けた。そして火元と見られる部屋の玄関先で住人とみられる高齢の男性が倒れていて、その場で死亡しているのが確認されたという。また、隣の部屋に住む高齢の男性も煙を吸うなどして軽いけがをしたという。現場はJR横川駅から北に約1キロの住宅街で消防と警察が火事の原因を調べている。(NHK広島)



西区大芝 アパート火事

尾道で住宅火災、焼け跡から遺体が見つかる

12月30日朝、尾道市で住宅が全焼する火事があり、住んでいた女性がやけどをして病院に搬送されたほか、焼け跡から男性の遺体が見つかった。30日午前8時すぎ、尾道市福地町の高橋貞次さん(84)の住宅から煙が出ていると近所の男性から消防に通報があった。消防ではポンプ車など7台で消火にあたり、およそ2時間後に火を消し止めたが木造2階建ての住宅1棟100平方メートルあまりが全焼したほか、隣の住宅の一部が焼けた。

この火事で高橋さんの84歳の妻が頭などにやけどをして病院に搬送された。また、焼け跡からは男性の遺体が見つかり、火事のあと高橋さんと連絡がとれなくなっていることから、警察は亡くなったのは高橋さんとみて身元の確認を急ぐとともに出火の原因を調べている。(NHK広島)



尾道市 住宅火災

因島で住宅火災61歳男性が意識不明の重体

12月22日午前、尾道市で住宅が焼ける火事があり、この住宅に住む61歳の男性が全身にやけどを負って意識不明の重体となっているという。22日午前9時前、尾道市因島中庄町の住宅の2階から火が出ていると、この住宅に住む女性から消防に通報があった。

消防車6台が出て消火にあたり、火はおよそ30分後に消し止められたが、この火事で木造モルタル2階建ての2階の1部およそ11平方メートルが焼けた。

警察によるとこの火事で、この住宅に住む61歳の男性が全身にやけどを負い、意識不明の重体となっている。また、消防に通報した56歳の妻も足に軽いやけどを負ったという。警察と消防は火事の原因を詳しく調べている。現場は西瀬戸自動車道、通称、しまなみ海道の因島北インターチェンジからおよそ1.6キロ東の住宅などが建ち並ぶ地域。(NHK広島)



因島 火事

湯来町で家が全焼 老人1人が遺体で見つかる

12月8日夜、広島市佐伯区で住宅が焼ける火事があり、焼け跡から1人が遺体で見つかった。火事のあと、この家に住む91歳の女性と連絡が取れなくなっていて、警察は遺体はこの女性ではないかと見て確認を急ぐとともに、火事の原因を調べている。

8日午後11時半ごろ、広島市佐伯区湯来町多田の上田チヨ子さん(91)の住宅から火が出ていると隣の住宅に住む家族の男性から消防に通報があった。消防車など9台が出て消火にあたり、火はおよそ2時間半後に消し止められたが、この火事で木造一部2階建ての住宅1棟およそ70平方メートルが全焼したほか、隣の住宅の一部が焼け、全焼した住宅の焼け跡の1階から1人が遺体で見つかった。警察によると、全焼した住宅には上田さんが1人で住んでいたということで、火事のあと、連絡がとれなくなっているという。(NHK広島)



湯来町 火事

江田島でたばこの不始末で火事1人死亡

12月3日未明、江田島市で住宅の一部が焼ける火事があり、この家に住む72歳の男性が死亡した。3日午前2時半ごろ、江田島市大柿町の沖満平さん(72)の家の中で煙が出ていると、同居する48歳の娘から消防に通報があった。消防が駆けつけた時に火はすでに消えていたが、この火事で木造2階建ての住宅の1階にある寝室のカーペットや座布団などおよそ1平方メートルが焼けた。寝室から沖さんが救助されたが煙を吸い込んでのどをやけどしていたうえ、一酸化炭素中毒の状態で、およそ1時間後に病院で死亡が確認された。警察によると、焼けたカーペットの上には灰皿があり、たばこの吸い殻が残されていたということで、警察や消防で火事の詳しい原因を調べている。現場は江田島市南部の山あいに住宅が点在する地域。(NHK広島)