UR都市機構高陽真亀団地で火事1人の遺体が見つかる

5月10日午後、広島市安佐北区の集合住宅で火事があり、火元の部屋から1人が遺体で見つかった。警察はこの部屋に住む68歳の女性とみて確認を進めるとともに、火が出た原因を調べている。10日午後2時30分ごろ、広島市安佐北区真亀の集合住宅「UR都市機構高陽真亀団地」の5号棟から火が出ていると消防に相次いで通報があった。

消防車19台が出て消火活動にあたり、火はおよそ1時間半後に消し止められたが、5階の犬童照夫さん(71)の部屋が全焼し、焼け跡から1人が遺体で見つかった。集合住宅は8階建てで、6階と7階の部屋も一部が焼けたほか、8階に住む80代の男性が立ち上ってきた煙を吸って病院で手当てを受けているという。

警察によると、犬童さんは68歳の妻と2人暮らしで、出火当時、犬童さんは外出していたという。警察は亡くなったのは犬童さんの妻とみて確認を進めるとともに、火が出た原因を調べている。(NHK広島)



安佐北区真亀 マンション火災2

スポンサーリンク

自暴自棄になってアパートに火をつけた無職39歳男

5月6日未明、広島県福山市の郊外で、木造のアパート2棟が全焼し、警察は住人の39歳の男を放火の疑いで逮捕した。警察などによると、6日午前2時半すぎ、広島県福山市神村町のアパートから出火し、火は木造平屋建てのアパート2棟、計約120平方メートルを全焼して約1時間後に消し止められた。この火災によるケガ人はいなかった。

出火元のアパートには3部屋あり、このうち2部屋は空き家で、警察はアパートに1人で住む39歳の男から事情を聞いていたが、「自分の部屋のふとんにライターで火をつけた」と容疑を認めたことなどから、無職の岡田司信容疑者を放火の疑いで逮捕した。

動機について岡田容疑者は「自暴自棄になった」という内容の供述をしているという。 警察と消防は、けさから焼け跡を掘り起こすなどして、詳しい出火の経緯などを調べている。(TSS)



福山市神村町 火災


スポンサーリンク

白島で3階建の建物が火事

広島市消防局によると、4月29日午後6時ごろ、広島市中区白島中町で「建物の窓から火が出ている」と通報があった。通報を受けて消防車15台が現場に出て消火活動を行うとともに、けが人や逃げ遅れた人がいないか確認を進めているという。現場はJR山陽線の新白島駅から東へおよそ300メートルの線路沿いにある、マンションや住宅などが密集した地域。(NHK広島)

29日午後6時ごろ、広島市中区白島中町の3階建ての住宅で「2階の窓から炎が見える」と近くにいた人から消防に通報があった。消防車15台が出て消火活動にあたり、火はおよそ2時間半後に消し止められたという。この火事で住宅1棟が焼けたという。

警察によると、この住宅には夫婦と子ども4人のあわせて6人が暮らしているが、出火当時は全員外出していてけが人はいないという。警察と消防が火事の詳しい原因を調べている。(NHK広島)





広島市中区白島中町 火事

Twitterより


白島中町 住宅火災3


白島中町 住宅火災2

スポンサーリンク

江田島で民家から出火 3人と連絡取れず

4月19日午前1時すぎ、広島県江田島市能美町鹿川の無職小国(こぐに)昭二さん(73)方付近から出火。いずれも木造2階建ての小国さん方と南隣の無職谷川文彦さん(53)方の住宅を全焼し、およそ3時間後に鎮火した。江田島署などによると、小国さんは40代とみられる娘と10代とみられる孫の男性の3人暮らしで、いずれも連絡が取れないという。現場は広島市中心部から南に約10キロ。広島湾に浮かぶ江田島と地続きの能美島の中ほどにある小さな集落の外れ。(朝日)

スポンサーリンク

尾道の西願寺境内にある住宅が全焼

4月10日午後2時50分ごろ、尾道市吉浦町の西願寺(さいがんじ)境内から出火、木造平屋建て住宅約88平方メートルを全焼、隣接する物置も燃えた。尾道市消防局などによると、全焼した住宅は住職が住む庫裏の離れ部分。けが人はなかった。西願寺は大林宣彦監督の映画「さびしんぼう」(1985年)の主要舞台。主人公の生家という設定で、山門や石段が登場し、本堂で大掃除をするシーンがある。(毎日)



尾道市西願寺

スポンサーリンク

「流川雑居ビル火災」ゴキブリ駆除でガスバーナーを使った元店長を在宅起訴

2015年10月、6人が死傷した広島市中区流川町の雑居ビル火災で、このビルに入居していた飲食店の20代の元店長男性が、ゴキブリ駆除のために使った火を建物に燃え移らせたなどとして、広島地検が近く、重過失失火と重過失致死傷の罪で在宅起訴する方針を固めた。元店長は昨年6月、広島県警から両容疑で書類送検されていた。歓楽街で起きたビル火災の刑事責任が法廷で審理される見通しとなった。

元店長は15年10月8日午後9時40分ごろ、段ボールや廃油缶などが置かれたビル1階のスペースで、ゴキブリにアルコールスプレーを吹きかけ、ガスバーナーで火を付けて駆除。その際、段ボール箱などに引火させ、ビルを全焼させた上、2階のメイドカフェにいた会社員男性(当時36)たち3人を急性一酸化炭素中毒で死亡させ、男女3人にけがをさせた疑いが持たれている。

これまでの県警の捜査などで、元店長がゴキブリを駆除して店内に戻って間もなく火の手が上がり、同僚たちに口止めをしていたことが判明している。地検はこうした状況などから、火災は元店長の失火が原因と判断し、6人が死傷した結果の重大性も踏まえて在宅起訴に踏み切るとみられる。

県警は、適切な防火対策を怠ったとして、ビルを所有していた会社役員女性と、メイドカフェを経営していた会社役員女性の2人も業務上過失致死傷の疑いで書類送検している。地検はこの2人についても処分を検討している。

このビル火災を巡っては、亡くなった会社員男性の遺族が16年9月、防火対策を怠ったなどとして、ビルの所有者たちに約8300万円の損害賠償を求める訴訟を広島地裁に起こし、裁判が続いている。(中国)


広島「黒猫メイド魔法カフェ」で雑居ビル火災

スポンサーリンク

「火の燃え方が見てみたかった」放火容疑で少年を補導

広島県府中町のスーパーのごみ置き場の段ボールに火を付けたとして、広島東署は4月3日、県内の10~13歳の少年を非現住建造物等放火未遂の疑いで補導したと発表した。関係者によると、少年は安芸郡内の小学生。東署によると、府中町で3月に相次いだ他の不審火の一部への関与もほのめかし「火の燃え方が見てみたかった」などと話しているという。

東署によると、男児は3月26日正午ごろ、府中町本町4丁目のスーパーのごみ置き場で、十数枚が積まれた段ボールに火を付けた疑いが持たれている。防犯カメラの映像などで特定し、男児が容疑を認めたため3月29日に同署が補導した。町消防本部によると、現場にはマッチ箱やマッチ棒が散乱していた。

府中町では、3月26日正午ごろから午後6時ごろまでの間、半径500メートル内にある公園トイレ、アパートの駐輪場、多目的会館の3カ所でも不審火が発生。東署によると、男児はこのうち2件への関与もほのめかしているという。

14歳未満は刑事処分に問えないため東署は男児を調べ、児童相談所に送致か通告する。同町では昨年5月、車にかぶせてあったシートなどを焼く9件の不審火が起きているが、東署は発生時間帯などから別人物の犯行の可能性が高いとみている。(中国)

スポンサーリンク

府中町で連続放火

3月26日午後、府中町のスーパーや公園などで4件の火事があった。いずれも火の気のないところから出火していて、警察は連続放火の可能性もあるとみて捜査している。警察と消防によると、26日午後0時10分ごろ、府中町本町のスーパーから「ごみ置き場が燃えた」と警察に通報があった。ごみ置き場に置かれていた段ボールの束が燃えたが、店員が消し止め、けが人はいなかった。およそ30分後、近くを調べていた消防隊員が、公園の公衆トイレで、トイレットペーパーが燃やされた跡を発見した。その後も、午後6時までの間に、公民館の網戸が燃えた跡や、アパートの敷地内に置かれていた自転車の車輪が燃やされた跡などが相次いで見つかった。いずれも、半径およそ500メートルの範囲内で、火の気のない場所だった。警察は、同一犯による連続放火の可能性もあるとみて、防犯カメラの映像を確認するなどして捜査している。(RCC)

スポンサーリンク

家主が荷物整理した空き家が火事

3月12日夜、広島市安佐北区で、木造2階建ての住宅を全焼する火事があった。警察などによると、12日午後9時20分ごろ、広島市安佐北区安佐町久地で、「建物の1階と2階から炎が出ている」と、近所の人から119番通報があった。

消防車など17台が出動し、火はおよそ3時間後に消し止められた。この火事で木造2階建ての住宅およそ300平方メートルを全焼したが、ケガ人はいなかった。現場は山間にある住宅で普段は空き家だが、12日は日中に家主が訪れ、荷物の整理などをしていたという。

警察と消防は実況見分を行って、詳しい出火原因などを調べている。(TSS)



安佐町久地 火事

スポンサーリンク

三原市の山あいの一軒家が火事

3月7日午後、三原市で住宅1棟が全焼し、この火事で1人の遺体が見つかった。警察はこの家に住む男性と連絡が取れなくなっているため、この男性とみて身元の確認を急いでいる。7日午後2時ごろ、三原市八幡町本庄の無職・宗友昇さんの「家の屋根から炎が見えている」と近所の住民から消防に通報があった。

消防車8台が出動し、火はおよそ1時間後に消し止められたが、木造平屋建ての住宅1棟と隣接する倉庫が全焼した。この火事で焼け跡から1人の遺体が見つかっている。警察は、この家に1人で住んでいた宗友さんと連絡が取れなくなっていることから、遺体は宗友さんとみて身元の確認を急いでいる。現場は山あいの一軒家で、出火当時、県の南部には乾燥注意報が発表されていた。(TSS)



三原市 住宅火事

スポンサーリンク