カテゴリ佐村河内守 1/3

佐村河内守氏の損害賠償額4200万円

「全ろうの作曲家」として活動した佐村河内守氏(54)が楽曲を他人に作らせていたことが発覚して全国公演が中止になったとして、大阪市の企画会社「サモンプロモーション」が約6100万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が12月28日、大阪高裁であった。山田陽三裁判長は佐村河内氏に約5700万円の支払いを命じた大阪地裁判決を変更し、賠償額を約4200万円に減らした。(毎日)...

  •  0
  •  0

ゴーストライター佐村河内氏の「FAKE」がテレビ初放送

聴覚障害があるとかないとか、さらに広島市民賞まで獲得(FAKEだったため取り消し済み)した、自称音楽家であり、「現代のベートーベン」と称賛されたゴーストライターの佐村河内守氏(53)。広島では、もう佐村河内氏のことを話す人などいないだろう。もし囁かれるとしたら、夜の酒場でのネタぐらいだろうか。そんな彼のその後を描いたドキュメンタリー映画「FAKE〈ディレクターズ・カット版〉」が7月2日午後9時から、BS日本映画...

  •  0
  •  0

全国ツアー中止で佐村河内氏に5700万円の賠償命令

「全ろうの作曲家」として活動した佐村河内守氏(53)の楽曲をゴーストライターが作曲した問題を巡り、企画した全国ツアーが中止に追い込まれたとして、大阪市の音楽興行会社が佐村河内氏に約6100万円の賠償を求めた訴訟の判決が12月15日、大阪地裁であった。高松宏之裁判長は「全ろうでない事情を伝えず、企画に積極的に関与した」と述べ、約5700万円の支払いを命じた。判決によると、原告のサモンプロモーションは2013~14年、...

  •  0
  •  0

新垣隆が佐村河内守の「FAKE」を見ていた

作曲家の新垣隆氏(46)が11月1日放送のTOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜、後5時)に生出演し、「人生を賭けた出来事」を披露したという。佐村河内守氏(53)のゴーストライターだったことを暴露した新垣氏が4つの「人生を賭けた出来事」を紹介。1つめは小学生の時、児童会書記会計に立候補をしたことを挙げ、「落選しました。人生初めての挫折経験で、元気な子供だったんですが、声が小さくなって現在に至る」と解説。それでも...

  •  0
  •  0

佐村河内氏が曲使用料請求JASRACを提訴

耳が聞こえない作曲家として活動し、2014年に作曲家偽装問題が発覚した佐村河内氏(53)が、楽曲の使用料が分配されていないとして日本音楽著作権協会(JASRAC)に支払いを求め、東京地裁に提訴していたことが10月4日、分かったという。第1回口頭弁論回が6日に開かれる。佐村河内氏が発表した作品は、新垣氏が代作していたことが14年2月に発覚。JASRACは14年末、「誰の作品で誰に著作権があるかが不明」として、佐村河内氏から委...

  •  0
  •  0

佐村河内氏の元相棒、新垣氏が新作交響曲「連祷―Litany―」を完成

両耳が聞こえない作曲家として話題を集めた佐村河内守氏の「ゴーストライター」だった作曲家新垣隆氏(45)が、広島と福島をテーマに新作交響曲「連祷(れんとう)―Litany―」を完成させた。8月15日午後3時から広島国際会議場(広島市中区)で、東広島交響楽団によって演奏されるという。3楽章で構成された30分以上の大作で、原爆による焦土から奇跡的な復興を遂げた広島と、原子力による惨禍に見舞われた福島がテーマ。新垣...

  •  0
  •  0

佐村河内守氏の映画「FAKE」が予想外の大ヒット!!

2014年のゴーストライター騒動の渦中にあった佐村河内守氏にドキュメンタリー作家の森達也が密着した映画『FAKE』が、渋谷ユーロスペースで公開初日から5日間連続満席になったという。この大ヒットを受け、急きょ同劇場2階のユーロライブでの追加上映が決定したという。オウム真理教を題材にした『A』(1998)や『A2』(2001)などタブーとされるテーマに切り込んできた森達也監督が、ゴーストライター騒動で世間からバッシングさ...

  •  0
  •  0

佐村河内守氏のドキュメンタリー映画「FAKE(フェイク)が6月4日公開決定

2014年にゴーストライター騒動で話題となった佐村河内守氏(51)のドキュメンタリー映画「FAKE(フェイク)」が完成し、公開日が6月4日に決まったという。

「髪の毛は元美容師の妻に切ってもらった」と謝罪会見で話した佐村河内守氏だったが

「FAKE」は主に、騒動後の佐村河内氏を追った作品だという。撮影期間は、14年9月から今年1月まで。横浜市内の同氏の自宅でカメラをまわし、海外ジャーナリストから取材を受ける様...

  •  0
  •  0

佐村河内守氏騒動の映画化が年内完成か?「そこまで言って委員会」

2月7日の「そこまで言って委員会NP」では、「週刊紙報道を考える」と題して放送された。驚いたことにパネラーとして長谷川豊が出ていた。長谷川豊は昨年、安保法案に反対する学生団体SEALDsについて、「SEALDsの奥田氏をバカにするやつはネット上から消えろ 」と、自信のブログに書き、言論弾圧をネット上で繰り広げた人物であり、フジテレビとの金銭トラブルを週刊紙に書かれた元フジテレビアナウンサーで元犯罪者だ。日本テレビ...

  •  0
  •  0

BPOが佐村河内氏の人権侵害を指摘「アッコにおまかせ!」に勧告

11月17日、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送人権委員会(委員長・坂井真弁護士)は、楽曲の代作問題が発覚した佐村河内守氏が人権侵害を申し立てていたTBS系バラエティー番組「アッコにおまかせ!」について、「名誉を毀損する人権侵害があったと言わざるをえない」として、再発防止を勧告したという。対象となったのは、佐村河内氏の謝罪会見を取り上げた214年3月9日の放送。VTRで「普通に会話が成立」とのテロップを流したほ...

  •  0
  •  0