福山ナマコ無許可加工容疑で指定暴力団浅野組中岡組組員を逮捕

広島県に無許可で「高級珍味」のナマコを加工製造していた事件で、福山東署と県警捜査4課は5月1日、福山市花園町1丁目、指定暴力団浅野組中岡組組員の真鍋吉郎容疑者(41)を県食品衛生に関する条例違反の疑いで逮捕した。福山東署などは、1月下旬以降の収益は2千万円以上で、多くが暴力団関係者に渡ったとみて、資金の流れや流通経路などの解明を急ぐ。

逮捕容疑は、会社役員李裕明(49)ら知人3容疑者=いずれも同容疑で送検=と共謀。同条例で決められた営業施設の認定を受けずに、1月下旬から4月上旬までの間、同市鞆町後地の倉庫で、販売するために塩蔵ナマコを加工製造した疑い。捜査関係者によると、ナマコは業者を通じ、中国に輸出されていたという。

同署によると、真鍋容疑者は中岡組の幹部で、事件を主導したとみている。真鍋容疑者の認否は明らかにしていない。同署などは李容疑者らを逮捕した4月26日、同町後地の倉庫など13カ所を家宅捜索し、暴力団関係者の名刺やパソコンを押収していた。(中国)

無許可でなまこ加工した韓国籍の男

スポンサーリンク

広島五代目共政会総裁 守屋輯 就任

広島市に拠点を置く指定暴力団共政会が幹部の人事を新しくしたという。守屋輯会長(75)は、新たなポストの総裁に就き、後任の会長には、荒瀬組の荒瀬進組長(56)が就任したとみられる。人事の意図や守屋総裁の権限など実態は不透明だが、今後のトップの使用者責任を問う民事提訴への影響も懸念され、県警が情報収集し、警戒も強めている。

捜査関係者によると、「広島五代目共政会」の名で、体制が変わったことを伝える「二月吉日」付けの回状が他団体に送られている。回状とみられる書面には「総裁 守屋輯」と記され、後任の会長ら幹部の名前も。

ここ数年、空席だった理事長には呉市を拠点とする藪内組の組長の名前がある。2月中旬に新しい体制になったとみられるという。県警は回状を基に、組織の実態について調べている。

捜査関係者によると、現在のところ守屋総裁が実質のトップに変わりないとみられる。ただ、ある捜査関係者は「実態を見極めるには時間がかかる」という。

守屋総裁は、共政会傘下の組員らが広島市内の派遣型性風俗営業ののデリバリーヘルス業者から、あいさつ料を脅し取ったなどとされる事件で、被害者から使用者責任を問う民事訴訟を起こされ係争中。

関係者によると、この訴訟は事件当時、会長だった守屋総裁の責任を問うもので影響はないという。ただ、今後、同様の訴訟を起こす場合、実質のトップが不明確な状況では、責任を問いにくい面があるという。

解体業者恐喝事件で収監されていた守屋総裁が昨年7月に出所して8カ月。県警によると、共政会の組員は2017年末時点で約150人(16年末約180人)。

組員の減少が続く中、傘下組織の高齢の組長数人も相次いで死亡したという。県警は若返りを図り、活動を活発化させる恐れもあるとみて警戒を強める。(中国)





共政会本部

スポンサーリンク

嘘の養子縁組で通帳とキャッシュカードをだまし取った共政会組員

虚偽の養子縁組をして金融機関から通帳をだまし取ったとして、広島県警組織犯罪対策課と安佐南署などは2月15日、指定暴力団共政会組員原弘志受刑者(55)=詐欺などの罪で収監中=ら3人を電磁的公正証書原本不実記録・同共用と詐欺の疑いで逮捕した。

他に逮捕したのは広島市中区堺町2丁目、会社員森崎真一(44)と同所、アルバイト秋山充弘(64)の両容疑者。

逮捕容疑は、3人は広島市中区堺町2丁目、自営業竹内祐樹容疑者(32)=同容疑で送検=と共謀。2016年10月3日、森崎容疑者が広島市内の60代男性の養子になるとの虚偽の養子縁組届を西区役所に提出。名字を変え、同月31日、広島市中区の金融機関で口座を開設し、通帳1通とキャッシュカード1枚をだまし取った疑い。

県警は「捜査に支障がある」として、4人の認否を明らかにしていない。(中国)

スポンサーリンク

「反社会勢力ではない」嘘を記載して308万円の車を購入した共政会尾崎組組員

広島西署などは1月31日、広島市中区堺町2丁目、指定暴力団共政会尾崎組組員竹嶋幸太郎容疑者(44)と安芸区矢野東6丁目、飲食店経営吉村真輔容疑者(31)を詐欺の疑いで逮捕した。

逮捕容疑は2人は共謀。2016年10月21日ごろ、暴力団などの反社会勢力に自動車を販売しないとの約款がある広島市内の自動車販売業者に「反社会勢力ではない」などと記載した竹嶋容疑者名義のうその注文書を提出し、乗用車1台(308万円相当)をだまして購入した疑い。

同署は当時、別の自動車販売会社を経営していた吉村容疑者が仲介したとみている。2人は「だまして買ったのではない」と供述しているという。(中国)

スポンサーリンク

神戸山口組組員と共政会組員が共謀して特殊詐欺

宇部市の高齢女性からキャッシュカードをだまし取り、現金を引き出したとされる特殊詐欺事件で、広署なとの合同捜査本部は1月23日、呉市清水1丁目、指定暴力団神戸山口組英組組員清水浩太郎容疑者(44)を詐欺と窃盗の疑いで逮捕した。

逮捕容疑は、広島市西区、指定暴力団共政会新井秋組組員北橋耕太郎被告(36)=詐欺などの罪で公判中=らと共謀。2016年9月13日から14日までの間、警察官などを装って、宇部市の女性(70)方に電話をかけ、「指紋認証式のキャッシュカードに変更する手続きが必要」などと言ってキャッシュカード3枚をだまし取り、同14日から15日にかけて宇部市と大阪市の現金自動預払機(ATM)で17回にわたり、現金計283万円を引き出した疑い。

同本部は、堺市北区の路上で清水容疑者を逮捕した。同本部によると「全く知らない」と供述しているという。同本部は、昨年8月までに、この特殊詐欺事件で北橋被告たち6人を逮捕していた。(中国)

スポンサーリンク

交通上のトラブルで共政会上田組組員が相手を殴って再逮捕

1月5日広島西署は、広島市西区田方3丁目、指定暴力団共政会上田組組員船本義彦容疑者(53)=脅迫容疑で処分保留=を傷害の疑いで再逮捕した。逮捕容疑は昨年12月15日、自宅近くの路上で、市内の70代会社員男性の顔を殴り、約2週間のけがをさせた疑い。西署によると2人は面識はなく、交通上のトラブルがあったとみている。(中国)

スポンサーリンク

共政会前崎組組員らに魚切ダムに沈められる寸前で脱出した男

11月4日、佐伯署などは、広島市中区薬研堀指定暴力団共政会前崎組組員前崎翔被告(26)=傷害罪で起訴=を逮捕監禁致死の疑いで再逮捕し、同区舟入本町、会社役員渡辺修久容疑者(26)を同容疑で逮捕した。

逮捕容疑は2人は共謀。11月8日夜、広島市内の20代男性を中区の路上に呼び出し、乗用車に乗せた後、佐伯区の魚切ダムに向かう途中の車内で、男性の顔や腹などを複数回殴ったり、両手の指を結束バンドで縛ったりして車内に閉じ込め、約3週間のけがを負わせた疑い。

佐伯署によると、男性は逃げるため、ダム湖に向かって飛び降りたという。同署は女性関係を巡るトラブルがあったとみている。(中国)


連続監禁致傷で建設作業員を逮捕

12月7日、佐伯署などは広島市西区庚午中1丁目、自称建設作業員熊谷幸希容疑者(27)を逮捕監禁致傷の疑いで逮捕した。逮捕容疑は、中区薬研堀、指定暴力団共政会前崎組組員前崎翔被告(26)=傷害罪で起訴、逮捕監禁致傷容疑で送検=らと共謀。11月8日、20代男性を中区の路上に呼び出し、乗用車に乗せた後、佐伯区の魚切ダムに向かう途中の車内で、男性の腹や顔などを複数回殴ったり、両手の指を結束バンドで縛ったりして車内に閉じ込め、約3週間のけがを負わせた疑い。(中国)


スポンサーリンク

一般客を装いゴルフをした疑いで共政会荒岡組組員を逮捕

暴力団組員が一般客を装い、広島県内のゴルフ場でプレーした疑いで逮捕された。共政会荒岡組組員の山下隆明容疑者(46)は10月13日、県内のゴルフ場で暴力団ではないことを示す署名カードにサインし、一般客を装いプレーした詐欺の疑いがもたれている。 警察によると、10月上旬、匿名の通報があり事件が発覚した。警察は山下容疑者の認否を明らかにしていない。ゴルフ場では2010年から暴力団員の利用を禁止する約款を作成していて不正利用での摘発は県内初。警察は11月8日、山下容疑者の組事務所を家宅捜索し、数枚のスコアカードを押収していることなどから容疑者がこのゴルフ場を複数回利用していた可能性があるとみて動機や余罪を調べている。(HOME)

スポンサーリンク

恐喝未遂容疑で呉の共政会引野組事務所を家宅捜索

知人の男性から示談金名目で現金を脅し取ろうとした暴力団組員が逮捕され、警察は9月28日、呉市内の暴力団の事務所を家宅捜索した。恐喝未遂の疑いで逮捕されたのは、指定暴力団・共政会引野組の組員、佐久間勝也容疑者(52)。警察は28日午後、呉市内の引野組の事務所を家宅捜索した。警察によると、佐久間容疑者は今年8月、知人に対し、以前起こした詐欺事件の示談金と称して、「お前のかわりにわしが皆払っとんど。わりゃ、わしに払えや」などと言って現金を脅し取ろうとした、恐喝未遂の疑いがもたれている。調べに対し、佐久間容疑者は全く身に覚えがないと容疑を否認している。警察は事件の経緯について詳しく調べている。(TSS)

スポンサーリンク

死人の車検証で申請した共政会流川組員を逮捕

8月31日、広島西署は住所不詳指定暴力団共政会流川組組員岩本和広容疑者(51)を電磁的公正証書原本不実記録・同供用の疑いで逮捕した。逮捕容疑は4月7日、広島市西区の中国運輸局広島運輸支局で既に死亡している知人女性の乗用車の車検を女性名義で申請し、国土交通省自動車局(東京)の自動車登録ファイルに記録させた疑い。「何も言わない」と供述しているという。(中国)

スポンサーリンク