カテゴリ広島駅痴漢冤罪事件 1/1

【究極の人権侵害・痴漢えん罪事件2011年】広島県民と広島県警の罠にハマった名古屋の大学准教授

結婚を1週間後に控え、婚約者と両親を連れて広島を訪れた名古屋市民で憲法・行政法・平和学を専門とする大学准教授は、2011年5月3日、痴漢容疑で広島県警に逮捕された。ちょうど2年前の事だ。この事件報道のことは知っていた。恐らく名古屋から広島へ遊びに来た大学教授が、広島市内で酒を飲み、酔った勢いで女子高生に触り、逮捕された程度にしか思わなかった。だが以外だったのが数日後に釈放されたことだ。痴漢行為(や...

  •  1
  •  0